New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピケ再考察2 序文とルール 

2013/04/25 22:05/Thu | ピケット研究 | CM(0) | TB(0)
         piquet
         

序文

ピケは、トランプ52枚のそれぞれのスートの2〜6を取り除いた32枚のカードパックを使用して遊ぶ2人用のゲームである。
カードランクは昇順に、(弱)7、8、9、10、J、Q、K、A(強)。

1ゲームは、ディール番を交互に移し、Partie(パルティ)と呼ばれる6ディールで構成される。
ディーラーは各プレイヤーに12枚ずつのカードを配り、残った8枚(タロン)は別にしておく。
1ディールは、◆ディスカードと交換◆手役宣言◆トリックテイキングゲームの3つのパートによって構成される。

ピケは非常に古いゲームで、1650年には現在のルールとほぼ同じものが作られている。
(違いと言えば、36枚のカードを使い12枚をタロンとすること、エルダー(後述)には7枚までカードチェンジが認められており、パルティはどちらかのプレーヤーが100点に達するまでとしていること。このルールはヴァリアントとして今でも時折遊ばれている)
1535年に(フランス人作家)ラブレー(の「ガルガンチュアとパンタグリュエル」)にも取り上げられているが同じゲームであるかどうかは定かではない。
ピケは、2人ゲームの最高峰、そして最もスキルフルなゲームとして、その人気を今日まで保ち続けている。
ルールテキストはキャベンディッシュ(イギリスの物理学者・科学者)によって1882年に刊行されている。


★ラブレーの作品は読んだ事がなく未確認ですが、ピケの紹介のある作品タイトルについてはWikiの記述によるものです。
カードゲームとしては非常に高齢で、実に363年の歴史を持つ事になります。
17世紀~20世紀初頭にかけてフランスのアッパークラスの間で大流行していたそうですが、ブリッジの台頭によりその後少しずつ衰えていった模様。
今現在フランスでの人気の程を知りたいですが(コントラクトブリッジはともかくとして例えばブロットと比べてどちらが知名度が高いのか、など)、いかがなものなのでしょうかね。


(↑2013/4/25)

スコアリング

プレイ中、プレーヤーはそのディールでの合計得点を加点するたびに発声していく。
そしてディールが終わったところで最終的な合計得点を書き留め、パルティが終わるまで加算していくのである。
パルティ終了時点で得点の高いプレーヤーが勝利者となるが、もし同点だった場合はもう2ディールを追加で行い、それでも同点だった場合はドローとする。

プレーヤーには、6ディール(1パルティ)を通じてオポーネント(対戦相手)よりも高い得点を得ることとは別に(少なくとも)100点以上を取ることで「ルビコンを超える」という目的がある。
パルティが終わった時点で、敗者が100点以上取っていれば敗者は勝者に点数の差+100を支払う。
敗者が100点に達していなければ、敗者は勝者に2人の点数の合計+100を支払う。
次のパルティを遊ぶ時には得点は0に戻して始める。

例)
パルティが終わりA氏99点、B氏120点 → A氏がB氏に319支払う(99+120+100)
パルティが終わりA氏101点、B氏120点 → A氏がB氏に119支払う(120-101+100)


 
★ピケでは点を取るたびに「1」「4」「15」と言った感じで合計点数を発生する事で一時的な得点の記録としますが、慣れるまでは紙に書いて足していっても良いかもしれません。
リズムは悪くなりますが間違いは少なくなるでしょう。

6ディールを1ゲームとし、これを1パルティと数えます。
パルティ中の100点をルビコンと呼びます。
パルティやルビコンがそれぞれ何を意味するものなのか寡聞にして存じませんが、取り敢えずそう呼ぶという事だけでも覚えておくとルールの説明は楽になります。

技術的な白黒をつける為にはなるべく多い回数戦うのが良いと思いますが、カジュアルにプレイする場合でもじっくりと2パルティは遊んでみるのがオススメです。
得点システムは非常に秀逸で、勝者がルビコンを超えているかいないかは問題になりません。
(敗者の得点だけが問題になります)
負けているプレーヤーは、自分が負ける事は確実で且つルビコンを間違いなく超えることができない(例えば最終ディールで)場合は、加点せずできるだけ低い得点で負ける事を目指す事になります。
勝者の立場としては逆にできるだけオポーネントにも点を取らせる事を考える事になり、トリックテイキングのパートはそのシステム上(後述)、一時的なミゼール状態になったりもします。



(↑2013/4/25)

ディール 
 
ディーラーは(1ディール毎に)交互に入れ替わる。
まずプレーヤーはカードカットを行い、高いカードを引いたプレーヤーがどちらが先にディーラーになるのかを選ぶ(但し、最終ディール(6thディール)のノンディーラーにはわずかに優位性がある為、常に先にディールする事を選ぶべきである)。

ディーラーはカードをよくシャフルし、プレーヤーそれぞれに(2枚ずつ乃至3枚ずつ配り)計12枚ずつディールする。
残った8枚はタロンとして裏向きにテーブル中央に置いておく。
配り方は2枚ずつか3枚ずつのどちらでも良いが、そのパルティ中は配り方を変えてはいけない。

ノンディーラーをエルダー、ディーラーをヤンガーと呼ぶ。

どちらかのハンドにコートカード(KQJ)が1枚もなかった場合、カルトブランシュを宣言し、10点を得る事ができる(宣言しなくても良い)。
カルトブランシュを証明する為、宣言者は素早く手札を表向きにテーブルに置き、また手に戻す。
宣言は手札を確認したらすぐに行うが、証明はオポーネントがカードを交換した後、自分が交換する前のタイミングで行う。
エルダーがカルトブランシュを宣言した場合は、何枚の手札を交換するつもりなのか先に宣言し、対してヤンガーは残りの最大交換可能枚数以内でエルダーがタロンを見る前に交換を行う。



★1パルティは6ディールですので、それぞれ3回ずつディーラー(ヤンガー)を行う事になります。
スコアリングのパートで出てきましたが、ピケには相手より多く点数を取るだけでなく100点(ルビコン)を超える事(超えさせないようにする事)という目的があります。
そして、エルダー(ノンディーラー)はヤンガーに対して非常に有利な立場にあり、最終ディールでエルダーでいる事は点数調整の面でも若干の優位性があると言えます。

ちなみにヤンガー・エルダーは若者・年配者という意味だと思います。
ディールは手間仕事ですので若者が行い、その後のプレイも年配者に色々有利なルールになっていると考えると覚えやすいのではないかと思います。
(親と子と覚えると子がディーラーなのでわかりづらいです)

カルトブランシュは宣言と証明のタイミングに気をつけて下さい。
オポーネントがカードを交換した後ではカルトブランシュ宣言はできません。
また証明は相手にカードを交換させてからでないと自分が不利になってしまいます。 

交換

エルダーは少なくとも1枚、最大で5枚を先にディスカードする。
(実際エルダーはほぼ毎回5枚交換する事になる)
その後、タロンの上からディスカードした枚数と同じだけ引いて手札に加える。
ヤンガーも同様で少なくとも1枚、最大で残ったタロン全て(普通は3枚)交換する。

もし、最大枚数より少なく交換をする場合にはタロンからカードを引いてくる前に枚数を宣言しなければならない。ディスカードしたカードはそれぞれ自分の前に(裏向きに)置いておき、プレイ中いつでもそれを見て自分が何を捨てたか確認する事ができる。

もしエルダーが5枚より少なく交換する場合、5枚の内残りの枚数分カードを見ることができる。
ヤンガーが最大枚数より少なく交換する場合、残りのカードをエルダーのオープニングリードの後に(両者に)公開しても良い(しなくても良い)。



★ゲームファームはじめ多くのルールテキストで「ヤンガーは全く交換しなくても良い」となっていますが、ここではヤンガーも最低1枚以上は交換しなくてはならないとなっています。
最大枚数より少なく交換する場合はその枚数を宣言しなければ・・・と言う部分は意味がよくわからないのですが、ほとんどの場合は両者マキシマムまで交換するのでその場合は無言で交換している事を想定しているのかもしれません。
エルダーは交換しなかったカードの枚数分、自分だけが確認する事ができます。
例えば4枚しか交換しなかったのなら1枚見ることができるわけです。
交換の時にはタロンの上からカードを引いてくると書いてありますが、その流れでいくとエルダーが見たカードがヤンガーの交換するカードの1枚目になるのでしょうか?
それはあまりにもエルダーに有利すぎるので確認する場合はそのその分を別にし、ヤンガーはやはり残りの3枚から交換をするという事で良いのではないかと思います。


手役

手役には3つのカテゴリーがある。
それぞれのカテゴリーでより強い手役を作ったプレーヤー片方だけが得点できる。
カテゴリーは以下

①ポイント(最もカードの枚数が多いスート) 
「ポイント5」のようにその枚数を宣言し(勝った方は)その枚数分得点する。
(この場合5点を得る)

②シークエンス(同スートの最も長い連続したカード/但し3枚以上)
3枚=3点、4枚=4点、5枚=15点、6枚=16点、7枚=17点、8枚=18点

③セット(3枚以上の同ランクのカード/但し987はセットにならない)
4枚(カトルズ)=14点、3枚(トリオ)=3点

まずエルダーが先に、自分が持っているそれぞれのカテゴリーの役を①から順に宣言する。
それを聞いてヤンガーは(カテゴリーごとに)以下のように返答する。
「good」=エルダーの勝ちを認める。
「not good」=自分の勝ちを宣言する
「equal」=現時点で同点なのでさらなる情報をエルダーに要求し、それに対しさらにgood、not good、equalを返答する。
完全に同価値に手役を持ち合っている場合はどちらも得点しない。

*equal後の追加情報
ポイント役の長さが同じだった場合・・・カードのフェイスバリューの合計値を比べる。
A=11、KQJ=10 T~7=ランク通りの数字

シークエンス役の長さが同じだった場合、最高位のカードを比べる。
例)A-K-QはK-Q-Jより強い。

セット役に関しては全てのカトルズはトリオに勝つ。
カトルズまたはトリオを持ち合っている場合は、ランクの高い方が勝つ。
(AAAA→KKKK~TTTT→AAA→KKK~TTT)



シークエンス役を比べ、勝ったプレーヤーは他にシークエンスを持っていればそれも得点できる。
(負けた方は一切得点できない)
同様にセット役で勝てば他に持っているカトルズ、トリオの分も得点できる。

エルダーが手役宣言を終えオープニングリードをした後に、ヤンガーが「not good」と言ったカテゴリー若しくはエルダーが何も宣言しなかったカテゴリーの得点を得る。

エルダーのオープニングリードの後、実際にはほとんど推測できる為まずその必要はないが、相手に得点された手役と同点だった為に加点できなかった手役に関してはそれが何だったのか相手に見せてもらう事ができる。
例えばQのトリオで得点された場合、どのスートのQ1枚がなかったのか尋ねても良い(3枚見せてもらう)。
もし、カード内容を秘密にする事で後のプレイに何らかのアドバンテージを得られると思うなら、また、秘密にしない事でそのカードがルーザーになってしまうと思うなら、無理に最高の役を宣言する必要は無いし、はたまた各カテゴリーにおいて何かしら宣言しなければいけないというわけでもない。

用心深く手役宣言を控えるテクニックをシンクと呼ぶ。
例えば、もし自分がTのトリオを持っていて相手にAのトリオを持たれている事が確実だとすると、Tのトリオを先に宣言する意味はほとんどない。
ただし、エルダーが一度手役宣言しヤンガーにnot goodやequalを言われてからより高い手役を宣言し直すことはできないし、宣言に勝ってからより強い手役があるからと言ってその分を得点する事もできない。



★goodやno good、equalの発生はわかりづらいのかも知れないので、代わりに日本語で
「あなたの勝ちです」「私の勝ちです」「同点です」でも良いと思います。
手役の得点はやや手順が複雑ですが慣れればスムースにできるのではないかと思っています。
加点する毎に合計点数を発生するのをお忘れなく。

例)
E「ポイント5」 Y「私の勝ちです」
E「シークエンス5」 Y「あなたの勝ちです」 E「シークエンス5、5(合計得点)」
E「トリオ」 Y「あなたの勝ちです」 E「トリオ3、もう1組トリオ3、11」

オープニングリード(エルダーに1点)E「12」
Y「ポイント6、6」

といった具合になります。


(↑2013/4/29)

スポンサーサイト

ピケ再考察 

2013/04/25 21:26/Thu | ピケット研究 | CM(0) | TB(0)
以前記事を上げていたピケ(ピケット)ですが、その当時、数人の友人に教え遊んだもののあまり流行らず、以降すっかりお蔵入りになっていました。
ところがそれからクリベッジやホールデムをよく遊びブリッジを少し教わった事が関係して、最近になってこのゲームの芯の素晴らしさに気づいた気がします。

トランプの中ではじっくり遊ぶタイプのタイトルで、ルールもシンプルというわけではないので人を選ぶゲームかも知れませんが、これから地道に布教活動を行っていこうかと目論んでおります。
その一環として、Noel Leaver氏が提供したとされるPagatのピケ記事を基に、ルールと解説をアップし基本戦略を紹介する予定です。

時間的な都合のつく限り随時アップ予定です。
ピケに興味のある方、魅力を感じた方は是非身近な方と楽しんでみて下さい。
2人ゲームの最高峰の二つ名は伊達では無いと思います。


はじめてのスラム 

2013/04/06 23:33/Sat | ブリッジ入門 | CM(4) | TB(0)
何ディールもプレイしてればそりゃいつかはできますわな
でも、まあ嬉しいし記念ということで~o(*゚▽゚*)o

◆今日の一局
対IPHONE/ラバー:双方ノンバルの0対0

農虎:South
AK5QTQT7632AJ

オークション
E-P S-1 W-P N-1 
E-P S-3 W-P N-4NT 
E-P S-5 W-P N-5NT 
E-P S-6 W-6 AP

HCP=16、DP=2で18TPあるがダブルトン2つではNTで開けない。
長いを示すと1が返ってきた。
パートナーの6TP以上が確認できた為、6枚以上16TP以上という主張で3にジャンプ。
ここで4NTはコンベンションですな?(・3・)
Aを2枚持っているという意味で5をビッドし
5NTにはKを1枚持っているという意味で6をビッド。
6はサインオフですな?(・3・)
ダミーになりましたが、プレイはしますぞ。

農虎:South(ダミー)
AK5QTQT7632AJ
ディクレアラー
82AKJ984A852

パートナーが15TPあってキーナンバーには到達しておる。
とりあえずルーザーを数えるどー( ノ゚Д゚)
ディクレアラーの立場から考えると、0011で1つ多い。
さてどうしたもんじゃろ。

コントラクト:6H by North OL:Q


プレイ (リードにアンダーライン:勝者は赤)

E:Q S:K W:3 N:2
②E:4 S:Q W:K N:A
は2つ負けるかもと思い、Qをリード。WからKが出なければそのまま流す予定でした)
③E:2 S:T W:5 N:3
④E:6 S:Q W:7 N:4
(運良く2回でトランプ狩りきった(・∀・))
⑤E:4 S:A W:6 N:8
⑥E:T S:5 W:7 N:8
(とりあえずを取っておいて・・・)
E:J S:2 W:3 N:8
を解決しに行く。TがプロモートしたけどWのKはシングルトンだったのか・・・。ミスったかな)
E:9 S:T W:9 N:2
9でリードしてくれたのでTで勝ち、はエスタブリッシュできた)
⑨E:5 S:3 W:4 N:9
(自分のカウンティングが信用できず1回ラフ。この方が確実だし結果は変わらないと思うので(^_^;))
⑩E:9 S:A W:6 N:5
⑪E:J S:6 W:7 N:J 
⑫E:T S:7 W:8 N:A
⑬E:Q S:J W:K N:K

ジャストメイクできた~
最善のプレイができたのかどうかよくわからんですが、自分なりに考えて達成できたので良かったです。
スラムメイクするのと落とすのとでは、その後のプレイの心の持ちようが全然違うので・・・(´ε`;)

しかし、このプレイ記事は入力に時間がかかってしまってツライ。
今後はスクリーンショットまんま上げちゃおうかなあ。


ゲームルーズ 

2013/04/03 22:51/Wed | ブリッジ入門 | CM(2) | TB(0)
うーん、難しいっすねえ(;´д`)
ちょっとずつでも上達していきたいです。

◆今日の一局
対IPHONE/ラバー:双方ノンバルの0対0

農虎:South(D)
JT65497QT5AK3

オークション
S-P W-P N-1 E-P 
S-1 W-P N-2 E-P
S-2 W-P N-3 AP

ディーラーですがオープンできるハンドではないのでパス。
パートナーがオープン(13TP保証)したので、もしかするとゲームがあるかも知れない。
まず1が長い事を伝える。
4枚4枚の場合は下から言う事になっていると思うので、これで4枚の否定になるかな(。-_-。)

パートナー2をビッド。
ここでちょっと考える。
のオープンは3枚の場合もあるけど後からを言ったことで4枚以上が確定した。
4枚4枚か5枚4枚、5枚5枚で持ってると思われる(6枚6枚もある?)。
メジャーフィットは消えた事になるがNTでやるにはがかなり怪しい。
というわけで2か3をビッドしたかったのです。

オープナーが強いハンド(TPで16以上とか)を持っていれば、また何か言ってくるだろうしまずフィットを伝えたいのだが・・・(;´д`)ドッチガエエンジャロ

はおそらくは5枚あるのでフィットが確実と思う。
ただは内容が良いし5枚ある可能性も高いので捨てがたい。

もう一度整理してじっくり考えてみる。
もしオープナーが2344みたいな手であるならHCP15以下では1NT
16以上あれば2NTでいいんじゃなかろうか(ソフトの細かい取り決めはわからない)。
そしては確実に5枚以上ない。
多分4枚もない。4枚あるんなら1444でかなり強い手とかじゃない限り先にをビッドするんじゃないかと思う。
1255とか②2254みたいな手なんじゃないかなー。
いや、②でもNTビッド優先しそうだな・・・(。-_-。)んー。

と、考えて結局固いに戻す。
2とビッドした事でこっちのTPがあやふやになっちゃった・・・?
ここは3とビッドすべきだったのかしら??

と、やや怪しい感じになってきたところで3が返ってきた。
このレイズの意味や如何に。
結局わからずパスしてしまった。

農虎:South(D)
JT65497QT5AK3

パートナー:North
A9AAK842J8764

ぎょえ~、19TPも持っていらっしゃる・・・・
しかも2スーターフィット。マイナーどっちでもゲームできたし3NTでもいけたっぽい。
実戦ならごめんなさいするレベルかなヽ(;▽;)ノ

パートナーの最後のレイズの意味がわからんくて。
やっぱり2のところで3言って良かったのかな。
3に23TP必要として自分からそこに行けば
(必要な)23TP-(オープナー保証)13TP=(自分)10TPはあるよって示した事になったのかも。
今度先生に聞いてみよう。


ステイマン・コンベンション? 

2013/04/02 23:23/Tue | ブリッジ入門 | CM(3) | TB(0)
◆今日の一局

対IPHONE/ラバー:双方ノンバルの0対0


農虎:South
K82KQJAJ74K74

オークション
W-P N-P E-1 S-1NT  
W-P N-2 E-2 S-X 
ALL-P

HCPだけで17点あるバランスハンド=1NTオープンができるハンドが来ました。
1NTオープンは手の形がはっきり伝わるのですごく好きなビッド。
ところがEに1で先にオープンされる(・ε・)ぬぅぅ

だがオポーネントスートにストッパーがあれば1NTでオーバーコールできるはず!
は余裕で止まりますじゃ( ノ゚Д゚)
と言うわけで1NTでオーバーコール。これで手が伝わるかなーと思ったらパートナーから2が返ってきた。
1NTオーバーコールに2・・・・
これってステイマンなの?
しかも、Eがでリビットしてきたのでステイマンだったとしても返答できなくなった( ´▽`)/
わかりません、習ってないのでわかりません。(習ってるのに忘れている可能性もあります)

悩んだ挙句思いついた選択肢は3つ。

①パス
こっちの強さと自分の4枚のを見るに、この2は落とせる気がする。
向こうのは多分フィットしてないしWは9TP以下。
Nに5枚メジャーがあれば何か言ってくるんじゃ?

②2NT
とりあえず4枚メジャーは無いの、という主張(になるのかなぁ)。
ステイマンを8TP保証と考えれば最低25TPあるし、HCPだけでも22くらいあるんじゃ?
そして2がナチュラルなビッドだったのだとしたら6枚以上ありそうだし、その場合はフィット確実なわけだし3言ってもらえば良いんじゃ?
各スートにストッパーがあるので最終的に2NTで買っても大体なんとかなるんじゃ?

③ダブル
2言いたかったのに先に言われたらダブルかけるって取り決めになってるんじゃ?
無視されても①に戻り2ダウンさせられるんじゃ?

滅茶苦茶だぁああ(*゚∀゚*)(全然わからない)
結局一番ダメっぽい③を選び、そして無視されました(゚ロ゚)ヤッパリネ


コントラクト:2D by East OL:4

ダミー:West
J954393282A92

農虎:South
K82KQJAJ74K74

パートナー:North
QT76T75495J65

ディクレアラー:East
AA86KQT63QT83



AとエスタブリッシュしたKにで2つ勝ってダウンさせましたが・・・
パートナー4TPしかないやん(゚д゚lll)
あの2は一体何を伝えようとしていたのか。未だにわかりません。
今度先生に聞いてみよう。 

(追記)聞いてみました。
こういう場合「一般的には」2cではなくキュービッドをステイマンコンベンションとして取り決める事が多い。
ただしオープンがメジャーの場合はフィットが見つかっても5-0ブレイクになるので意味がない・・・なるほど。
1h→1NT→P→2c;P→1h→P→4h:AP
これだと5-0ブレイク確定。

4枚のスペード主張したいなら
1h→1NT→P→2s;P→2NT、sをレイズなどでイイのかな。


オーバーコールからの3Lvコントラクト 

2013/04/01 01:23/Mon | ブリッジ入門 | CM(2) | TB(0)
最近オマハハイローをはじめましてそれなりに面白くなって来たところだったので記事にしていこうかと思っていたのですが、先日のブリッジ入門会でとんでもない醜態を晒してしまい、悔しいのでしばらくポーカーは封印しブリッジの勉強をしていこうと思います。

使っているシステムはJCBLの入門テキストに草場純さんが改良を加えた入門者向け?のプレーン。
ハンド評価はHCPにディストリビューショナルポイントを加え、レングスポイント、ダミーポイントは使わない。
1NTオープンはHCP16~18のレンジ、2NTオープンは21~22、23以上は2オープン。
コンベンションは(今のところ)ステイマンとブラックウッドのみ。
オーバーコールは、ネガティヴダブルとかアニュージュアル2NTとか色々教わりましたがまだ全然使いこなせていません。

とりあえず早く教わった入門編を消化し、プレイも多少はまともにできるように集中して頑張ろうと思います(>_<)/

プレイの相手によくIPHONEのソフトを使っているのですが、スクリーンショット一発で記録が取れるし記事にし易いので、僕がどんなことをやっているのかちょこちょこ書いていこうかなーと思ってます。
入門者奮闘記ですかねえ。

◆今日の1局

対IPHONE/ラバー:双方ノンバルの0対0

農虎:South
A743A74329755

オークション
S-P W-P N-P E-1NT
S-2H W-P N-3H E-P
S-P 



僕の使っているソフトはラバーのソフトなのですが、足を絡めるとシステムを覚える勉強にならないので常にスコア0の双方ノンバル状態に初期化してプレイしてます。
まずハンド評価ですが、HCP8、DP2でTP10なのでオープンはせず、パス。
3パスでEが1NTオープンしてきましたが、このソフトも1NTは16~18のレンジでオープンするのを確認しています。
5枚あるので競りに行くことにします。

Wは動かず、パートナーがシングルレイズ。
この辺の取り決めがよくわからないけどフィットしたのは間違いないとして、お互い最初にパス入れてるわけですからこれは上限いっぱいですよね、きっと。
Eが降りたのでいいところで買い取れました。がんばろ~(^。^)y-.。o○

コントラクト:3H by South OL:2

パートナーのハンド:North
J6KT965T6KJ82

農虎:South
A743A74329755

初期ルーザーはハンドから見て、2131=7と数えましたが、を1枚ずつトランプの下に捨てれば5になるのでメイクできそうです。
トランプも10枚のスーパーフィット!なのでA→Kと上から叩けば全部ドロップするっぽい( ´艸`)
パートナーTP10で合わせて20点しかないけど、さすがに10枚フィット見つけると美味しいですなぁ~

(追記)
カードプレイについても書こうかと思っていたんですが結構表記が難しいし大変なのでやめました。
もうちょっと上達したらプレイ記事もやってみたいと思っています。
とりあえずこの3はジャストメイクでした。

オークションで気になるのは
①このハンドでのオーバーコールはありだったのか
②パートナーのレイズの意味は?
③レイズに対してのリビッドの考え方は?

この辺りがよくわからなくてモヤモヤしてる状態なので
今度先生に聞いてみようと思います(;´д`)


xx HOME xx
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。