New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィッシュに救われる 

2012/03/25 00:58/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
ちかれたび~
週末なのでレートを1つあげてNLリングゲームを4時間ほど打ったのですが500ハンドちょっとでわずかに20BBのプラス。
結構細かいミスを出してしまいました。

その内の1セッションでの出来事。
6MaxテーブルでBTN・KQsで137BB持ち(この時点ではそれなりに勝っていた)。
c13 c12

ずっと狙っていたルースプレーヤー(108BB)がハイジャックから3BBレイズでオープン。
カットオフがフォールドし僕のアクション。
オリジナルレイザーは5回に2回くらいはフロップを見に行くマニアだったので
インポジションでKQsなら十分に戦えるだろうと判断。とりあえずここでフォールドはあり得ない。
問題はアクションを残しているブラインドの2人です。
SBはレイザーに負けず劣らずルースでブラフが一切効かない所謂コーリングステーション(31BB)。
BBは常連でプリフロ3betが大好きなアグレッサーです(137BB)。

ハンドレンジの読めないSBについて来られるのもBBにスクイーズされるの嫌だったのでアイソレーションプレイを
仕掛ける事にしました。
9BBにリレイズ。
するとSBのコーリングステーションが即コール。BBが降りて3人でフロップを見に行く事に。

フロップ pot(28BB)
d9 s3 d13
フラッシュはなくなりましたがトップペアグッドキッカーを手にしました。
まあ悪くない、というかかなり良いフロップでしょう。

よっしゃ、お前ら。まとめて面倒見てやるよ、かかってこいや!! 


CS:ベット22BB(All-in)

LP:コール22BB




え?



農虎:フォールド



プリフロップ最終レイザーの僕を置き去りにしてあっという間に2人でオールインの世界に行ってしまいました。
1人はフラッシュドローだとしてももう1人はセットかK9くらいは持っていそう。
2人ともフラッシュドローの場合は僕のフェイバリットですがそんな状況は存在確率的に期待薄。
そんな無理してギャンブルしなきゃいけないような状況じゃないし・・・。
というわけでイージーフォールドです。



CS(コーリングステーション)のハンド
d12 d4

LP(ルースプレーヤー)のハンド
d1 h13

ターン+リバー pot(72BB)
d9 s3 d13  d7  c6

電話局の勝ち~


いやー危ない。
計画通りアイソレートできてたらトラブルに巻き込まれる事は必至でした。
CSのドンクオールインのおかげで出費が最小限におさまったかな。
あまりフィッシュフィッシュ言ってなめ過ぎるのも危ないですなー

スポンサーサイト

自分で考える 

2012/03/24 00:23/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
FixedLimit4500ハンドほど打ち、勉強になることも多かったのですがここらでNLに戻ろうと思います。
勝ち負けはともかく趣味で打つのにはちょっと退屈でもありますね。
また自分のプレーを見直したい時にでも打とうかと思います。

というわけでNL-6maxでまた打ってます。
プリフロップでの戦術が幅広いのがNLの楽しいところです。
5回に2回はフロップを見に行くルースプレーヤーがいるテーブルで
アイソレートの為に90ハンド中2回3betを入れ、2回とも相手が降りている状況。
3回目の機会がやってきました。

SBでKK。
d13 s13

ここまでかなりタイトに打っておりショウダウンしたハンドは勝っているAKoとAQsの2回だけ。
カットオフから件のルースプレーヤーが3BBレイズでオープン。
僕は相手やポジションに関わらずKKでは必ず3betを入れます。
まともなプレーヤーなら3betレンジにドミネイトされやすいAxはここで降りるので、ハンドプロテクトの為にリレイズは必須だと考えています。

過去2回の3betには相手がフォールドしています。
今回も降りられちゃうかなと思っていましたがコールしてきました。ヘッズアップです。

フロップ pot(15BB)
h1 c7 c2

かなりドライなフロップが落ちました。
エニイハンドでCbetを入れ、ほとんどの場合ここでpotが取れると思います。
特に3betポットでは僕はハンドが何であれ、ボードがどうであれほぼ100%Cbetを打つのですが(色々研究してみたのですがその方が長期的には期待値が高いとの判断です)今回は初めて悩みました。

相手はこれまでルースに参加しパッシブにコールでついていき、ターンかリバーで降りるというプレイが多くショウダウン情報があまりありません。
恐らくはスーコネなどのスペキュレイティヴなハンドを多用しているのだろうとは思うのですが、情報価値の高いショウダウンハンドが少ないのではっきりとは断言できないところです。
可能性としてはAxよりもポケットペアやコネクタの方が高そう、という程度でとらえていますがA持ちも無いとは言えない。
スーテッドを持たれている可能性もありますが・・・。

勝っているハンドに対してプロテクションが必要な状況なのか判断に悩みました。
KKはもうそこまで威張れるハンドではなくなりましたが、ここで打っておくのは決して悪くないとは思います。
しかしドローはフラッシュのみで2ハイ、ポケットペア、その他ドローも全て降りてしまう事が容易に想像できるフロップです。
逆に相手がAを持って参加しているんだとしたらポットベットしてもコールしてくるでしょう。
つまり負けている場合にしかコールしてもらえないような状況です。

現状勝っているハンドにまくられるリスクよりも、現在負けているにも関わらずポットを大きくしてしまうリスクの方が高いと判断しチェックしました。
相手の参加率だけ考えるとAQ、AJ、ATその他Axsもそれなりにありそう。

農虎:チェック
LP:チェック

ターン Pot(15BB)
h1 c7 c2   c12
フラッシュを完成させるハンドが落ちましたが、相手がスーテッドだとしたら一番可能性の高いAcXcはフロップでかなり強いハンドなのでこっちのチェックに一発入れてきても良さそうなものです。
チェックレイズを警戒してフリーカードを取りにいったのかも知れませんが、現状フラッシュはほとんど警戒していません。(あってもAcKc、AcJc~Ac6c、Ac5c~Ac3c、KcJc、KcTcのわずか12通りくらい?)
リバーで4枚目のが落ちてベットされたらほとんどショウダウンバリューはないので、そろそろ降ろしにかかった方が良いかも知れませんが、それより相手のフロップチェックはA持ちでチープショウダウンを目指している(こっちがAKあたりでプリフロ3betしている可能性も高い為)可能性も高いと考え、もう1回チェックで回すことにしました。

農虎:チェック
LP:3BBベット
農虎:3BBコール

もし運悪くセットや2ペアをひかれていたとすると相手の立場からすれば4枚フラッシュのオッズも消したいし、ポットもそろそろ育てにかからなければならない為、もうちょっとはっきり大きく打つんじゃないでしょうか。
「A+不安なキッカー」か「ブラフ」か「Qヒット」が本線。
ショウダウンバリューはかなりあると思います。

リバー pot21BB
h1 c7 c2   c12   d3
33にはまくられましたが3dはほぼラグでしょう。54なんて気にしても仕方ないところです。

農虎:チェック
LA:8BBベット
農虎:8BBコール

ターンと状況が変わっていないので予定通りチェックコール。
ここでレイズしてもAxを降ろす事はできないでしょう。

相手のハンド
h13 s12
これで3betコールするのか~、なるほど。

プレイがパッシブすぎたでしょうか。
フロップで打っていれば降りられていたのはほぼ間違いないと思うので追加で11BB稼げたということもできますが、ターンでこちらからもう少し大きく打って稼ぎを増やせた可能性もあります。
フロップから打ちまくってAxを降ろせた可能性をどれだけ見積もるかも関わってきますが、こんなプレイばかりだとアグレッサーに足元見られるというデメリットもあります。
相手がこれだけルースだと3betに対するコールレンジを推定するのは難しく、アクションからハンドを推測する方が確実性が高い+AハイフロップでのKKはチープショウダウンで着陸するのが適当という判断でしたが、フリーカードを与えまくった挙句チェックアラウンドでショウダウン、またはスケアが落ちてブラフされ勝っているKKをフォールドという結果になってしまう可能性もありました。
どうすべきだったかな~

ただアグレッシブ>パッシブという考えに縛られず自分で考えて研究する事も大切ではないかと思います。
今回はとりあえず結果オーライという事で。


FixedLimit楽しいけど・・・ 

2012/03/21 02:54/Wed | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
NLを離れてFLを始め色々勉強になる事が多くて楽しいのですが、ちょっと戸惑う事もあり。
ひとつはプレミアムにパンチ力が無い事。
プリフロップで3betしようが4betしようがオリジナルレイザーはオッズが合うのでコールしてくるし、ブラインドも一緒になってついてくる事が多く、ポットが大きいのでどこまでもオッズが良くなり結局ショウダウンまでもつれこんでしまう事が多いです。
今日はAA→KK→KK→QQと同じテーブルで4連続全てリバーでまくられました。
また下ブレかよ、と思っていましたがよくよく考えてみると、マルチウェイポットでプロテクトベットもできないとなるとこの程度の事は頻繁に起こりえますね。下ブレでも何でもない。
せめてボードがもうちょっとわかり易いか、ターンでまくられてレイズでもされていればさっさと捨ててしまうのですけどね(--;
捨てられない人から搾取するゲーム性はNLマイクロと同じでございますな。

もうひとつはちょっとつながっているんですけど、ポットに対してベット額が小さいのでおりづらい、ということ。
これはきっと負けているんだろうな~と思いながらもこっちもそれなりに強くポットに対してベットが小さいので相手がブラフだった場合の事を考えるとフォールド自体がミスプレイになってしまう可能性もあり、見極めが大変難しいです。

先日のハンドですが、FL0.25/0.5の6MAX カットオフでA5o
d1 s5

UTG(mid)がリンプでオープンし、僕がオーバーリンプすれば後ろもこぞって入ってきてオッズがつくだろうと思い、リンプで参加。
FLでの戦術を模索して色々試しているところです。

BTNは降りてしまいましたがSBリンプ、BBオプションチェックで4人参加。


フロップ Pot(2bigB)
c5 c2 s1

SB  ベット
BB  フォールド
UTG  フォールド
農虎 レイズ
SB  コール

2ペアを拾いました。十分モンスターと言えるでしょう。
SBはタイトアグレッシブなレギュラーで、レーティングサイトで照会するとFLで相当のプロフィットを出していることがわかるかなりの使い手です。
フラッシュドロー、Aヒット、22のセット、ストレートももしかするとあるかも知れません。
AAはプリフロップのアクション(アイソレートする気ゼロ)からして薄く、55のセットは僕が5を1枚抑えている為これまた薄いと思われます。
恐らくは勝っているはずなのでバリューを最大限引き出す為レイズしました。

ターン pot(4bigB)
c5 c2 s1   s3

SB  チェック
農虎 ベット
SB  レイズ
農虎 コール

とりあえずA持ちに上2ペアでまくられる事は避けられまだ勝っている可能性がかなりあります。
A持ちからはバリューが取れるでしょう。
素直にベットしたところチェックレイズを喰らいました。
これはただ事ではないです。
22か43でスローしていたか33でセットができちゃったのかはたまた4持ちだったのか・・・。
ボードがどろどろなのでセミブラフの可能性もあるにはありますが、僕はフロップでレイズまで入れているので上手いプレーヤーがブラフする様な状況ではないんですよね。
んー、これはダメですな~。

ところが既にpotに7bigBが入っており、上に1bigBのレイズにコールするにはオッズ12.5%あればいいです。
リバーでフルハウス昇格のアウツが4枚(8%)4が落ちればチョップだし、相手がブラフかA3の2ペア(どっちも考えにくいけど)でこっちの手を計り間違えている可能性、リバーでまくった場合のインプライドオッズを想定し、コールする事にしました。
AK程度なら即降りなんですけどね・・・

リバー pot(8bigB)
c5 c2 s1   s3  s11

SB  ベット
農虎 コール

これでランナーランナーを引かれていたりしたらお手上げですが、まあ今回Jはラグでしょう。
potに対してコールオッズが10to1で、同じ状況で10回中1回以上ブラフキャッチすればコールが正解という事になります。
相手がブラフしている確率が10%あるかと言えば・・・まあ難しいですけどないとも言えません。
10%って相当低い数字ですからね。
相手は違いますが似たような状況で歯を食いしばってコールしたところ、相手はフラッシュのミスドローだったという事もあり、コールするのが長期的には期待値プラスのような気がしてコールを決断。

SBのハンドは
c12 c4でちた。
このハンドならすべてのアクションに合点がいきますね。

こういう状況を降りた方がいいのか負けていると思っていてもコールすべきなのか(10回に1回程度は読み違えで勝っていたり、相手が上手いブラフを打っているのを見抜けなかったりする可能性が十分にあるから)すごーく悩んでいます。
正直NLだったらリバーでのリバースインプライドオッズも高いのでターンの時点で降りちゃいます。
セカンドベストでナッツ級の負けているハンドに突っ込むより、ブラフで降ろされまくっている(実際にはブラフかどうかはわからないんですけど)方が少なくともNLマイクロでは勝てるプレイだと思うのですが、これがFLだとどうなのか。
負けていると確信しつつコールするのはすごく気持ちが悪いですね。
NLに戻れなくなるんじゃないかとそれが心配です(><)


やっちゃった~ 

2012/03/18 21:40/Sun | ホールデム | CM(0) | TB(0)
s12

今月上旬ローレートNLでプレミアムオールインがサックアウトされまくるという非常にキツいダウンスイング(+それによるティルト)で、コツコツ積み上げてきたバンクロールが半減するという痛ましい事件が発生。
先週日曜日からマイクロレートに戻り、平日と休日とで主戦場と面数を分けて慎重に打ち何とか被害額の半分を取り返し復調モードだったのですが、フィッシュ相手に機械的に何百ハンドも打つのに飽きてきて、このままで良いのかなーなどと考えておりました。

今までチャンバラ剣法で何とかやってこれたものの、やっぱりマイクロ以上で勝ち切るにはもうちょっとポーカーの基礎をおさえとかないといかんのではないの?と前から薄々感じていた事もあり、これを機にFixedLimitでしっかり打ってみる事にしました。
で、まあよくわからないのですがリミットだし負けてもそんなに大した事にはならないだろうとちょっと上のレートで昨日今日と数時間打ってみたのですがここで大負け。
これ以上負けたら完全に持ち出しになっちゃうよっていうギリギリのところまで負けました。

くそ―悔しい!
でもこれこそが僕が追い求めていたものです。
悔しくなければ楽しくない!!

しばらくFixedLimitの勉強をしながら実戦経験を積み、バンクロールを復興しいつの日かまたNLに戻ってきたいと思います。


小魚に釣り上げられるの巻 

2012/03/16 00:55/Fri | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
疲れていたので面数を最大2面に抑えじっくりプレイ。
いつも以上にルースなプレーヤーと同卓する機会に恵まれ数十ハンド打ったところですでに100BB近いプラス。
その後、疲れている時いらいらしている時にありがちな小ティルトが顔を出し、気づくとチップが減っているという「もう打つの止めた方がいいんじゃない?」と頭ではわかっていてもズルズル打ってしまう危険水域に到達。
こういう時僕はやたらアグレッシブに打ちまくる癖があるので本当に注意しなければと思います。

マイクロレートの6-Max。
右のプレーヤーが2回に1回はオープンするかレイズをコールするかでフロップを見に行くマニアック。
このマニアック、ラッキーも重なりスタックを増やし大分調子づいています。
ハンドが入ったら1発入れてやろうと思い、息を潜めて機会を伺っていたところBBで88が入りました。
s8 c8

BTNまで全員フォールドし、SBのマニアックが2BBにレイズオープン。
この状況でこのサイズのレイズなんてどうせ屑ハンドに違いない。
仮にAT+以上を持っていたとしてもヘッズアップなら88の方に分がありポジションもある。
よし、ここは一丁懲らしめてやろう。
というわけで7BBに3bet。マニアックは予想通りコールしました。

フロップ pot(14BB)
h12 d4 d11

あまり宜しくないボードが落ちました。
屑みたいなハンドでも参加するマニアックの怖いところは何を持っているのか見当がつかないというところです。
この場合、Q持ちもJ持ちもストレートやフラッシュのドローもあり得ますし、下手すれば4持ちで強く出てくるかもしれない。
運が悪ければセットにぶつかっている可能性もあります。
通常ならこのボードだとフォールドエクイティが低そうなのでCbetは控えるところですが、3bet入れているので打つ事にしました。

MANI:チェック
農虎:6.8BBベット
MANI:6.8BBコール

ちょっと小さかったかな。レーキを引いたポットのハーフサイズを打ったのですが。
ただ相手のスタイルを考えるとここはA2oみたいなハンドでもついてきそうな状況なので
実際何を持っているかわかったものじゃありません。
負けている可能性も高いですが88にはまだショウダウンバリューがありますので、ターン以降はポットコントロールしチープショウダウンを目指すべきでしょう。

ターン pot(27.6BB)
h12 d4 d11   s10

MANI:2BBベット
農虎:11BBレイズ
MANI:11BBコール

Tが落ちてマニアックが突然小さくドンクベットしてきました。
正直イラっとしますね、こういうの。
ルースアグレッシブの小ドンクは弱さの表れである事がかなり多く、レイズされたら降りるけどコールするようなら相手も弱いぞ、みたいな確認ベットである事も多いです。
もう自分のハンドはもう関係なくレイズ一択の場面だと判断しメイク11BBにレイズ。
よくよく考えるとポットサイズに対してこのレイズ額は少ないですね。
ドローオッズを作る為のディフェンシブベットだったとしたら、これではオッズを消すのに弱かったかも知れません。
コールに必要な勝率は9/49.6=約18%でフラッシュドローには十分なオッズがついてしまっています。
マニアックはコール。

リバー pot(49.6)
h12 d4 d11   s10   s7

MANI:2BBベット
農虎:10BBレイズ
MANI:10BBコール

またしても超小さく先打ち。何なのコレ・・・。
フラッシュドロー外したけどQ、T、7のどれかヒットしてるからチープショウダウンする為にブロックベットってことかしら?
コールしてハンド見ちゃいたいんですけど多分負けてるんですよね、僕が。
というわけであくまでもTPTK以上は持ってるんだ主張で最後のレイズ~
T持ちJ持ちあたりは降ろせるんじゃないか・・・と淡い期待を抱いていたのですが即コールされました。

ショウダウン
h10  d10

何すかソレ、全然わかんないっす。。。
ターンでこっちがコールに留めてたらどうなってたんだろ?
88でセオリー通りにプレイしてれば被害最小限で済んでたんじゃなかろうか。
それが何故かブラフハンドにさせられ、気がつけば最大限吐きだしてました。
リバーでレイズ喰らったらコールしてたかもしれない(--;

損失額34.8BBはでかい・・・。
欲張らず平均で10BB/100hands程度稼げれば御の字と思っているので、実にその348ハンド分の利益がこの1ディールで消えてしまいました。
昨日やった事そのまま自分がやられているわ(><)



小魚で鮫を誘う 

2012/03/15 02:00/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
ルースプレーヤーを探して狙う事を基本戦略としており、タイトなレギュラー陣とぶつかった時には比較的簡単にポットを譲ってしまう事が多いです。
リングゲームではテーブルで一番稼いでいるプレーヤーにならなければいけないわけではないし、テーブルで一番強くなければいけないわけでもないと思うので、長期的に考えて収支ができるだけ確実にプラスになるように考えてのらりくらりやり繰りしています。
そんな僕でも鮫とぶつかる時はぶつかる。

マイクロ6-maxでのディール。
BBで88が入りました(115BB持ち)。
h8 c8

HJからタイトアグレッシブなレギュラー(142BB)が3BBにレイズ。
BTNのタイトウィークなレギュラー(147BB)がコールドコール。

タイトアグレのオープンレンジもタイトウィークのコールレンジも大体上位15%程度のハンドと予測できます。
あまり戦いたくない相手ですが、2人ともスタックが深くセットオッズは十分にあり、後ろにもう誰もいないので3betされる心配もないのでコールしました。
アイソレーションもありかも知れませんが4betされて88を捨てるのは惜しいですし、状況的に考えてスクイーズできる場面ではないと判断しました。
後でpokerstoveにかけてみたところ、上位15%のランダムハンド2人相手に88は34%程度の勝率がありベストハンドである可能性もあるのですが、いかんせんポジションが最悪なのでほとんどはフロップで降りる事になりそうです。

フロップ pot(9.5BB)
d11 d8 s5

セカンドセットを拾いました。
JJ以外には勝っており、ベストハンドを手にした可能性が非常に高いです。

農虎:チェック
鮫 :6BBベット
鼠 :フォールド
農虎:6BBコール

オリジナルレイザーの鮫の後ろにまだ鼠が控えているので、このボードではCbetは打たないのではないかと心配しましたが、しっかり打ってくれました。
鼠は恐らくポケットペアか何かだったのでしょう。
鮫が本当に何か手にしているのかわかりづらいフロップです。
とりあえずコールに留め、ターンにハイカードが落ちてくれる事を期待しています。
フラッシュドローについてはそれ程心配していません。

ターン pot(21.5BB)
d11 d8 s5   c2

2cは全くのラグでしょう。
鮫のオープンレンジの中で考えるとAA、KK、QQ、JJ、AJ、KJぐらいでしかCbetは期待できない。
チェックで回されてリバーにダイヤが落ちたりするとポットを大きくする機会が完全に失われオモシロくありません。
というわけでフィッシュプレー演出でドンクベットする事にしました。

農虎:10.25BBベット
鮫 :25BBレイズ
農虎:67BBレイズ
鮫 :フォールド

獲得ポット 56.75BB×0.95=53.9BB


鮫の立場からすると僕のベットは非常にイライラするプレーでしょう。
プリフロップをアウトポジションからコールし、フロップもチェックコールでターンにラグ中のラグみたいなカードが落ちて突然の先打ちはストーリー性ゼロのドンキープレイと言う他ありません。
しっくり来るハンドは22くらいでしょうか。
結局何も持っていないのでブラフ始めましたと言っているようなものなので、大抵アグレッシブなレギュラーからはレイズを喰らいます。
ここもコールに留め、リバーでチェックコールか再度ドンクベットというプランも考えたのですが流石にナッシングでは打ってこないでしょうしドンクにも降りると思いますので、万が一フラッシュドローだった場合のオッズを消す目的でリレイズを入れました。
ちょっと小さめにしてみたつもりでしたがポットコミットしていますので、相手はブラフでさらに打つ事はできないですね。
長考していましたが結局降りました。残念。
ここでさらなるフィッシュ演出、必殺のミニマムリレイズというオプションもあったかも知れません。
降りるのは相当難しいでしょう。


フロップでポケットペアがセット以上になるのは8回に1回。
セットができた時は、平均で参加費(大概は3BB)×8倍の利益を得たいので、ヘッズアップならポットを50BB以上に何とか膨らませたいと常に考えています。
今回は53.9BBから投資額の19.25BBを引いた34.65BBの純利となりました。
ドンクでひとつ味をつけた事で15BB程度を余計に稼げた可能性が高く、戦果は上々と言えると思います。

*仮にターンチェックしてセカンドバレルを打たれたとしたらレイズを入れなければポットが膨らまない。
このレイズはセットかオーバーペア主張なので上手いプレーヤーならAJでも降りると思いますが、これをコールしてくれたと仮定するとリバーで小さくバリューベットできたかも知れない分ドンクしない方が得だった事になり、実際には得しているのかどうかはっきり判断する事はできません。
相手がAA~QQを持っていたのだとしたらオールインまで持ち込む方法もあったかも知れませんね。
まあ工夫しながら打つ、という事は大事だと思うので今後も色々策を練ってワイワイやっていこうと思います。





性格が出ますね 

2012/03/14 01:49/Wed | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
6-maxリングゲーム。今日は疲れていたのでシングルテーブルでのんびり打ちました。

UTG(mid)でハンドAKo
h1 d13

ポジションは良くないのですが現状ベストハンドの可能性があります。
3BBレイズでオープン。

2つ後ろ(CO)のルースアグレッシブにコールされました。
(参加率24%で6人テーブルでもややルースめだと思います)

フロップ pot(7.5BB)
c3 c13 d10

トップペアトップキッカーになりました。
自分がオリジナルレイザーの時、このフロップだと当たっていても当たっていなくても
Cbetをハーフポットサイズで打ちます(打ったり打たなかったりだとハンドが透ける)。
今回も当然ベット。

農虎:3.6BBベット
LA:3.6BBコール

ターン pot(14.7BB)
c3 c13 d10   c8

フラッシュを完成させるハンドが落ちましたが、ヘッズアップなのでそんなに怖がる必要もないでしょう。
相手のハンドを考えます。
プリフロップコールレンジの中でフロップをコールできそうなハンドは
TT~99、KQ~KT、QJ、QT~T9あたりでしょうか。
プリフロップのジャストコールからAA、KKはほとんど除外しています。
K8、K3、T8もないと考えています。
AQ、AJはどうでしょう。
フロートし易そうなボードでもあるのでナッシングもあるかも知れません。

勝っている 74通り 99(6)KQ(8)KJ(8)QT(12)JT(12)T9(12)QJ(16)「AQ、AJ、77~22」
負けている 27通り TT(3)33(3)KT(6)AcQc~Ac9c(4)Ac7c~Ac4c(4)Ac2c(1)「88」

ざっと見てもまだ勝っている可能性が高いと考えられます。
4枚フラッシュ・ストレートのドローも濃くTPTKをプロテクトするのにもう一発打った方が良さそうです。
さて、いくら打とうか・・・

と思ったところでよくよく考えてみるともう一発打ってコールしてくれるハンド(バリューの取れるハンド)がほとんどありません。
もしかするとKQ、KJは歯を食いしばってついてくるかも知れませんが、T持ちと99以下のペアには降りられてしまうでしょう。
コールするのはこっちが負けているセット、フラッシュ、フラッシュドローとKTにオープンエンドストレートドローのあるQJだけで、さらに相手のスタッツとボード状況から考えてそれらのどれにもレイズを喰らう可能性が高い。
という事はナッシングでブラフレイズし易い状況だとも言えます。
このボードでレイズを喰らうとTPTKではちょっと判断に迷いますね。
逆にここでチェックを入れればアグレッションが高い相手だけにブラフを誘い、もう1ベット分稼げるかも知れないません。
しかしチェックで返されたらフリーカードを与える事になります。

さて、どうしたものか。
① 勝っている可能性の高さを考え、ハンドプロテクトを優先しベット。
② ポットコントロールとブラフを誘う為、チェックコール。

小考し、②を選択。
理由1:アグレッシブに強く打ちまくっていた時代の収支がマイナス(^^;
理由2:相手がアグレッシブなプレーヤーで、こっちが打たなければ高い頻度で打ってくるタイプ
理由3:大きく負けている可能性もそれなりにあり、ボードを利用したブラフもされ易い状況
理由4:スケアが多いが(A、Q、J、T、)TPTKにはまだショウダウンバリューがあり
ポットコントロールする意味もそれなりに大きい
理由5:ベットに大きくレイズされた場合はやはり降りる事になりそう。
これってブラフチャンスを与えたただの確認ベットじゃないか?

問題は勝っているかどうか実のところはっきりしない、という事なのですね。
勝っている可能性が高いからポットを膨らます、リバーを見せないと考えるか、勝っているかどうかわからないからポットは小さくしチープショウダウンを目指すと考えるか、です。
このハンドとボードと相手のスタイルなら僕の結論は後者になります。
ここは性格が出るところですかね。

農虎:チェック
LA:10BBベット
農虎:10BBコール

ベットしてきました。勝っているなら相手のミスを誘った事になります。

リバー pot(34.7BB)
c3 c13 d10   c8   d12

KQ,QTにはまくられてしまいました(AJ・J9でフロップコールできたかは微妙です)。
フラッシュ目もあり相手も何か持っているのならショウダウンバリューがあるのでチェックしてくるはずです。
大きく打ってくればフラッシュかブラフですが、この状況でブラフできる相手なら白旗を上げてしまって良いでしょう。
ここはこちらも打つ意味が全くないところです(負けている相手にのみコールされる。自分より強いハンドを降ろす事もできない)。

農虎:チェック
LA;チェック

相手のハンド
s1 h12  でした。

相手のターンベットはミスプレイなのですがこの人の気持ちもよくわかります。
AQoが勝っていると思って打っているのではなく、相手が少し強いハンドでも降ろせるんじゃないかと思って打っているんだと思います。
ただこっちは降りる程弱いハンドでもないからポットコントロールしてるわけで・・・。
フロートにしてもこっちのハンドが強過ぎました。

ベットできる=強いハンド、チェックしかできない=弱いハンドと思考が二極化してハマってしまうことが僕もよくあります。
チェックコールは難しい選択肢ですが相手の手を読んだり絞ったりするのに使えないオプションではないし、それなりに強いハンドでのチェックコールはブラフキャッチにも有効で、逆にベットした時の信憑性も高めてくれます。
マイクロレートでは降りない人が多くリバーやショウダウンまで進む事も多いので、しっかり打つのも大事ですがポットコントロールとハンドプロテクトのバランスをとる事も同じくらい大事なんじゃないかと思っています。

アグレッシブスタイルの人にとってはちょっと不本意な考え方でしょうか。
AKでAQとぶつかってこの利益では少ない?
フロップにKではなくAが落ちていたらどうなっていたんでしょうね。
まだまだ奥の深いゲームです。








セミブラフオールインしてみる 

2012/03/13 01:01/Tue | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
6-maxのリングゲーム。

ここまで好調で136BB持ち。
HJでAKsが入りました。
d1 d13

前1人フォールド。後ろ4人を残してAKsはかなり強いハンドです。
現状ベストハンドと考えられます。
3BBにレイズでオープンしたところSBまでフォールドし
BBのルースアグレッシブ(106BB)がメイク6.25BBと妙に小さな3betを入れてきました。

これは弱気の表れなのか。それとも釣ろうとしているのか。

まだ自分がベストハンドの可能性もあり、相手のスタッツを考えて4betを入れるのも良さそうですが
ポジションがあるので今回はフロップを見てじっくり戦う事にしました。

フロップ pot(13BB)
d7 h9 d4

2オーバーにナッツフラッシュドローと悪くないフロップです。
十分戦えるでしょう。

BB :5.4BB ベット
農虎:17BB レイズ
BB :43.8BBレイズ

Cbetがポットの半分以下と微妙に小さい。
フラッシュドローは無いと見てバリューを取りに来ているのでしょうか。
とりあえずハンドをプロテクトしようという気は全くないようです。
AK、AQあたりを持っていて諦めかけているのかも知れない。

コールしてターンでが落ちなかった場合難しい状況に立たされます。
相手の弱々しさから十分にフォールドエクイティがあると捉え3倍程度にレイズしたところ
しっかりしたサイズのリレイズを返されました。

相手のハンドはなんでしょう?

相手のプリフロップ3betレンジに44はないでしょう。77も薄いと思われます。
ただ99はあり得る。
AA~QQならプリフロップの3betはもう少し大きなものになりそうなので考えにくいですが
AA・KKあたりで誘い出しをはかっているのかも知れない(かなり危険なプレイですが)。

ナッシングでフロップリレイズはあるでしょうか。
ナッシングでブラフリレイズするという事は、こっちがそんなに強くない手に見えているということですが
こっちはプリフロップでHJからレイズし3betにコールし、フロップもCbetにレイズを入れていますので
少なくとも何か持っていると考えるのが普通でしょう。
というわけで向うがブラフしている可能性はほとんどない、と考える事にします。
セットか少なくともオーバーペアが入っているでしょう。
こっちのフラッシュドローも読まれている可能性はあります。

AA、KK、QQ、99(JJ)(TT)あたりでしょうか。

こちらはプリフロップで4betしなかったので、相手はこっちのハンドレンジからAA・KKを除外しているでしょう。
相手はQQでも4betしそうなアグレッサーなので、QQも外して考えているかもしれません。
そう考えると相手がJJやTTで強く押している可能性もありますね。
また、こちらがハイ2枚をおさえているのでフラッシュドロー同士でぶつかっている事はないでしょう。
現状負けていると考えるのが自然ですが、まだ大きくドローが残っており降りるような状況ではないです。

それぞれの組み合わせを考えると
AA(3通り)KK(3通り)QQ(6通り)99(3通り)JJ(6通り)TT(6通り)ですが
JJとTTはやや勝手読みな気がしなくもないので半分にします。
そうすると全部で21通りになります。

AA・KK・99の9通りに対してはフラッシュドローのアウツ9枚のみ(18%)。
中でも99に対してはフルハウスのリドローが残っておりさらに勝率はダウン。
一方、QQ・JJ・TTの12通りに対してはAとKの6アウツも加わり計15アウツ(30%)。
ターンでのまくり目は9/21*0.18+12/21*0.3=24.85%となります。

現状コールに26.8BBが必要でコールした場合のポットが100.5BBなので
26.8/100.5BB=26.6%の勝率が必要で(実際にはポットから5%レーキを引かれるのでもっと必要)
オッズ合いませんね。

実戦ではここまで細かく計算している時間は無く、大体オッズあるだろうと考えていたのですが
ジャストコールしてターンで引けないと困った事になります。
それならフォールドエクイティを加味して(相手のレンジに対してどれだけ見込めるのかわかりませんが)
こっちからオールインした方が勝ると考えました。
QQ以下を相手にしているのならリバーまで見させてもらえれば5割以上の勝率は見込めるはず!

というわけで オールイン!!(136BB)
相手即座にコール(106BB)(30BBはバック)

相手のハンド
h11 d11

ターン
d6

リバー
c2


運良くフラッシュができましたがA・Kが落ちても勝っていたのでやはり5割以上の勝率があったはずで、オールインはコールしてもらった以上悪手ではないと思います。
ただQQ以下のペアだと読めていたわけではないのでそう考えると長期的にはミスプレイだよなあ・・・。
プリフロップで4bet入れた場合もうちょっと楽な戦いができたかも知れませんが、今回は結果がついてきたのでまあ良しとしたいです。

相手の立場から考えると、プリフロップの小さい3betを僕がコールに留めた時点でAA~QQは無いと判断したのでしょう。
自分がJJ持ちなのでJJ持ち持ちの可能性もほとんどない。
という事はペアならTT以下、セットを引かれていたら諦めるとして一番濃厚なのはAK、AQあたりと読んで強く押したのでしょうが、フラッシュドローが頭にあったのならフロップはコールに留めてターンでスケアが落ちなければビッグベットするなどもうちょっとJJの活かし方があったんじゃないかとも思えますがどうでしょう。
Cbetを小さく打ったのもポットを小さく保ちたかったからだと思うので、そう考えると小ベット→レイズ→リレイズとアクションに一貫性がないようにも見えます。
結局僕も相手も降りたくないという気持ちが先走り過ぎているんでしょうね。今後の課題。

ちなみにOdds Calculatorにかけたところ
odds312
僕の勝率は51.41%しかありませんでした(^^;もうちょっとあるかと思っていたんだがな~
Jを相手が持っていなければ勝率54%程度)
結局レーキの取っぱぐれのないハウス一人勝ちのディールでした。おしまい。




マイクロレートの心得 

2012/03/12 23:14/Mon | ホールデム | CM(0) | TB(0)
s9 s4

今日もホールデムを打ってました。
大体平日は3面打ち、休日はお客さんが増えるので1つ上のレートで1~2面を打っています。
今日は450ハンドほど打って+188BBとなかなか好調でした。

非常にマズかったハンドが2つ。
KKでインポジションからT9sに受けられ、ターンで2枚目のTが落ちレイズされ降りれず。
もうひとつはQQで4人のリンパーに5BBレイズしたところ全員にコールされ、フロップ948レインボー。
ハーフポットCbetしたところ1人にレイズされ降りれず。相手94oでした。
ふざけんなと言いたいところですが、こういう下手な相手を探して同卓している以上
この現実は受け入れてオーバーペア程度でレイズされたらさっさと捨てないとトータルでプラスにするのは難しいみたいです。

今日は他で上手くいったのでプラスで帰って来れましたがこの2ハンドで105BBが消し飛んでいます。
明日から気をつけよう。


息抜き九路盤 

2012/03/12 02:21/Mon | ポストモーテム(感想戦) | CM(1) | TB(0)
週末も空いた時間を使ってホールデムのリングを打ち、大きな判断ミスが何度かあって目標値には届かなかったもののまあまあの収支となりました。
あまりホールデムばかりに固執していると煮詰まってきてプレイにも悪影響を及ぼしそうだと思い、本当に久しぶりに碁を打ってみる事にしました。

前回打ったのがいつだったか全く覚えていませんがもしかすると一年以上打っていないかな?
形とか定石とか全くも完全に忘れてしまっていて、布石のある十三路盤以上はまともに打てる自信がなかったのでとりあえず九路で打ってみることにしました。

[1図]
9ro1

何の気になしに打ったところサンサンに入ってきました。
この後どういうワカレになるのかな・・・自信ないです。

[2図]
9ro3
先手を取らせてもらえたので上辺のサンサンをおさえました。
この時点でかなり黒優勢なんじゃないかと思います。
やや手応えを感じつつソフト(白)の出方をうかがう。

[3図]
9ro2
続けてハネてきたのでオサエるとキラレました。
手を抜くとaに打たれ三子が取られてゲームオーバーになりますので無視できません。
一応シチョウなので上からアテて良いんじゃないかと思います。

[4図]
9ro4
上からアテると3図aからキッてきたので一子ポン抜いたところ。
キッた石をノビて活かそうというのでしょうか?それちょっと無理じゃない?
黒は右の2子が弱いので一間にトンで戦う事に。かなり黒良い感じです。

[5図]
9ro5
急所っぽいところにツケてきました。
ノビかハネかで迷いました。ノビていれば堅い感じですね。
黒が相当強い勢力になっているので、ハネてaにキラレたとしても十分戦えるだろうと判断し実戦ハネました。

[6図]
9ro6
キリはなくハネ返して来た為ノビて石を強くしようと考えました。
中央白はどうやっても目がないし、かなり優勢だと思いますがよーく見返すと、左辺黒は団子石が追われそうで嫌な形。
右辺の黒も良く見ると大して強くない。色々と味が悪いですね。

[7図]
9ro7
白左下隅を補強したところで「何で投了しないんだろう?」と思いました。
黒はこれから中央を放っておいて右辺を広げて店じまいの予定。

[8図]
9ro8
右下隅をヨセて後手をひいたところで右上をキラれしびれました。
優勢と思ったら補強に回った方がいいですね・・

[9図]
9ro9
2子取られて中央白が活きるともう終わりなので仕方なく2子から動く。
この時点で敗色濃厚。キリ一発で完全に逆転されてしまいました。

[10図]
9ro10
ちょっと文字が見えにくいので拡大しています。
9図から白1とアテてきたので黒2と逃げ、白3と続けてアテてきたので黒4と2子トリ。
白5でダメを詰めて右下を取りに来ました。
黒◎でつないでも白は次にJ3からアテてもJ4とホウリコんでも黒4子は落ち、中央が活きました。

ここで黒投了。がっくし。
全然先が読めなくなっていました。
めちゃめちゃ弱くなってるぞ・・・。

[11図]
9ro11
8図でキラれしびれたところですが・・・2子を捨てて外からアテる方がまだ良かったかも。

[12図]
9ro12
2子抜かせてもまだ白はっきり活きてない。
黒が弱い左右の石をどういう手順で補強するかによってはまだ勝ちがあったような気がします。

まあ僕の棋力では5図黒◎でaと丁寧に打っておくべきだったのかな、と思います。
何かぐだぐだでしたが久しぶりに打ってみて楽しかったです。
また気分転換にちょこちょこ打ってみようかと思います。

500やピケ、ラミーも久しぶりに手をつけてみようかな。





オッズコール 

2012/03/11 00:50/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(1) | TB(0)
ホールデムのハンドです。

6人テーブルのUTGで僕のスタックは100BB。
ハンド
h1 s11

6人テーブルのUTGは9~10人のフルテーブルのミドルポジションに相当すると僕は考えています。
AJoはそれなりに強いハンドです。
よって3BBにレイズ。
SBのルースプレーヤー(51BB)とBBのこれまたルースなプレーヤー(61BB)がコール。
2人とも参加率が高くオートリバイもしないミドルスタックで、何を持っているのか全く見当がつきません。

フロップ pot(9BB)
c4 h5 h10

フロップを外しただの2オーバーになりました。
4と5は誰にも絡んでいなさそうなカードで現状勝っている可能性もまだありますが、こちらがフロップを外していると思われ易いボードでちょっと難しい戦いになりそうです。

SB :ベット3BB
BB :フォールド
農虎:コール3BB

SBがドンクベットしてきました。
ヘッズアップになったのは嬉しいのですが相手が何を持っているのかよくわかりません。

①Tヒット
②5か4のヒット
③ポケットペア
④フラッシュドロー
⑤2オーバーを含むナッシング
⑥55・44・TTのセット

あたりでしょうか。
①③が本線で、②は相手をやや低く見過ぎ?、④で打つならチェックレイズの方が良さそうですし、⑤はオリジナルレイザーの僕を含め後ろに2人いる状況なのでちょっと考えにくいのではないかと。
⑥は確率的にはそれ程高くないものの十分に考えられるケースです。
フラッシュドローが見えるボードなのでドンクベットしてきたのもうなずけます。

というわけでおそらくは現状負けているでしょう。
フォールド?コール?レイズ?

レイズした場合、リレイズを喰らったら降りるしかなくなります。
AJoはブラフハンドにしてしまうにはちょっと勿体ないと思いました。
相手がそこまでアグレッシブなプレーヤーというわけでもなかったので、降りてしまっても良かったのですがドンクに簡単に降りていると今後のプリフロップのレイズに信用がなくなりそうな事と、今後ロー・ミドルフロップでブラフされやすくなりそうな事、インポジションである事を考慮してフロート気味にコールすることにしました。

ターン pot(15BB)

c4 h5 h10   h3

SB :8BBベット

3枚目のが落ち、続けて打たれました。
フラッシュを持っているのでしょうか?
こっちにAがあるのでのスーテッドハンドで参加した可能性は低いと思われます。
あと、あまり考えていませんでしたが76にはまくられた恰好です。

しかし相手のルースさとここまでのアクションを考えるとそれより
A5、A4、AT、KT、QT、JT、T9、99、88あたりでバリューを取ろうとしている可能性が高い。
セット、ストレート、ローフラッシュが入っているならバリューを取りハンドをプロテクトする為にもっと強く打ってきそうなものです。

相手1ペアを想定しアウツを数えてみるとこっちにはA×3枚、J×3枚、×9枚があります。
AとJは純粋なアウツとは言えないかもしれないのでそれぞれ半分と考え3枚+9枚で12アウツと見積もりました。
リバーでのまくり目は24%。
相手がブラフである可能性はもう無いとしてしまって良いでしょう。

コールに必要な勝率は8/(15+8+8)= 25.8%

ちょっと足りねえよ~と思って良く見たら2が落ちても勝てるんじゃないかしら。
相手A持ちだとチョップなのでやはり半分の2枚をアウツと見積もって14アウツ28%。
これで何とかオッズができました。
というわけで・・・

農虎 :コール8BB

リバー(31BB)

c4 h5 h10   h3   h7

SB :チェック

が落ちてくれました。
6h4hのストフラに負けてるみたいですが実戦では全く考えてませんでした(^^;
現状勝っているでしょう!
問題はいくらベットすればコールしてくれるか、ですが・・・

残念な事にSBはチェックしてしまいました。
多分Tヒットかポケットの1ペアだったのでしょう。
そしてここまでコールでついてきたこっちのハンドレンジはフラッシュドローが濃厚と考えているのだと思います。
いくら打っても降りられてしまいそうです。

①ポットの2~3割をバリューベットし確認コールを期待する
②ブラフっぽくオールインする
③ポットサイズのベットを打ち、あわよくば2ペア・セット・ストレート・下フラッシュを釣る。

小考し③を選択(笑)

農虎:ベット24BB
SB :フォールド



そら降りますわな。フラッシュ透け透けですし。
フォールドエクイティがわずかでもあればターンでセミブラフ(レイズ)してリバーで引いたらハーフポット程度打つのが期待値最大だったかなー?
でもオッズが合うのにブラフ打つのは良くないですよねえ。
リバーのベットが下手で稼ぎ損ねているのが最近の悩みです。


半年ぶり・・・ 

2012/03/10 23:50/Sat | トランプ | CM(0) | TB(0)
久しぶりに更新してみます。
と言っても去年の暮れくらいから全くカードで遊んだりしていないんですよね。
正月に家族カタンをしたくらいです。

色々と忙しい日が続いていて、カードをしに出かける事も無く、時間がある時にネットでホールデムをしているくらいです。
ホールデムはシリアスゲームが続いていて楽しいは楽しいのですがちょっと疲れてます。
他のゲームで息抜きしたりブログをアップしてみたり、ちょっと横の風景を見ながらのんびりやりたいと思っている今日この頃です。



xx HOME xx
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。