New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中村道碩 対 井上因碩(先) 「天覧試合」 

2011/01/24 23:03/Mon | 棋譜並べ | CM(0) | TB(0)
棋譜並べもなかなかオモシロくなってきました。
碁はなかなか強くなれなくても勝てなくても、石を並べるだけで楽しいという部分もあるのが魅力です。

依田流古碁名局集第2集の3局目
中村道碩 対 井上因碩(先)   寛永年間(1624~1643年)
「禁裏」所謂皇居で打たれた一局だそうです。

【棋譜再生】 (1~53手)

【棋譜再生】 (51~100手)



スポンサーサイト

中村道碩 対 安井算哲(先) 「雄大な構想」 

2011/01/17 23:37/Mon | 棋譜並べ | CM(0) | TB(0)
「レーティングの道」を始め、楽しく打っていますが、低級との対局はソフトに意図的な悪手俗筋を連発させているわけで、つられて打っているとこっちの棋力向上の妨げになりかねません(^^;
死活だけでなく棋譜並べをして良い感覚を身につけたいと思います。

依田流古碁名局集第2集の2局目
中村道碩 対 安井算哲(先)   寛永六年(1629年)月日不詳
第1局に引き続きの2人の対局。第1局から3年後ですね。手合い割りは変わらず、です。

【棋譜再生】 (1~60手)
 
【棋譜再生】 (61~110手)

【棋譜再生】 (111~150手)

150手で白はっきり優勢。
その後は解説がなくヨセも難解なのでここまでにしておきます~(^^;



中村道碩 対 安井算哲(先) 「秀忠御前の一局」 

2010/08/09 23:06/Mon | 棋譜並べ | CM(0) | TB(0)
依田流古碁名局集の第2集を買いました。
「並べるだけで強くなる」とのことですが、実益はあまり追い求めず棋譜並べ自体を趣味として楽しもうと思っています。

道碩6局、道策10局、丈和4局、秀和2局、その他4局が収録されています。
頭から順番にのんびりと並べて行こうと思います。

第1局は 中村道碩 対 安井算哲(先)  寛永三年(1626年)九月十七日
二条城で打たれた二代将軍徳川秀忠御前の御城碁です。
272手の総譜を作成したらなぜか開けなかったので60手程度で区切って見ようと思います。
【棋譜再生】 (1~60手)

【棋譜再生】 (62~120手)

【棋譜再生】 (121~180手)

【棋譜再生】 (181~272手完)

左下の黒地の中で白が手にできれば、という一局だったようです。
依田九段曰く「序盤の打ち方には違和感がありますが、石が競ってくると、現代の棋士と全く力が変わりません」

2~3回並べた程度ではワケがわかりませんので、何度も繰り返し並べて楽しもうと思います^^


xx HOME xx
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。