New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


余計な1レイズ 

2014/02/28 00:06/Fri | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
気分転換にfifty-fifty(1.5)に参加してちょい勝ち。
気分転換もできて良かったのですが、それ以上に収穫がありました。
ちょっと面白い事に気づいて試したくなったので、しばらくZOOMに戻る事にします。
なぜかHUDが表示されないので困っていますが・・・・上達のチャンスが掴めたかも。

それと、洋書を2冊注文してみました。
英語は得意ではないですが、頑張って読んでいこうかと。
2+2とか見てる人たち相手に勉強しないで勝つのはまず無理だと思いまして(^^;)
ちょっとハンド検証もしていかないとです。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 6 is the button
Seat 1: Player1 ( $11.78 USD ) - VPIP: 26, PFR: 20, 3B: 12, AF: 0.9, Hands: 203
Seat 3: Player3 ( $9.42 USD ) - VPIP: 49, PFR: 13, 3B: 13, AF: 2.8, Hands: 91
Seat 4: Player4 ( $14.40 USD ) - VPIP: 33, PFR: 24, 3B: 25, AF: 8.0, Hands: 49
Seat 6: 農虎 ( $14.62 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 6, AF: 2.7, Hands: 18300
Player1 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎CO(146.2bb)
s5 s4
ZOOMに移行する前のキャッシュゲーム。
一時的に4人テーブルになっている。
スモールスーテッドコネクタでスチールに。

Player4 folds
Hero raises [$0.30 USD]
Player1 folds
Player3 calls [$0.20 USD]


フロップ(pot:6.5bb)
c7 d5 s1
C-betが効きそうなフロップ。
当然撃っていく。

Player3 checks
農虎 bets [$0.30 USD]
Player3 calls [$0.30 USD]
コールされてしまった。
P3はvsflopC-bet70%だったので、A持ちが本線と考えた。
諦めてしまっても良いだろう。


ターン(pot:12.5bb)
c7 d5 s1   s12
フラッシュドローがついた。
もう一発撃ち込むべきだろうか?
相手のVPIPはかなり高く、実はAを持っていないという可能性もなくはない。
だが、ちょっと考えて、やはり何か持っている可能性が高くフォールドエクイティはほぼ無いと感じられた。
ポジションを活かしてフリーカードを貰うことにする。
 
Player3 checks
農虎 checks


リバー(pot:12.5bb)
c7 d5 s1 s12   s8
引けたはいいがポットは小さい。
どのくらいまでコールして貰えるだろうか?
考えていたらポットサイズのドンクベットを撃ってきた。

** Dealing River ** [ 8s ]
Player3 bets [$1.20 USD]
農虎 raises [$2.40 USD]
Player3 raises [$7.20 USD]
農虎 folds
Player3 wins $6.00 USD
Player3 wins $5.78 USD from main pot

何だかわからないが、ポットを大きくしたいと考えていたところだったのでこれ幸いとミニマムに2betを入れた。
リバーのミニマムベットはかなり強いアクションだと思うが、降りられてしまったことは今のところほとんど無い。
コールしてもらえるものと思っていたら、オールイン3betを喰らった。
何が起きているの~?

AQでオールインは無いと思う。
可能性が高いのはやはり上フラッシュ。
他は・・・僕にフラッシュ以上の手がないと考えた64、88、そして完全なブラフ。
結構考えたが、結局上フラッシュ濃厚と考え、悔しいが降りる事にした。

リバーでのレイズはもう少し大きめにしておくべきだったかな。
そうすればリレイズにはスタックブラフの意味がほとんどなくなるので。
今ではコールが一番良かったのではないかと思っている。

スポンサーサイト

こういうこともあるか・・・ 

2014/02/24 02:28/Mon | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
1個前のハンド。
エクイラボでターンでの勝率を割り出してみたのですが、相手(ルースなコーラー)のハンドレンジを
QQ、TT-99、22、AQ+、AT+、A2s、KT+、QT、Q9、J9、T9、T8(実際はAJだったが外した)で評価すると
勝率63.67%でした。

*hero Qd0d   ボード QsTh2d9s

QQ、TT、22は無いと読んでおり、実際にはAJだったのでもっと広いレンジで計算しても良かったのですが、これでも充分な裏付けになったと思います。
よし、これを機に意識改革していくどー。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 4 is the button
Seat 1: Player1 ( $4.64 USD ) - VPIP: 55, PFR: 36, 3B: 0, AF: 1.0, Hands: 11
Seat 2: 農虎 ( $11.29 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 13072
Seat 3: Player3 ( $4.56 USD ) - VPIP: 40, PFR: 1, 3B: 0, AF: 3.9, Hands: 130
Seat 4: Player4 ( $10.58 USD ) - VPIP: 23, PFR: 16, 3B: 8, AF: 2.2, Hands: 711
Seat 5: Player5 ( $6.88 USD ) - VPIP: 38, PFR: 16, 3B: 7, AF: 1.3, Hands: 69
Seat 6: Player6 ( $21.94 USD ) - VPIP: 18, PFR: 14, 3B: 9, AF: 11.0, Hands: 113
Player5 posts small blind [$0.05 USD].
Player6 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎HJ(112.9bb)
c1 c7
P1、P3、P5あたりを狙っているテーブル。
ミドルポジションでA7sが入った。
普段は捨てているハンドだが、このテーブルでは100ハンド以上打ってUTG、HJからの参加がほとんどなく、全体のVPIPもかなり下がっていた為、参加ハンドのバランシング目的でレイズオープンした。

Player1 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player3 folds
Player4 folds
Player5 raises [$0.45 USD]
Player6 folds
農虎 calls [$0.20 USD]

SBからメイク5bbのミニマム3betが返ってきた。意図がわからないがオッズコールする場面だろう。


フロップ(pot:11bb)
d1 c10 c9
素晴らしいフロップだ。
相手のハンドが何であろうと、もうこちらが絶望的なアンダードッグになることはない。
こっちにはブロックのAが1枚あり可能性は極小だが、仮にAAとぶつかっているとしてもまだ30%の勝率がある。
TTや99に対してもほぼ同様で、AKに対しては45%以上の勝率。

Player5 bets [$0.50 USD]
Hero raises [$1.50 USD]
Player5 calls [$1.00 USD]

相手のハンドがどの程度強いのかわからないが、最大限強気でいくことにした。
レイズにコールした時点でKK-はかなり薄くなった。
普通に考えればAJs+というところだろうか?
僕なら2ペアやセットを持っていればここでどこまでも突っ込むのだが・・・
プリフロのミニマム3betを見る限り、よくわからない事をするプレーヤーかも知れないのでまだ何とも言えない。


ターン(pot:41bb)
d1 c10 c9   d2
うーん、落ちない。
苦しくなってきたがリードがこっちにある。
チェックで回ってきたのでもう一発撃ってプレッシャーをかけるか、フリーカードを貰いに行くか。
今現在、僕の中ではキッカー負けが本線にある。
2ペア、セットは薄いだろう。あまりに落ち着き過ぎている。
チェックを選んだ場合、リバーでクラブか7が落ちなければチェック/フォールドするのが自然な流れだろうか。
ベットする場合、その意味はセミブラフなので、フォールドエクイティを最大化させてどのくらいになるか、という事が問題になる。

*エフェクティブスタックが48.8bb、ポットが41bb。
僕が48.8bbベットした場合、ポットが89.8bbになり、P5のコールオッズは1.84to1(35.2%)。

AJ+に対しては既に勝率26.7%程度しか残っていないらしいが、幸いなことにフロップで強さを主張しているのでここでオールインすれば、セットによるハンドプロテクトに見えなくもないだろう。
突っ込む事にした。

Player5 checks
農虎 bets [$9.29 USD]
Player5 folds
農虎 wins $9.29 USD
農虎 wins $3.92 USD from main pot


長く時間をかけて考えていたP5だったが、フォールドを決めたその瞬間KcQcをマックせず僕に見せた。
「ナイスプロテクトだな、悔しいぜ」とでも言いたかったのだろうか。
悔しいのはこっちだよ・・・

ともあれ、この手のハンドはフロップで突っ込むべきだなー。
実際相手がAXだったら降りてもらえただろうか?


あと一歩が踏み出せず 

2014/02/23 22:21/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
前回のハンドからまたしても数分後の出来事。
2面打ちのもうひとつのテーブルです。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.28 USD ) - VPIP: 33, PFR: 27, 3B: 14, AF: 1.3, Hands: 101
Seat 3: Player3 ( $8.25 USD ) - VPIP: 35, PFR: 10, 3B: 4, AF: 0.9, Hands: 113
Seat 4: 農虎( $12.01 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 12646
Seat 5: Player5 ( $11.97 USD ) - VPIP: 18, PFR: 11, 3B: 9, AF: 2.3, Hands: 45
Seat 6: Player6 ( $11.15 USD ) - VPIP: 23, PFR: 18, 3B: 3, AF: 3.8, Hands: 210
Player3 posts small blind [$0.05 USD].
農虎 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎BB(120.1bb)
c12 c9
P1、P3を狙っているテーブル。
かなりタイトに絞ってチャンスをうかがっている。

Player5 folds
Player6 folds
Player1 raises [$0.30 USD]
Player3 folds
農虎 raises [$0.80 USD]
Player1 calls [$0.60 USD]

P1はPFR27だが、BUからのレイズオープンに限っては50%近い。
ほとんどくれてやっていたが、いい加減ウンザリしてきたのでメイク9bbの3betを入れることにした。
もしコールされても、フロップがよほどウェットでない限りC-betを入れる予定。


フロップ(pot:18.5bb)
s12 h10 d2
ラッキーな事にトップペアを手にした。
相手のスタッツを考えるとかなりの勝率を手にしたと言えるだろう。
バリューを取る意味でC-betを撃つことに。

農虎 bets [$1.40 USD]
Player1 calls [$1.40 USD]


ターン(pot:46.5bb)
s12 h10 d2   s9
2ペアに昇格した。
ポットも充分に大きくなっており、相手ハンドのレンジを考えると早く突っ込んでしまった方が良いと考えた。
しかし、エフェクティブスタックがまだ79.8bbとポットに対してかなり大きい。
ドローを降ろす事はできるだろうが、負けているハンドにはコールされ、勝っているハンドからはバリューを取り損ねる状況になっている可能性が高く、時期尚早と判断。
リバーでオールインにコールしてもらう為の布石でハーフポット撃つ事にした。
ここでレイズオールインなど喰らおうものなら残念ながら負けているのは間違いなく、ギリギリフォールドできるサイズだろう。
降りられてしまったのならそれはそれで良い。

農虎 bets [$2.50 USD]
Player1 calls [$2.50 USD]


リバー(pot:96.5bb)
s12 h10 d2 s9   d13

認めるしかない。今日はルースパッシブ様感謝デーか何かだ。
少なくとも僕の日ではない。

負けているハンドの中でQTとセットはここまでのアクションから無いだろうと考えている。
相手のAFは低いが、それはドローを追うタイプだからであって、ナッツ級のハンドを手にした時にレイズしないようなタイプではないと知っていたからだ。

整理すると、僕が負けていて彼が持っていそうなハンドは
KQ、KJ、KT、QJ、JT、J9、JJ
僕が勝っていて彼が持っていそうなハンドは
AQ、AT、T9、まあこのぐらいだろうか。

AQ、AT、T9なら、相手はチープショウダウンを目指すという確信があった。
つまり僕のチェックに対して撃ってきたら負けている事を意味する。
ポジションがないのは本当にツライ。

農虎 checks
Player1 bets [$3.00 USD]
農虎 calls [$3.00 USD]
Player1 shows [Js, Ac ]
Player1 wins $14.95 USD from main pot
農虎 doesn't show [9d, Qd ]

リバーベットにブラフの可能性は全く考えなかった。
(いかにもなバリューベットサイズをブラフに使う程の打ち手ではない)
これをコールするくらいなら、前回のフラッシュでコールすべきと思うがこの30分間での禍々しい空気(笑)を払拭したくて確認コールした。
うん、間違ってない(笑

間違っているとすれば、3betフォールド率25%、FlopCbetフォールド率33%の相手にOOPからクソハンドで3betを入れた事と、ターンでのベットサイズかなー。
ターンの判断は今振り返って見ても、とても難しいものに見える。
相手の立場に立って考えてみると、セカンドバレルまでAJでコールしたという事は、僕のハンドレンジの多くをTT-やAKや、その他色々なエアーが占めていると考えていたと思われる(それでもコールするのはどうかと思うが)。
相手のAJは読みようがないので、ターンでのこちらのオプションは実戦の通りか或いは
①ポットコントロールの意味でチェック/コール
②オールイン
③ポットの80%以上のC-bet
④チェック/レイズオールイン
が考えられる。

①でチェックした場合、恐らく相手はチェックでフリーカードを見に行く。
(僕のハンドレンジにTT-よりエアーが多いと思われていたのなら撃ってくるだろうが)
リバーで引かれればチェック/コールで恐らく小さく負ける。
AやJが落ちてもこちらからは撃てないので、小さく勝つ。
ラグが落ちた場合、撃てば降りられるのでさらに小さいポットを取ることになる。
リスクは小さくなるように見えるオプションだが、割が合わない。
また、リバーで相手に大きくブラフベットされた場合も含めて考えると大きなマイナスになるだろう。
相手が絶対にブラフしないタイプとわかっているのなら、リバーを見て判断できるので良いように一瞬思えたが、それなら、ターンで(バリューベットとして)撃っておいて、リバーでスケアが落ちたらチェック/フォールドの方が勝る。


②は勝っている場合(+46.5bb)が負けている場合(-79.8bb)に対して1.72倍以上あれば成立する。
(レーキは考慮していない)
勝率65%以上あれば良いのだが、判断は極めて難しい。

③はとても一般的なオプションで最初は僕もこれを考えたのだが、コールされた場合コミットすることになり、実質オールインと同じである。
それならばこちらからオールインしてしまった方が遥かに勝る。

④は恐らく実現しない(チェックバックされる)可能性の方が高いが、相手がAJで勝っていると思っているはずはないので、弱みを見たと感じて案外ブラフに転じるかも知れない。
その場合、ブラフで撃ってきたのかナチュラルにバリューを取りに来ているのか判断はさらに難しいものになる。
オールインするには②よりも高い勝率(オッズ)が必要になるだろう。
逆にこちらより弱い手にコールさせやすくなるというメリットはある。



・・・色々考えたがリスクの無いオプションなどあり得ないし、正解を導き出すのも難しい。
今回のターンでのプレイングが少なくとも致命的なミスではなかったという事は確認できたが、できればこういう状況では毎回オールインし(リバーで引かれたり最初から負けていたりすることはあっても)長期的には利益を出せる力量とプレイスタイルを身につけたいと考えている。
自分がそこまでたどり着けるかどうかは、まだわからないが、このハンドでとりあえず頭はすっきりし、この日のセッションはここから取り戻してプラスで終えた。
もうちょっとでプラ転だ~。がんばろっと。


地獄コースに突入 

2014/02/23 03:13/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
リバーで2アウツ引かれた2分後のハンド。
自分では上手く打てたしまあいいや、で済んでいたと思っていたのですが、ハンド履歴見直してみると、またお得意のソフトティルトに入ってたのかもしれません。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 6 is the button
Seat 1: Player1 ( $11.78 USD ) - VPIP: 25, PFR: 18, 3B: 10, AF: 0.8, Hands: 140
Seat 3: Player3 ( $9.42 USD ) - VPIP: 49, PFR: 13, 3B: 13, AF: 2.8, Hands: 91
Seat 4: Player4 ( $14.40 USD ) - VPIP: 33, PFR: 24, 3B: 25, AF: 8.0, Hands: 49
Seat 6: 農虎 ( $14.62 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 12646
Player1 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎BU(146.2bb)
s5 s4
レギュラーのTAGがこういうハンドでアーリーから仕掛けてビッグポットを取るのをたまに見るが、ボタンから動くのなら相手を選んでやるべきだろう。
先ほどのP3がBBにいる状況でレイズで開いたのだが、間違いだったと思う。
スチールできる可能性がかなり低い上に、上スーテッドを持たれている可能性を否定できない広いコールレンジがP3にはあるからだ。
どういうつもりで参加したのか思い出せない。

Player4 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player1 folds
Player3 calls [$0.20 USD]


フロップ(pot:6.5bb)
c7 d5 s1
ボトムペア+バックドア。
P3のコールレンジの広さを考えると、勝っている可能性はそれなりにある。
意外な事にC-betフォールド率が70%あった為、簡明に打ち進める為にも、しっかりベットすることにした。

Player3 checks
農虎 bets [$0.30 USD]
Player3 calls [$0.30 USD]


ターン(pot:12.5bb)
c7 d5 s1  s12
C-betにコールされると思っていなかったのでちょっと焦ったが、ターンカードはどちらかと言えば僕に味方してくれているように見える。
もしP3がAxなら、もうどれだけ撃っても降りてもらえないだろう。
フリーカードを貰う事にした。
 
Player3 checks
農虎 checks


リバー(pot:12.5bb)
c7 d5 s1 s12  s8
今度はこっちが引いた。死んでもらうゼ!

Player3 bets [$1.20 USD]
農虎 raises [$2.40 USD]
Player3 raises [$7.20 USD]
農虎 folds
Player3 wins $6.00 USD
Player3 wins $5.78 USD from main pot

気負いがあったのだろう。好みでないプレイをしてしまった。

まず、相手のベットが大きかった事に少し違和感を覚えた。
Axならこんなに撃つ必要がない(僕がフラッシュの時だけコールされる)。
そう考えると元々何も持っていなくて悲しいブラフをしているのだろう、と結論付けた。
コールを考えなかったわけではないが、数分前のポットを取り返したいという気持ちがなかったと言えば嘘になる。
勝っている気満々でミニマムレイズを返した。もしかしたらコールしてくれるかもしれない。
すると即座にほぼオールインの3betが飛んできた。なぜか4.2bbだけスタック残している。

突然窮地に追い込まれてしまった。
AsとQsがボードに落ち、BUからレイズで参加している僕のハンドにフラッシュを完成させるハンドはほとんどない、とP3が考えていても全くおかしくない。
それに、前の記事で書いた普通では考えられないTTでの罠プレーとポストフロップのオーバープレイなどを思い出しても、リブラフではないかと思えてくる。

だが・・・P3はそこまで考えてプレイしているだろうか。
今までの流れを考えると、P3はそこまで物を考えてゲームをしていない(だから狙われる)。
単にナッツを引いてオールインしているのではないか、という考えも、消すことができない。
ポットオッズも微妙なのである。
48.5bbのポットに対して上に60bbのコール要求だから0.8to1(55.5%)。
55.5%以上の勝率が果たしてあるかどうか・・・。

しかし、P3が上フラッシュだとしてそのハンドは一体何だというのだろう。
C-betフォールド率70%のプレーヤーが、コールしてくるハンドがあまり見当たらない。
リバーの8でストレートが完成した、或いはセットを手にしている可能性もある。
僕がフラッシュを持っているはずがないと考え、突っ込んできたのかも知れない。
そう考えれば、何も持っていなくてブラフしていると考えることも可能になってくる。



・・・わからない。
時間をぎりぎりまで使って考えたが結局コールできなかった。
ひとつ言えることはここで突っ込めないのなら、最初から54sで参加するのが良くないということである。
ターンでセミブラフを続けて撃ったらどうだっただろう?という事も含め、よく考えたい。


P.S. 
もう一度相手のレべリングから考え直してみたところ、AQが最も可能性の高いハンドではないかと思うようになりました。
ターンで2発目を撃つのは、フォールドエクイティがあってこそだと思うので、チェックで間違っていないと思っています。
ベット/フォールドで引けたはずのフリーカードを捨てるのは明らかにミスですし、相手が降りないと読んでいるのだから、その読みを信じてチェックでいいのではないかと。

問題はリバー。
コールして負ければ今日のここまでの収支のほぼ4分の3が吹っ飛ぶ事になるわけで。
こういう状況で逃げまくっていても長期的には勝てるのだから、フォールドするのがグラインドだ、と自分を納得させて降りたのですが、その考えだとこのレートから上には行けないかもね。
コールして負けてたら「何故降りられなかったのか」ってポストしてただろうし、もう忘れるしかないかな。


オールインさせたはいいけど 

2014/02/23 02:15/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
上手い事行ったと思ったのですが、地獄コースのスタートになってしまったハンド。

$10.00 USD NL
Seat 3 is the button
Seat 1: Player1 ( $11.88 USD ) - VPIP: 25, PFR: 18, 3B: 10, AF: 0.8, Hands: 140
Seat 2: Player2 ( $10.10 USD ) - VPIP: 17, PFR: 12, 3B: 2, AF: 7.0, Hands: 131
Seat 3: Player3 ( $4.81 USD ) - VPIP: 49, PFR: 13, 3B: 13, AF: 2.8, Hands: 91
Seat 4: Player4 ( $14.50 USD ) - VPIP: 33, PFR: 24, 3B: 25, AF: 8.0, Hands: 49
Seat 6: 農虎( $19.48 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 12646
Player4 posts small blind [$0.05 USD].
農虎 posts big blind [$0.10 USD].


10NL6MAX 
農虎BB(194.8bb)
c9 d5 

Player1 folds
Player2 folds
Player3 calls [$0.10 USD]
Player4 calls [$0.05 USD]
農虎 checks

P3を狙っているテーブル。
P4にも色々なリークがある。上手くすれば簡単に吐き出してくれるかもしれないと考えている。

何を持っているのか知らないが、P3がBUからリンプオープンしてきた。
PFRは13%と普通にあるので、ものすごく弱い手かものすごく強い手のどちらかだろう。
的を絞りづらいところだが、今回に限ってはこっちの手がそれ以上に弱いので、難しく考える必要はないと思う。
普通にオプションチェックで回した。


フロップ(pot:3bb)
s5 s8 h5
フロップトリップスになった。
もう相手の手がなんであろうとあまり関係がない。
どうやってポットを大きくするかだけが焦点になる。

Player4 checks
農虎 checks
Player3 bets [$0.10 USD]
Player4 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player3 raises [$1.05 USD]
農虎 calls [$0.85 USD]

チェックレイズを採用したところ3betが返ってきた。
どうやら強い方の手で罠を張っていた可能性が高い。
そう考えるとオーバーペアが濃厚だろう。
AA・KKであればどうやってもオールインまで持っていけそうではある。
だが少し考えてみると、ここでの4betはトリップスに気づかれる可能性がまだあるように思えた。
ターンでコミットさせることにする。


ターン(pot:26bb)
s5 s8 h5  d12
もし相手がQQだったら、それはもう仕方がなかったと割り切るしかない。
リードは向こうにあるので素直にチェックすればもう一発撃ってくるだろう。
それでP3はコミットするので、再度チェック/レイズで仕上げとなる。
かなりトリッキーなムーブで、P4がオーバーペアで罠プレイをしているのであれば確実に嵌ってくれると考えた。

農虎 checks
Player3 bets [$2.50 USD]
農虎 raises [$6.20 USD]
Player3 calls [$1.06 USD]
農虎 wins $2.64 USD


リバー(pot:97.2bb)
s5 s8 h5 d12  d10

** Dealing River ** [ Td ]
農虎 shows [5d, 9c ]
Player3 shows [Th, Tc ]
Player3 wins $9.28 USD from main pot

また2アウツ引かれた~ん。
さすがにオールインして95%の勝率をまくられると凹みます。
ただ、ポーカーやってるとこれはもう避けようがない事なので、慣れるしかないですね。
こういうハンドは、プレイ自体は大体上手くできているのでそんなに後に引きずらないようになりました。
ハーフスタックで済んだしね(--;)


たまには踏ん張る土俵際 

2014/02/22 00:14/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
今日も2面で打ってましたが、途中で用事が入り、キリのいいところで早めに切り上げ。
勉強した方が良いんだろうけどライヤーズダイスのヘッズアップアプリを見つけてしまったので、そっちにちょっと気を取られてます(^^;
週末は時間が取れればレンジについて勉強する予定。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 2 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.00 USD ) - VPIP: 17, PFR: 13, 3B: 0, AF: 4.0, Hands: 30
Seat 2: 農虎( $12.07 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 11697
Seat 3: Player3 ( $10.00 USD ) - VPIP: 16, PFR: 9, 3B: 0, AF: 0.8, Hands: 186
Seat 4: Player4 ( $23.99 USD ) - VPIP: 34, PFR: 19, 3B: 0, AF: 4.8, Hands: 73
Seat 5: Player5 ( $15.91 USD ) - VPIP: 18, PFR: 18, 3B: 11, AF: 2.5, Hands: 44
Seat 6: Player6 ( $7.53 USD ) - VPIP: 64, PFR: 23, 3B: 11, AF: 3.3, Hands: 44
Player3 posts small blind [$0.05 USD].
Player4 posts big blind [$0.10 USD].

P6を狙っているテーブル。
できれば隣に座りたいのだが、そういう席はなかなか空かない。
このテーブルでは、僕はかなりタイトに絞っていて、44ハンドでVPIP12%というの状態。
ある程度のリスペクトは得られているだろう。
そろそろ動きだしていく。

10NL6MAX 
農虎BU(120.7bb)
d1 c9

Player5 folds
Player6 folds
Player1 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player3 folds
Player4 calls [$0.20 USD]

スチールはできなかったが、IPでA9oならそれなりに戦えると判断した。

フロップ(pot:6.5bb)
h9 s13 s7
セカンドペア+トップキッカーになった。
このボードと相手なら、ハンドプロテクトとバリューベットの意味でC-betを撃っていくべきだと思う。

Player4 checks
農虎 bets [$0.50 USD]
Player4 calls [$0.50 USD]

それなりにはっきり撃ったがコールされた。
P4のC-betコール率は50%ある。
Kだろうか。ドローだろうか。
こっちにはポジションがあるし、負けているとしても5アウツのドローがある。
まだまだ勝負はこれから。


ターン(pot:16.5bb)
h9 s13 s7  s1
スペードのA!
これはグッドニュースだろうか。それとも・・・。
続けて撃つべきかどうか悩む。
4枚目のスペードは明らかなスケアなのだが、ここで撃ってもこっちが勝っている場合は降りられ、負けている場合のみコールされるような気がする。
それでも、4枚目のスペードを見ない為だけにでも撃つ価値があるのかな。
弱気すぎるだろうか?

Player4 checks
農虎 checks


リバー(pot:16.5bb)
h9 s13 s7 s1   d4
ラグっぽいカードが落ちて、P4からポットサイズのベットが飛んできた。
10NLでは、リバーのビッグベットは大体マジ手だが、今回はさすがに状況が状況だ。
一旦考えてみる必要があるだろう。

まず、P4はプリフロップ3betのデータがないので、フラッシュ以外にAKの可能性もあるが、セットやAKでこんなビッグベットをするだろうか。
こっちのハンドレンジにフラッシュが少ない事は確かだ。AもKも落ちているのだから。
だから、AK、セットでここでのベットはありだとは思う。
ただ、サイズがでかすぎるのがそれ以上に気になるところ。
降りてほしいと言わんばかりだ。

スタッツも気になる。
アグレッションが高く、ショウダウン率が低く(4/22・18%)、その上、ショウダウン勝率が0%。
さらにリバーのAggが90%となっていたが、この数字が何なのか不勉強にして知らない。
あとで調べなきゃ。

まとめると
①フラッシュの可能性はかなり低い(Qxs、Jxs、Txsなどの一部と、98sなどのスーコネぐらい)
②相手のアグレッションが高く、しかもなかなかショウダウンしないタイプ。
③自分の手がそれなりに強い。
④自分のここまでのアクションが、相手には弱々しく見えている可能性が高い。
⑤これはあてにならない要素だが、自分もあまりショウダウン率が高くない(相手がそれを見ているかは知らない)。

ポットベットのコールオッズは2to1(約33%)。
コールして後悔するハンドではないと自信を持てた。



Player4 bets [$1.60 USD]
農虎 calls [$1.60 USD]

Player4 shows [Tc, Jh ]
農虎 shows [9c, Ad ]
農虎 wins $4.63 USD from main pot



うーむ、良く考えたらイージーコールかなあ。
こんなんで悩むってやっぱり普段から降ろされすぎてるのだろか。
それに、ターンはやっぱり撃っておくべきだった。フラッシュは薄いよ、このボードでは。
ダブルベリーバスター相手にフリーカード与えていたとは・・・危ない。


vs ティルトプレーヤー 

2014/02/21 02:15/Fri | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
今日はひたすら手が入らず、ようやくオープンできた手が滑りまくるなど序盤からずるずるマイナス。
つまらない手で参加するくらいなら、ちゃんと基本通りのTAGプレーを身につけたいなと思い、2面に増やしてさらに手を絞りました。
それでもまだ余裕があったので3面まで開いてみましたが、細かいところは見られなくなるものの何とか打てました。
6maxで4面だとちょっと忙しくて危なっかしい気がします。

そのうちの1つのテーブルで元々ルースだったプレーヤーがプリフロオールインを連発するなど、どうやら本格的なティルトに突入したようです。
様子を見てビッグポットを戦うことに。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 4 is the button
Seat 1: 農虎( $12.71 USD ) - VPIP: 22, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 11554
Seat 2: Player2 ( $10.00 USD ) - VPIP: 50, PFR: 50, 3B: 33, AF: 0.0, Hands: 6
Seat 4: Player4 ( $9.95 USD ) - VPIP: 48, PFR: 17, 3B: 17, AF: 2.3, Hands: 142
Seat 5: Player5 ( $10.00 USD ) - VPIP: 22, PFR: 18, 3B: 6, AF: 1.5, Hands: 98
Player5 posts small blind [$0.05 USD].
農虎 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎BB(127.1bb)
d10 s10

Player2 raises [$0.30 USD]
Player4 calls [$0.30 USD]
Player5 folds
農虎 raises [$1.40 USD]
Player2 folds
Player4 calls [$1.20 USD]

P4は絶賛ティルト中。
前の2ハンドはプリフロップでオールインし、連続スチールしている。
3ハンド連続のオールインは、オポーネントのコールレンジも広がるのでそれなりに強い手が必要だろう。
今回はフラットコールに留めたようである。
TTは十分なエクイティがある為、アイソレートとポットを大きくする目的で3betした。


フロップ(pot:33.5bb)
h8 s3 c12
なかなかのフロップだと思う。
88+、AQ、KQならプリフロップで3ハンド連続のオールインをしていてもおかしくない。
負けているとすればQJ、QT、Qxsぐらいだろう。
まだP2のスタックが84.5bbある。
オールインコースを敷く為にちょっと計算し、ハーフポットのC-betを撃つ事にした。
A8みたいな手でオールインが飛んでくる事も十分あり得る相手なので、降りる事は今のところ全く考えていない。

農虎 bets [$1.60 USD]
Player4 calls [$1.60 USD]


ターン(pot:65.5bb)
h8 s3 c12  d6
ティルトしているプレーヤーの考えている事はわからないし、細かくハンドを読む事はあきらめた。
が、フロップと状況が変わった可能性は低く、充分な勝率があると考えている。
エフェクティブスタックが68.5bb、スタックとほぼ同じにすることができた。
リバーのカードはあまり見たくないのでオールインすることにした。
コールしてもらえなくてもそれはそれで悪くない結果だろう。

農虎 bets [$9.61 USD]
Player4 calls [$6.85 USD]
農虎 wins $2.76 USD


リバー(pot:202.5bb)
h8 s3 c12 d6  h4


農虎 shows [Td, Ts ]
Player4 shows [7c, 5s ]
Player4 wins $19.34 USD from main pot

この日最大の損失となったけれど、ここ最近のプレイでは最もうまく打てたハンドじゃないかな。
3年くらいダラダラ打ってほとんど上達しなかった気がするけど、ここ2カ月でちょっと上手くなっているのかも。
もちろんHM2入れたのも大きいんだけど。
結果については受け入れるしかない。


その話には続きがあり 

2014/02/20 02:17/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
狙っていたルースが実はそこそこ上手かったというパターン・後編。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $7.52 USD ) - VPIP: 16, PFR: 12, 3B: 4, AF: 2.0, Hands: 74
Seat 2: Player2 ( $8.40 USD ) - VPIP: 26, PFR: 15, 3B: 6, AF: 1.0, Hands: 34
Seat 3: Player3 ( $14.64 USD ) - VPIP: 20, PFR: 16, 3B: 9, AF: 1.0, Hands: 25
Seat 4: Player4 ( $22.75 USD ) - VPIP: 33, PFR: 27, 3B: 17, AF: 4.0, Hands: 30
Seat 5: Player5 ( $10.00 USD ) - VPIP: 18, PFR: 14, 3B: 18, AF: 1.0, Hands: 28
Seat 6: 農虎( $10.63 USD ) - VPIP: 22, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.4, Hands: 10789
Player2 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎CO(106.3bb)
h6 d6
P4はひとつ前のポストで99セットを作ってフィッシュを平らげたP4。
VPIPは33%と高いが、UTG/HJからはほとんど参加しておらず、逆にブラインドでは60%程度参加している。
オープンは2bbレイズ固定で、よほどポストフロップの腕に自信があるようだ。
確かに目立って下手なプレーヤーではない。
岡目八目と言うが、実際は僕より数段上のプレーヤーなのだろう。

Player4 raises [$0.20 USD]
Player5 folds
農虎 calls [$0.20 USD]
Player1 folds
Player2 folds
Player3 folds

そのP4がUTGからオープンしてきた。
相変わらずのメイク2bbなので、余裕でセットマインできる。
後ろに3betされたら状況的にかなり強いハンドである事が予測できるので66は軽く捨てるつもり。

フロップ(pot:5.5bb)
s12 s6 d8
ボトムセットになった。
QQとぶち当たっているのなら僕はフルスタックを失うことになるだろう。
そうしたら静かにPCの電源を落としてベッドに入るだけだ。
ポジションがあるのでオールインまでの距離を測り、ポットをコントロールさせてもらう。

Player4 bets [$0.30 USD]
農虎 raises [$0.70 USD]
Player4 raises [$1.40 USD]
農虎 calls [$1.00 USD]

十分なサイズのC-Betが飛んできたがこれだけではまだわからない。
小さくレイズを入れて様子を見る。これで降りられるようなハンドが相手ならそれまでだ。
P4はずいぶん考えていたようだが、小さく3betを入れてきた。
これも探りの手だろう。
ちゃんとアクションで会話が成り立っているし、やはり下手なプレーヤーではないと思う。
ここで4betを入れたら、例えAAでもオールインまでのどこかで逃げられてしまうだろう。
僕も時間をいっぱいに使ってフラットコール。
相手の手は最低でもAQ、おそらくはオーバーペアだろう。
僕はボトムセットを持って、フラッシュドローをリプレゼントしたいと考えている。


ターン(pot:33.5bb)
s12 s6 d8  c11

Player4 bets [$2.50 USD]
農虎 calls [$2.50 USD]


リバー(pot:83.5bb)
s12 s6 d8 c11  c5
相手のチェックを見て上セットとぶつかっている可能性は完全に頭から消えた。
ポジションは本当に大事だなぁ。こういうポットで痛感する。

P4は3枚目のスペードが落ちなくて良かったと思ってくれているだろうか?
実は今、心の底からそう思っているのは僕の方なのだが。
ポットは計画通りのサイズになった。僕のスタックが残り62.3bb。
ミスドローがご乱心するのにちょうどいいサイズだろう。
3枚目のスペードを見ることにならなくて本当によかった。
リバーがスペードではオールインにコールしてもらえないのだから。

Player4 checks
農虎 bets [$6.23 USD]
Player4 calls [$6.23 USD]
農虎 shows [6h, 6d ]
農虎 wins $20.45 USD from main pot
Player4 doesn't show [Kd, Kh ]

今日の収支はこれでほぼトントン。
序盤はラッキーが続いたがJJのパッシブミスプレイから流れが変わり、本当にキツイ一日だった。


ダメな時はどうやってもダメ 

2014/02/20 01:44/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
狙っていたルースが実はそこそこ上手いプレーヤーだったというパターン前篇。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 2 is the button
Seat 1: Player1 ( $7.20 USD ) - VPIP: 16, PFR: 12, 3B: 4, AF: 2.0, Hands: 74
Seat 2: Player2 ( $8.40 USD ) - VPIP: 62, PFR: 23, 3B: 0, AF: 0.2, Hands: 13
Seat 3: Player3 ( $14.29 USD ) - VPIP: 20, PFR: 16, 3B: 9, AF: 1.0, Hands: 25
Seat 4: Player4 ( $10.60 USD ) - VPIP: 33, PFR: 27, 3B: 17, AF: 4.0, Hands: 30
Seat 5: Player5 ( $10.29 USD ) - VPIP: 18, PFR: 14, 3B: 18, AF: 1.0, Hands: 28
Seat 6: 農虎 ( $10.78 USD ) - VPIP: 22, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.4, Hands: 10789
Player3 posts small blind [$0.05 USD].
Player4 posts big blind [$0.10 USD].

当然、P2が一番の狙い目。その次にP4も何とかできそうだなと思っていましたが、どうもうまくいかない。
10NL6MAX 
農虎HJ(107.8bb)
s1 c13
ようやくまともなハンドが巡ってきた。
HJからでも当然レイズで開いていけるハンドだ。

Player5 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player1 folds
Player2 calls [$0.30 USD]
Player3 folds
Player4 calls [$0.20 USD]

フィッシュP2がコールしてくれたのは良いが、P4が時間いっぱいまで使ってコールしてきた。
コールするかどうか悩むには時間かけすぎ。
おそらく3betかフラットコールかで悩んでいたのではないだろうか。


フロップ(pot:9.5bb)
d13 h9 c7
TPTKに理想的なドライフロップ。
P2はきっとついてきてくれるだろう、という期待を胸に大きくC-bet。

Player4 checks
Hero bets [$0.70 USD]
Player2 calls [$0.70 USD]
Player4 calls [$0.70 USD]

P4がまたしてもじっくり時間を使ってコール。
2人にコールされた。おかしい・・・


ターン(pot:30.5bb)
d13 h9 c7  d12
このフロップで2人がついてくるって、やっぱりおかしい。
AKvsKQvsAKみたいなことになっている?
そしてKQにはまくられてしまった。
いや、確かにP2のハンドレンジには9や7もあるのだが・・・。
ポットコントロールすることにした。TPTKでこれ以上は突っ込みたくない。
P2はともかく、P4に対してはポジションがあるしリードを手放す事に抵抗はない。


Player4 checks
農虎 checks
Player2 bets [$1.40 USD]
Player4 raises [$4.20 USD]
農虎 folds
Player2 calls [$2.80 USD]


リバー(pot:114.5bb)
d13 h9 c7 d12  h5
P4は99か77だろう。
114.5bbのポットにP2のスタックは残り32bbしかないので、ラグが落ちた以上オールイン必至となる。

Player4 bets [$5.40 USD]
Player2 calls [$3.20 USD]
Player4 wins $2.20 USD
Player4 shows [9d, 9s ]
Player4 wins $17.05 USD from main pot
Player2 doesn't show [Ks, Jc ]


P2はこれにて退席。
狙っていたものがもう少しで掴めるという瞬間に掻っ攫われ、とても悲しいハンドでした。


というわけでちょっとアグレッシブに 

2014/02/20 01:21/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
相手のレンジに対して自分が勝っている可能性が高いと思えるかどうか、にもうちょっと焦点を当てていくべきだと最近感じています。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $7.35 USD ) - VPIP: 16, PFR: 12, 3B: 4, AF: 2.0, Hands: 74
Seat 2: Player2 ( $7.19 USD ) - VPIP: 62, PFR: 23, 3B: 0, AF: 0.2, Hands: 13
Seat 3: Player3 ( $14.84 USD ) - VPIP: 20, PFR: 16, 3B: 9, AF: 1.0, Hands: 25
Seat 4: Player4 ( $10.00 USD ) - VPIP: 33, PFR: 27, 3B: 17, AF: 4.0, Hands: 30
Seat 5: Player5 ( $10.15 USD ) - VPIP: 18, PFR: 14, 3B: 18, AF: 1.0, Hands: 28
Seat 6: 農虎 ( $10.00 USD ) - VPIP: 22, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.4, Hands: 10789
Player2 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎CO(100bb)
s12 h12

SB/P2(コーリングステーション)を狙っているテーブル。
良いハンドが入った。

Player4 folds
Player5 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player1 folds
Player2 calls [$0.25 USD]
Player3 folds

フロップ(pot:7bb)
d2 c9 c7
相手に何かありそうな気はしないが、大きくバリューベットすることだけを考える場面。

Player2 checks 
農虎 bets [$0.50 USD]
Player2 calls [$0.50 USD]


ターン(pot:17bb)
d2 c9 c7  c13
ここでアクションを止めてしまう事が今まで多かったが、相手のVPIPからハンドレンジを考えるとまだまだ勝っている可能性の方が高いと判断。
バリューを取るために2発目を大きく撃つ事に。

Player2 checks
農虎 bets [$1.30 USD]
Player2 calls [$1.30 USD]


リバー(pot:43bb)
d2 c9 c7 c13  c12
一番落ちて欲しくないカードが落ちた。
無駄にセットが完成。 
13ハンドしかサンプルがないが、60%で参加してAF0.2の相手と向き合っているわけで、撃たれたなら降りて良いと思う。
チェックで回ってきたので当然ショウダウン。見たくないけど(><)

Player2 checks
農虎 checks

Player2 shows
s1 c11

Player2 wins $4.11 USD from main pot
農虎 doesn't show [Qs, Qh ]


OOPからこのハンドとこのフロップでコールできるところがすごいな。
次回は、フルスタックいただくよ。

プリフロップ勝率 71%
フロップ勝率 82%
ターン勝率 75%
で、バリューを稼ぎ続けたわけで、特にターンでしっかり打てた事には手ごたえを感じています。


勇気が足りない 

2014/02/20 00:54/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
HM2を使ってハンド履歴をコピペするとポストが楽だという事に今更ながら気づきました。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.87 USD ) - VPIP: 29, PFR: 22, 3B: 10, AF: 1.7, Hands: 94
Seat 2: 農虎 ( $14.13 USD ) - VPIP: 22, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.4, Hands: 10789
Seat 3: Player3 ( $18.07 USD ) - VPIP: 30, PFR: 17, 3B: 13, AF: 1.4, Hands: 30
Seat 4: Player4 ( $10.00 USD ) - VPIP: 24, PFR: 18, 3B: 0, AF: 0.0, Hands: 17
Seat 5: Player5 ( $10.36 USD ) - VPIP: 30, PFR: 30, 3B: 10, AF: 4.0, Hands: 27
Seat 6: Player6 ( $10.42 USD ) - VPIP: 39, PFR: 13, 3B: 10, AF: 5.3, Hands: 70
農虎 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎SB(141.3bb)
h11 d11

Player4 folds
Player5 raises [$0.30 USD]
Player6 folds
Player1 folds
農虎 calls [$0.25 USD]
Player3 raises [$1.00 USD]
Player5 calls [$0.80 USD]
農虎 calls [$0.80 USD]

HJ・PLAYER5はルース目に参加してきていますがUTG/HJからのレイズは20%弱と少なめ。
それでもJJは3betするだけの価値があるでしょう。
迷ったのですがフラットに留めてしまいました。
ここでSB・PLAYER3がスクイーズ。
30ハンドしか見ていませんが3betが多く、スクイーズはこれで2/2です。
1回目のハンドはショウされませんでしたが、非常に怪しい。
HJのコールを見て、自分がベストハンドの可能性が高いなと思いましたが、コール/リレイズして受けられたらその先のリーディングには全く自信がありません。
結局コールすることに。なんかグダグダです(--;)

フロップ(pot:33bb)
d3 h8 h3
誰にも絡んでいなさそうなフロップ。
依然僕が勝っている気がしますが、レイザーまで回します。

農虎 checks
Player3 checks
Player5 bets [$2.10 USD]
農虎 calls [$2.10 USD]
Player3 calls [$2.10 USD]

SB/P3がチェックしたところで、P5が大きめに撃ってきました。
負けているとしたらQQくらいなのだけど・・・
TT、99ならコールで良いのですが、2オーバーで打ってきているのだとしたらレイズして降ろしてしまった方がいいのではないだろうか・・・
時間いっぱいまで使って考えて、結局コール。ピリッとしないなぁもう(><)
絶対に降りると思っていたP3がついてきた。なんか変だ・・・


ターン(pot:96bb)
d3 h8 h3  h4
P3がAhXhなんて事はあるのだろうか?
いかにもライトスクイーズに使いそうなハンドではある。
リーディングも結局ぐちゃぐちゃになってしまった。わけがわからない。
ここでドンクベットなんて撃ったら本当に収集がつかなくなってしまいそう。

農虎 checks
Player3 checks
Player5 checks


リバー(pot:96bb)
d3 h8 h3 h4   h12
負けてるか勝っているかはっきりしたことだけが朗報だ。
僕のJJはもうティッシュペーパーぐらいの価値しかないだろう。
チェック/フォールド一択。

農虎 checks
Player3 bets [$14.87 USD]
Player5 calls [$7.16 USD]
農虎 folds
Player3 wins $7.71 USD

Player3 shows
s8 d8

Player5 shows [Ah, Js ]
h1 s11

Player3 wins $22.84 USD from main pot



サンプルは少ないもののHUDに従っていて間違いはなかったようです。
プリフロップは3betから入って、SB/P5を降ろしておかなければならなかったし、HJ/P3がついて来たとしてもフロップでC-betを撃って降ろせば良かった。
ただ、プリフロップで3betしてもSBは88を捨てられなかったかも知れないし、そうなったら僕の損害はこんなもんじゃ済まなかったはずですけどね。ポーカー難しい。
フロップでチェック/フォールドか、レイズ/フォールドってオプションもあったかも知れない、と考えています。


ソフトティルト 

2014/02/18 00:39/Tue | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
先ほどプレイ中に、いきなりノートパソコンが変な音を出してフリーズしました。
再起動したら普通に動くので、とりあえず無かった事にして再開しましたが、ナッツ持ってオールインをコールする瞬間とかにこういう事があったら泣きますね、きっと。比喩でなく泣きますね。
パソコンには疎いのでちょっと怖いです。

HM2を実装して1万ハンドをプレイしました。
いまだ収支マイナスです。
今日大きく勝ててもうひと頑張りなので、コツコツ行きたいと思います。
できれば今月中にプラ転したい。

一昨日はだいぶやらかしてしまいました。
リトルゴールドブックに書いてあった(多分)のですが、ソフトティルトなる種類のティルトについて読んで、自分、よくソフトティルトってるなって思いました。
原因は些細な事なのでしょうが、突然(或いはじわじわと少しずつ)参加レンジが広がったり、ファンシープレイしていたり・・・。
これがマイナスの主原因なんだよ!
で、今日は、とにかく「集中」をテーマに1面に絞って、打ちました。
大きなプラス収支は運が良かった為ですが、それなりに上手く打てたと思います。
特に相手のレンジに対して3betを上手く使えた事が収穫。

たとえば参加率25%だけどCOとBUからは45%レイズで参加している相手に対して、自分がBBでATsを持っていたとします。
僕の作った40%のスターティングハンドレンジを使うとCO(BU)からのレイズに対してATsは60%の勝率があり、これは20%のハンドレンジに対するAKoの勝率と同じです。
その他の要因と絡めて3betするかしないか考えますが、今まで3betはプレミアムかライトという概念しか持ち合わせていなかったので、ちょっとは利口になれたのかも知れません。
今日はそれで、同じ相手を何度も2オーバーで降ろし、最後はKKの3betにJJで4betさせ、5betオールインをコールさせるまでに至りました。
束の間ではありましたが、テーブルを支配するシャークの気分を味わう事ができ、実に奇妙で新鮮な気分です。
いつもはハイエナだからね。

と、自尊心を満足させたところで恥をさらしに行きます!
テーマはソフトティルトですので、どうなるかは大体わかると思いますが。。。

10NL6MAX 
農虎CO(100bb)
d10 d9
とにかくツカないテーブルで、ちょっとイライラしていた事を認めなければならないのでしょう。
でなければこんな参加の仕方はしていないはず・・・

UTG フォールド
HJ レイズ メイク3bb(32/23/4.8/3bet12.2)145ハンド(102bb)
農虎 コール 3bb
BU フォールド(22/16/2.0/7.1)69ハンド(107.8bb)
SB フォールド(31/20/2.8/1.8)81ハンド(41.5bb)
BB フォールド(37/10/4.6/0)70ハンド(99bb)


フロップ(pot:7.5bb)
s13 c2 d11
ガットショット+バックドア。あると言えばある、ないと言えばない、そんなフロップ。

HJ ベット 5bb
農虎 コール 5bb

HJのフロップC-bet率は63%と極めて普通。
WTSD18%を見てフローティング込みでコール。



ターン(pot:17.5bb)
s13 c2 d11   c12 
ふっ、引いちゃったゼ。
待たせたね。そろそろ死んでもらおうか。

HJ チェック
農虎 ベット 9bb
HJ レイズ 26bb
農虎 コール 26bb

チェックレイズ・・・
チェックレイズ!!
マジか。。。もう一回HJのスタッツを見る。
ターンのチェックレイズ率は・・・どこにあるかわかんない。表示させてないかも。
しょうがないのでVPIPまで戻る。
HJの「HJからの」レイズオープンは・・・23%。

KKもQQもKQもKJもATもAcKcもある。
よりウェットになったところでKK、KJでいきなりチェックレイズするのはおかしいよねー。
おいおい、KQっしょ、これ。


リバー(pot:69.5bb)
s13 c2 d11 c12    h3
ラグだ。よし、勝ってるはずだ。勝ってるはずだが・・・。

HJ ベット 66bb

HJの残りスタック68bbで2bbを残し66bbのベット。何故って?
僕の残りスタックが66bbだからだろうね、きっと。
僕はTd9d、ストレートを持っている。結構強い。

相手のハンドはなんだろう?
AT?
AT・・・・
AT!!


間違いないです。野郎はATを持っています。
こっちのレンジにT9を見てなくてもJJくらいはあってもおかしくないと考えているはずだもの!
AAでもオールインは無理。
KKなら・・・?

しかし・・・145ハンド見ててHJのリバーオールイン一度も見てないんだよ
WTSD18%・W$SD60%のプレーヤーなんだよ。

AT ! !

もういいんだよ。降りちゃえば。
66bb稼ぐのがどんだけ大変だと思ってんだよ。
もっと良い状況が来るだろうよ。
あとはfoldボタンをポチッとするだけだよ。簡単だよ。



・・・ハァハァ



降りろ!降りるんだ、ジョー!!




ぬ・・・ぬおおおお





オレはジョーじゃない!

農虎コール 66bb


相手のハンド
s1 s10


この日はこういう事が3回あって3回目にようやく降りれました。
3回目に降りたところでブラフハンドをショウされてたら、僕のBRの半分くらいは消し飛んでたかも知れない。
考えるだけで恐ろしいです。
ソフトティルト・・・常に意識しておかないとホント怖い。


まじめに検証するとまず真左のレイズオープンに後ろ3人残してスーコネでフラットコール。
ないわー。
それこそ相手のスタッツ見る限り3betで入った方がまだ良いんじゃないか。
降りるのが一番良いと思いますけど。

フロップのコールはまあ別に良いとして。

ターンのベットも別に良いとして。
チェックレイズにコール。
この時点でATは頭にあった事は覚えているのですが、リバーで再考しようとコールしたはず。

そしてリバーのコールが・・・
再考する気ないんじゃん。。。
実はKKなんてほとんど考えなかったのですが、仮にKKやJJだとするとやっぱりターンのチェック/レイズはおかしいんですよね。
色々見えてて怖いし。


ブログに上げとけばしばらくはこんなことしないよね、と期待を込めて晒しました。
笑ってやってください。



鍋に飛び込むしかない鴨の心境 

2014/02/16 01:33/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
Pokerstarsの10NLで1~2面打っていますが、3テーブルも見て回れば大体ルースなプレーヤーが1~2人はいます(^^)見つけるのはコツを掴めば簡単。
他のレギュラーに先に狩られるか運で大きく負けるか、がない限りは良い勝負できていると思うのですが、収支はまだマイナス。
主な原因はティルト(^^;)他にも色々見直してきた部分ありますが。
ここ最近は何とか戻してきているので、もうひと頑張りしたいと思います。

10NL6MAX 
農虎BU(193.1bb)
c11 s11
自分のスタッツを見て一番気にかかるところは、WTSDが30%切っていることなのですが(降り過ぎっぽい)、ルースアグレの攻略が好きなので、おそらくそれが原因かと思われます。
微妙な時は即降り、まず勝っているだろうと思える時だけコールコールで相手に打たせておけば十分プラスなんですよね。
ただ、このスタッツをレギュラーに見られると、ブラフされやすくなるんだろうなってのは気になってます。
そう考えるとOOPから参加するのがどんどんイヤになるという・・・(フロートされるから)。
OOPでのC-betを減らしたり、ディレイドしたりしてバランス取るようにはしてますが、上手い人のプレイ見てコールとチェックレイズの頻度増やせるように勉強しないとなーとも考えています。

さてさて、100ハンド程プレイ中のテーブル。
狙っているのはUTGのルースパッシブ(64/10/2.7/0)VP$IP/PFR/Agg/3bet
どこからでもルースにリンプオープンし、レイズしたのはUTGからKKでリンプリレイズした1回のみ。
レイズオープンに対してはどんなハンドでもフラットコールで参加しており、わかりづらいと言えばわかりづらい。
とは言え参加レンジ60%はクジラすぎるでしょう。
そのレンジに対してエクイティの高いハンド持っている時は、基本に忠実にどんどんレイズしていくのが良いと思われます。

そのUTG(14.0bb)がいつも通りにリンプでオープン。
既に僕を含めた周りの連中に啄ばまれ、スタックわずか14bb。
(オートリバイしていない時点でどうかと思いますが)
BUの僕までフォールドで回ってきたので当然レイズします。
もうオールインしたいぐらいですが、とりあえずメイク4bbにして返すと、BB(103bb/29/24/1.0/0)がコールして、UTGがまさかの14bbオールインリレイズ。
こいつは本当にコールが好きな奴で・・・ってさっきも書いたけどここまでリンプリレイズしてきたのはKKの1回のみ。てゆーかレイズ自体他に1度も見ていないのです。

これは・・・・。


突然シビアな状況に放り込まれました。
後ろにはまだBBが控えています。
UTGのレンジはもうかなり狭い。だってリンプ/コールが死ぬほど好きな奴だから・・・
まずAA、KK、QQ。AKは入っているかどうか微妙。
TT、AQは絶対コールのレンジに入っている。
AKも入っていると仮定しても、そのレンジに対して僕のJJは勝率約36%。
あるかどうかわからないAKとは互角で、それ以外には18.5%のアンダードッグ。
とは言え、ポット22.5bbに対してコール要求額10bbだから2.25to1(31%)で、さらには対UTGのリバースインプライドオッズも考える必要が無い。
降りる事はもうできないわー。

この辺でタイムアラート。
BBのQQ+はないと思うので、JJは相手のレンジに対して断然有利。
ここでレイズ入れたら降りられるのは間違いないので、とりあえずコールしてフロップ見て考える!


UTG コール 1bb
農虎 レイズ メイク4bb
BB コール 4bb
UTG レイズ 14bb(ALL-in)
農虎 コール 14bb
BB フォールド

UTGのハンド
d12 c12
特に何も起こらず負けました。
どうせいっちゅーねん。









色々できるようになりました 

2014/02/16 00:25/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
ティルトして500ハンドで溶かしたBRをその後4500ハンドかけて半分取り戻しました。
いやー、きついす。
HM2を少しずつ活用できるようになり、ポストモーテムにもちょっとデータが取り入れられそうです。

10NL6MAX 
農虎UTG(135.7bb)
s8 s7
100ハンド程プレイしているテーブル。
UTGからの参加をほとんどしておらず、バランシングの為にスーコネで3bbにオープン。
最近は少しVP$IPをタイト目に下げて、2.5bbではなく3bbでオープンするようにしています。
スチール成功率はおそらく変わらないでしょうが、ポットを大きくするのが楽になります。
タイトに絞るということは強いハンドで参加する事が多くなるという事なので、こっちの方がメリット大きいかな、と。

BU(106.8bb)とBB(153.2bb)がコール。
BUは400ハンド程のデータがあるTAGレギュラー。(VP$IP25/PFR18/Agg2.7/3bet9.4)
BBは100ハンド程のデータがある初見のルースアグレ。(37/25/3.9/5.6)

BUはこちらのデータ持っているはずなんで、僕がモンスターハンドを持っている可能性も考えているはずです。
IPからのフラットコールはそれなりに強いハンドか、はたまたクラック狙いか、セットマインか。


フロップ(pot:9.5bb)
d1 c1 h2
非常につまらないフロップになりました。
BUがポケットペアなら、C-betを撃っても一回はコールするでしょうし、AQ、AJsあたりを持っている可能性もありますので、2発目を撃つのは相当厳しい。
BBがAxである可能性もそれなりにありそうです。

BB チェック
農虎 チェック
BU チェック


ターン(pot:9.5bb)
d1 c1 h2  h7
フロップでは誰も動かず。
とは言え、BBはレイザーまでチェックバックしただけですし、BUがスローしている可能性もあります。
僕からはちょっと動けないかな―。

BB チェック
農虎 チェック
BU チェック


リバー(pot:9.5bb)
d1 c1 h2  h7  d7
ラッキーリバー。
Aのトリプスがターンで2枚目のハートを見てまだスローするでしょうか?人によるかな。
しかし、ポットも大きくしたくなるでしょうし・・・よし、勝っていると考えることにしよう。

BB ベット 3BB
農虎 コール 3BB
BU コール 3BB

BBのハンド
c13 d11

BUのハンド
d12 h12


リバーはレイズしてコールされた場合ほとんど負けてますし、BUを降ろしてしまうことにもなるのでコールに留めました。
BUはよく見かけるドイツ人のレギュラーなのですが、3BET%9.4あるのに今回プリフロ3betしなかったのは、こっちのハンドがAA・KK・AKあたりかもと考えたからでしょうか。
QQで4betされて降りるのもコールするのも嫌だし、それならIPでフラットコールしてポストフロップの技量で何とかしよう・・・とかそんな感じですかね。
完全に格下扱いされてますが、まあ仕方ない。
ですが相手の立場で考えてみるとやはり3betしておくべきでしたね。

ちなみに僕のスタッツは8900ハンド程で22/17/2.5/4.7でABCプレーヤー(余計なお世話!)だそうです。
基本的にはっきりフィッシュ認定できるプレーヤーがいないテーブルではプレイしないので、PFRはこれ以上上がりそうもないです。
そのフィッシュを狩るのにどうしてもインプライドを見た「つけ狙いコール」が増えるので・・・。
上記のドイツ人TAGと比較すると多分プリフロ3betが少ないってことなんでしょうけども、これもあんまり増やしたくないんだよなー。
特定のプレーヤーを嵌めることばかり考えているからなのか、一定数の3betを撃つ必要性を特に感じないのですよね。。。
BUから50%レイズオープンしてくるようなプレーヤーが右に座ってれば、ブラインドからライト3betくらいはしますが、あとは分散が大きくなりそうだし、ぶっちゃけ怖いので(^^;)
まあ、スキルと収支が伸びさえすればスタッツなんかは正直どうでもいいですけどね。


フロップナッツフラッシュ 

2014/02/15 02:27/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
またしてもヒドイ大雪。もう勘弁してほしいわ(><)
ポーカーも調子悪いです。
HUD入れてから色々試したりデータの意味取り違えたりしてたのが災いしてマイナスに落ち込んでしまいました。
復調してきてはいるのでコツコツ頑張ろうと思います。


10NL6MAX 
農虎UTG(141.2bb)
c1 c2
しばらくタイトに打っていたテーブル。
UTGからのアクションが全くなかったので、バランシングの為にAc2cで参加することに。
2.5bbに開くとCO(78.5bb)とBU(118.9bb)にコールされました。
HM2でハンドマーキングしておけばスタッツもわかったんですけど、この時はその機能を知らなくて、今更探すのがめんどいので次回から表記しようと思います。
COはルースなパッシブ。BUはほとんどノーデータだったと思います。


フロップ(pot:10.5bb)
c7 c5 c11
ナッツフラッシュが完成しました。
リードしていくべきか、スローすべきか・・・。
UTGからの久々のアクションということもあって、リードすると即降りされる気がした為今回はスローに回ることに。

農虎 チェック
CO ベット 3bb
BU コール 3bb
農虎 コール 3bb

COが小さく撃ってきました。
トップペア以上あるならプロテクトの為にもう少し大きく撃っても良さそうなところですが。
Kc、Qc辺りを持っていて4枚目のクラブを追っているのではないかと予測。
BUのフラットコールの方が逆に強そうに見えます。
僕のチェック/コールはかなり怪しく見えているかも知れません。


ターン(pot:19.5bb)
c7 c5 c11  c8
4枚目のクラブが落ちてきました。
COがポットを大きくしてくれそうなので、まだスローします。

農虎 チェック
CO ベット 5bb
BU コール 5bb
農虎 コール 5bb

うーん、なんか変だ。
COのベットが未だ小さいのは、自分がベストハンドだと思って降りられないようバリューベットしているのか、それとも僕の予測が大きく外れていて4枚目のクラブがスケアだったのか。
BUは単に降りられなくなっているだけでしょうか?にしても最低でもAJ、KJくらいはありそう。
てゆーかセットなんじゃないか?
とは言えまだこちらがナッツです。
リバーでボードペアが落ちなければドンクして、COがレイズしてくればKハイフラッシュ確定でオールインする予定。
恐らく降りられることはないでしょう。


リバー(pot:34.5bb)
c7 c5 c11  c8  s8
ボードペア。
BUのセットフルが気にかかります。
今までのアクションにも合点がいく。
予定変更してチェック/コールすることに。

農虎 チェック
CO チェック
BU ベット 31bb
農虎 フォールド
CO コール 31bb

僕は一度もベットしてませんが、COはここまでリードを離さなかった。
それに対してのBUポットベットを見て、フルハウスを確信しました。
正気じゃないと思われるかも知れませんが、全く考えることなく即降り。
フラッシュが見えている相手(しかも2人がアクティブ)にセットフルハウスをリプレゼントしてブラフするようなプレーヤーは10NLにはいない(いたとしても既にパッシブコーラー達に駆逐されている)わけで・・・。


COのハンド
c13 c6

BUのハンド
s7 h7 


うーん。。。
リバーは我ながらナイス判断だったと思いますが、全体通して考えた時には評価の難しい1局でした。

フロップ、ターンとリードしていっても2人ともついてきたであろう事は間違いないと思います。
ターンではCOがレイズしてくれたかも知れませんが、パッシブなプレーヤーだったので果たしてどうだろう?

ターンのチェック/コールをチェック/レイズにしていたらどうだったかは気になります。
COが3betしてくれたらBUはセットを降りたでしょうか?
BUがコールしてもしなくても僕は4betオールイン一択です。
オッズを考えてみよう。

ターンpot 19.5bb
農虎 チェック
CO ベット 5bb
BU コール 5bb
農虎 レイズ メイク15bb
CO レイズ メイク67.5bb(All-in)
BU  ?

BUのスタックは107.9bb。
後ろの僕が118.2bb持っています。
BUの視点で考えると、少なくともCOはフラッシュを持っている事を想定してアクションするでしょう。

対CO エフェクティブスタック 78.5bb pot107bb
コールに必要な額 52.5bb
約2to1のポットオッズです。
リバーでボードペアが落ちれば勝つので10アウツ。3.6to1。

さらに僕がオールインした場合、上に40.4bb乗せられる事になるので、そこまで想定してからアクションを決めるのであれば・・・
118.9bb(農虎のエフェクティブスタック)+78.5bb(COのエフェクティブスタック)+11bb(BUがポットに入れている)+1.5bb(ブラインド)=pot209.9に対して、コールに必要な額は、52.5bb+40.4bb=92.9bb。
ポットオッズは約2.26to1。

と言うわけでターンでオールインしていたらどうなってもこっちのミスにはならなかったので、ベストプレイを追求するのならコレでしょうか。
しかし、COがルースパッシブだという情報を加味すると、ターンのチェック/レイズはフラットコールされていた可能性が高い。
そうなるとBUとしてもインプライドオッズを考慮してコールし、リバーでポットベット、後は同じ結果に。。。
100回やって100回とも3人オールインに持ち込めるなら100回ともそうすべきですが、こんな状況100回も来ないんだよう。
それならリバーでまだナッツなのを確認できた場合のみCOだけでも飛ばす(BUはさすがに降りると思う)方が分散は少なくて済むのですよね。
数学的に正しくなくてもその後の精神的影響とかもコミで考えると、僕にはこっちのが向いてるかな(^^;)
BUのスタックがもっと小さかったら話はまた変わってくるんでしょうけども。

ともあれ、このハンドで一番の収穫は「何故リバーで即降りできたのか」に気づいた事です。
ポットコントロールの為にチェックしたので、ポットベットにコールもアリかも知れません。
似たような状況でオッズコールすることもありますし、確実に負けていると思いつつも悩んでコールしてしまうこともあります。
今回のケースでは、読みにも自信がありましたし、後ろにCOが控えているのでさらにポットを大きくされる可能性もあったわけですが、それよりも僕が即降りできた最大の理由は「COはまず降りないだろう」と思っていた事にあると気付いたわけです。
つまりこれは、相手のハンドが確認できさえすれば、僕は自分の読みを信じてアクションできるという事なんです。
悩んで悩んで負けてると思いつつコールしているのは、要するに単なる確認コールなんですね。今更ですが。
ポットは取れませんでしたが、このハンドの検証は上達の一歩につながるんじゃないかなーと思っています。





基礎の習得 

2014/02/11 03:37/Tue | ホールデム | CM(0) | TB(0)
ひどい雪でブリッジ会にまたしても参加できず(><)
来月こそは参加しないとどんどん忘れてしまうよー

ホールデムマネージャーですが、まだ詳しく調べてはいないもののそれなりに使えて楽しいです。
エクイラボもダウンロードしたので、これでじっくり打っていこうかと。
HUD実装して将来はレートを上げるだけでなく、面数を増やすという選択肢も増えたので、その為にも基礎中の基礎であるタイトアグレッシブなスタイルをちゃんと身につけておこうかな、と考えるようになりました。
今まではスターティングハンドとかも適当だったし。。。

そんなわけで、スターティングハンドを練り直してみたのですが、面白い事に気がつきました。

【命題】6MAXのUTGからAToを参加するかどうか。

今まではかなりルースに打っていたので余裕のレイズインでしたが、あんまり期待できるポジションとハンドではない、という事にはうすうす気づいておりました。
かといってものすごく弱いわけでもない。

ちょっと計算してみました。
AToがヘッズアップで勝率50%を切るハンドを考えてみると、すぐに思い浮かぶのは22+、AJ+。
UTGでオープンした時に、これらのハンドにぶつかる確率はと言いますと

まず、13種のポケットの出現確率が13(6/1326)=5.9%
そしてAJ+の出現確率が3(16/1326)=3.6%
足して9.5%。
なので、逆に出現しない確率が90.5%とわかります。
後ろに5人いるので0.95の5乗で出現しない確率が60.7%となり、これがUTGのATがベストハンドであるおおまかな確率だと思います。
まあ、ギャップコンセプトがあるのでタイトなレギュラーにコールされた時はほぼ勝率5割切ってるんですけどね。
これがA9だと56.8%にまで下がります。

このざっくりした計算でベストハンドである可能性が66.6%を超える場合、そのハンドはスターティングハンドに組み込むべきだと僕は思います。
ブラインドにある1.5bbをスチールするのに3bbレイズした場合、成功率66.6%欲しいからです。
言い換えると、ベストハンドである確率が66.6%のハンドで3bbオープンし、それを後ろのプレーヤーがなんとなくわかっている場合、彼らが素直にハンドの勝率に沿ってアクションしたとすると最低でも66.6%の確率で全員が降りて、1.5bbをレーキも引かれることなく手にできます。
なかなかの投資ではないでしょうか。考え方おかしいかな?

もちろん隣に超ルースなプレーヤーがいて、後ろもどんどんオッズコールしてくるというような状況だったり、逆に後ろ全員超タイトでエニハンでスチールできるという事なら話は別なんですが・・・
スターティングハンドってそういう状況がはっきりしない時や仕切り直したい時にこそ有用なものだと思いますので。。。

この計算でAJを見ると、64.8%、AQは、69.2%になります。
ミドルペア以下はスペキュレイティヴな意味合いで参加しているのでこの計算は適用外ですね。
ちなみにKK(AA以外にはフェイバリット)がUTGでベストハンドである可能性は
AA(0.45%)が後ろにいなければいいので、97.8%の確率でベストハンドです(^^)。つよーい。
まあこないだブラインドヘッズでレイズ合戦になって、SBからKKでオールインしたら相手AAでしたけどね。

この方法で各ポジションのスターティングハンドチャート作ってみようかな。
良い勉強になりそうではあります。
ただ、ブラインドヘッズはすごく難しい。
単純にヘッズ勝率50%以上のハンドで参加すれば良いかと言うとそんなことはなく・・・。
見えていないカードは「同様に確からしい」として扱わないと確率計算できないんですが、実際前4人が全員フォールドしてて、残ったカードにAと2が入っている確率がそれぞれ等しく同じと言えるかと言われれば言えないでしょう。
根拠がないだけで前4人がスモールを多く捨てた可能性の方が高いと考えるのが自然なんです。
だからヘッズアップテーブルとブラインドヘッズの参加ハンドは確実に違ってくると思いますが、これはどうやっても計算不可能なので考えるのは止めます。
もう一点難しいのがブラインドヘッズに多く参加するとややこしい局面がすごく増えることですね。

今のところブラインド・ディフェンスはHUDで相手のポジション別レイズ率見て、自分のハンドと相手のレンジの対戦評価をエクイラボにかけて、参加するかどうか決めています。
この時も勝率66.6%あったら3倍にリレイズです。
この辺りの数値が感覚的に大体暗記できれば面数を増やしていけると思います!

がんばるぞー







今頃になって 

2014/02/06 00:29/Thu | ホールデム | CM(0) | TB(0)
うう~、寒い!
ここのところ冷えますね。
頭を使う分には良いんですが、外に出て行くのが億劫になります。

ちょっと本を読んで勉強しよう、と言う事で買っていて読んでいなかった

フィル・ゴードンのデジタルポーカー ──HUD(統計ツール)でここまで勝てる (カジノブックシリーズ)フィル・ゴードンのデジタルポーカー ──HUD(統計ツール)でここまで勝てる (カジノブックシリーズ)
(2013/06/15)
フィル・ゴードン

アグレッシブポーカー トーナメントを制覇しろ (カジノブックシリーズ)アグレッシブポーカー トーナメントを制覇しろ (カジノブックシリーズ)
(2013/01/19)
リー・ネルソン、タイセン・ストライブ

商品詳細を見る
et="_blank">商品詳細を見る

この辺りを読み始めました。
アグレッシブポーカーはトナメ本という事でちょっと読んで積んでいたわけですが
勉強になることが書いてあることは間違いないと思いますので、これから読みなおそうと思ってます。
リトルゴールドの方は、オマハのページ以外一通り読みましたが
これもまたおもしろい本でした。
今まで独学でやってきたこと、考えていたこともあながち大きく間違っていたわけではなかったかなと
少し自信が持てるようにました。
ただ、痛感したのはやはりHUDの必要性ですね。
勝つ負けるはともかく、自分が成長する為にやはり欠かせないと感じました。
ハマっても滑っても読んでも外しても、根拠が強いと検証も活きます。
BR推移やプレイハンドの管理も楽になりますし。

というわけでついにHM2実装しちゃいました。
昨日、今日とZOOMを止めて10NLの6MAXで打ちながら色々確認したり試したり・・・・
うーん、これはもう全然別のゲームになりますね。
フィッシュを探すのと仕留めるプランを練るのは今までも苦心して自分なりの方法を身に付けたつもりでいましたが、とりあえず情報の蓄積が記憶頼りの時とでは段違い(そりゃそうだ)。
多面打ちする人の考えがようやく理解できました。
これなら、今の僕でも3面くらい開いてTAGスタイルで打ってプラスにできそう。

今のところVPIP/PFR/AF/3bet% に
フロップCbet率とフロップCbetフォールド率、3betフォールド率を表示させて
ハンド捨てて時間あるときに、各ポジション毎のVPIP見たりショウダウン率見たりして
実際のオポーネントのムーヴと比較したりしてます。

あと、3betポットでのフロップCbetフォールド率ってのも設定したのになぜか上手く表示されない(><)
何か間違っているのかな~。
そんな感じのことが色々あるので、当分はリング1面で様子見ようと思います。


マルチウェイでのフロップ2ペア その2 

2014/02/02 22:20/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
もうひとつ、マルチウェイポットでフロップで2ペアになったハンドがありました。
まあそんなに難しいことにはならなかったので良かったのですが・・・

10NL6MAX ZOOM
農虎SB(100bb)
s10 s8
UTG(73.3bb)が3bbで開き、HJ(33.1bb)、BU(104.5bb)がコールし、僕のアクション。
コールオッズは約23.8%。T8sなら十分でしょう。
もしBBが大きく3bet入れたら明らかにビッグハンドなので、前に何人コールするか見てから降りるかクラック狙いに行くか決めればいい。
イージーコールです。


フロップ(pot:13bb)
d8 d10 s1
ボトム2ペアが入りました。
2ペアはとにかく発展性がないところが一番のポイント。
運良くフルハウスになっても上セットには結局負けちゃうし。
というわけで、フロップで何とかカタをつけるか最悪でもヘッズに持ち込みたいところ。
レイザーまではチェックでまわして、ベットに大きくレイズで良いでしょう。

農虎 チェック
UTG ベット 6bb
HJ コール 6bb
BU レイズ メイク19bb
農虎 フォールド
UTG レイズ メイク38bb 
HJ フォールド
BU レイズ メイク76bb
HJ コール 70.3bb(All-in) BUに5.7bbを返還

ボード(pot:159.6bb)
d8 d10 s1 h6 d6

UTGのハンド
h1 d1
 
BUのハンド
c1 c8


BBがプリフロップで降りてくれた為、レイザーのすぐ右のポジションになれたので楽にプレイできました。
逆にレイザーのすぐ左のHJは僕より6bb多く失ってしまいました。
僕がHJに居たらもっと多く失っていたはずなので、相対的なポジションが重要だとよくわかるサンプルだと思います。

フォールドの決定はとても簡単でした。
まずUTGのCbetにブラフはないでしょう、4ウェイですから。
するとどんなに弱くてもAK、AQ、それからAT、セット、さらにドローがついたハンド(AdKdなど)も考えられます。
これに対してHJがコールしているその後ろから、レイズを入れたBUは、少なくとTPTKもよりは強いハンドと考えるのが自然ではないかと。
超アグレッシブなプレーヤーがフラッシュドローでオールイン覚悟のセミブラフをしたという可能性もなくはないですが、僕にとって最大限都合よく考えてもAJvsAdXdというのが最良。
残念ながらどちらかの手にはセットか上2ペアが入っており、ほとんどドローイングデッドみたいな状況になっていると考えるのが普通でしょう。

マルチウェイではフロップ2ペアの扱いは難しいですが、今回の様に支出が少なければ問題ありません。
相対的なポジションについてもこれから良く考えてプレイしていきたいと思います。


良いプレイのできたポストフロップ 

2014/02/02 21:30/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
またしてもフロップでストレートを引き当てたのですが・・・

10NL6MAX ZOOM
農虎CO(106.9bb)
s6 s2
HJまでフォールド。
ハンドは62s。なかなか強そうなハンドじゃないか。スチールしよう。
BB(185.7bb)にあっさりコールされ、スチール失敗。なーに、こっちにはポジションがあるさ。
さて、フロップは?

フロップ(pot:5.5bb)
d3 h5 d4
またフロップストレート・・・。すでに嫌な予感がしている(笑
ナッツではないですがBBのコールレンジに76が入っている事は考えにくい。
勝っていると考えるのが自然でしょう、今のところ。


BB チェック
農虎 ベット 5bb
BB コール 5bb

元々スチールハンドなので、コールされた時点で7割諦めていたハンドです。
さっさと終わらせちゃえばいいや、とポットサイズでベット。
なんとコールされる。


ターン(pot:15.5bb)
d3 h5 d4  s11
相手のハンドはなんでしょう?
このボードではCbetにリスペクトは得られないと思いますので、ドロー、オーバーペア、2オーバー、セット、なんでもありそうです。
もう1発ポットベットすればついて来れるハンドは、かなり絞られることでしょう。

BB チェック
農虎 ベット 15bb
BB コール 15bb

あっさりコールされました。

リバー(pot:45.5bb)
d3 h5 d4  s11  d6
ふーん、そうなんだー>6d
いいさ、こっちにはポジションがある。

BB チェック
農虎 チェック

相手のハンド
d1 d8
見返してみたけど僕のプレイに特にミスはないようで良かったです、ぐらいしか言えない。
まあしゃーない、次行こ、次。


フィッシュプレー 

2014/02/02 12:16/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
一週間前のハンドですが、わけのわからんミスをしてしまいました。

10NL6MAX ZOOM
農虎BB(166.2bb)
c1 c13
HJ(174.2bb)が3bbでレイズオープン。
CO(83bb)とSB(61.4bb)がコールし、僕のアクション。
AKは3betもフラットコールもありそうだけれども、今回はコールすることに。


フロップ(pot:12bb)
s4 d10 d12
2オーバー+ガットショットがつきました。特に考える事もなくレイザーまでチェック。

SB チェック
農虎 チェック
HJ チェック
CO チェック

レイザー(HJ)のチェックにCOもチェック。
フリーカード1枚は有難いです。


ターン(pot:12bb)
s4 d10 d12  d2
3枚目のダイヤ。
ここでリードするとQ持ちぐらいは主張できると思いますが、ドローや運が悪ければフラッシュがついてきたりブラフされたりもしそうなので、こっちからは動かない事にしました。
諦めるか誰かの動きに合わせてブラフに転ずるか思案中。 

SB チェック
農虎 チェック
HJ ベット 5bb
CO フォールド
SB フォールド
農虎 コール 5bb

SBと僕(BB)のアクションを見て、HJがディレイドCbet。
4ウェイでそれなりにウェットなボード、手が入ってればこんなアクションにはなりそうもないのですが。
CO、SBはクイックフォールドで、ここでお仕事するのは僕の役目っぽいです。
HJのフラッシュはまあないでしょう。
トップペア以上のヒットもないはず。
フロップCbetも撃たず、ターンのベットもやや小さい(マルチウェイだしドローのオッズが合いやすい)。
あるとすればAd持ちのドローか良くてTヒット、てなところではないかと思い、降りてあげない事にしました。

さて、レイズか、コールか。
ここでレイズしても主張できるのはフラッシュのスローぐらいですが、HJがAd持ちと読んでのブラフにこのアクションは筋が通らない。
相手が信じるとも思えないので、ポットを大きくするぐらいの意味しかないでしょう。
ポットを大きくした方がリバーでのブラフはしやすいのか、それとも・・・。

少し考え、こちらのハンドを絞らせない意味でジャストコールを選択しました。
こっちはBBからかなり広いレンジでオッズコールできる状況で参加してるんだもんねー。
そこらへんをよーく考えて、せいぜい悩んでくれたまえ。



リバー(pot:22bb)
s4 d10 d12  d2  c8
4枚目のダイヤ落ちず。
予定通りブラフだ!
どうせAハイなんだから大きく撃てばコールできまい。
疑わしいと思ってもTヒット程度でこのボードでは悩むじゃろ、ひひひ。

農虎 ベット17bb
HJ コール17bb

相手のハンド
d1 h8
ハンド履歴見直すまで、「うわー、ラッキーリバー引かれたよ。ツイてねえ~」とか思っていた自分が恥ずかしいです(^^;
相手Aハイなら、僕、勝ってますからね。
勝っている相手にブラフって一体・・・?

ブラフする意味でリバーでベットしたなら、Aハイ(僕が勝っている)には降りられて、リバー2ペア、ストレート、フラッシュなど(僕が負けている)にはコールされる典型的なウェイアヘッド・ウェイビハインド。
Tヒットという狭いレンジに対してしか働いていない上、相手Tヒットだったらコールされてたぽいですしね。

いや、これはどこでおかしくなってるかと言うと、ブラフしてポット取ろうって考えたところから自分がAK持っている事は頭から飛んじゃってるんですね。
ブラフの計画立て始めると自分のハンド見なくなるからこういう事が起きるんだな・・・
っていやいやいや、その前にブラフするかどうか、もうちょっと適切に状況判断しようよって事ですよね。
AKにはまだショウダウンバリューあるんだよ~(何故そう思わなかったのかが一番の不思議)。

このミスも、相手にリバーヒットがなければ、気づかずにそのままスルーされていた可能性大です。
気をつけよう。


コールかフォールドか 

2014/02/02 02:26/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
相手の手が読める人ほど的確にレイダウンし、読めない人ほどバッドコールし、その差がきっちり収支に反映されるのがマイクロステークスなのかも知れません。

10NL6MAX ZOOM
農虎BB(106.5bb)
d7 s6
UTG(112.8bb)がリンプオープン。BU(49bb)がオーバーリンプ。他全員フォールドで僕のアクション。
ここでスチール目的でレイズしてUTGに3betなんてされたら罠AAですかね。
フロップ見て小さいポットを戦うのが良さそうです。オプションチェック。


フロップ(pot:3.5bb)
c3 c5 d4
ナッツストレートだー!!!
UTG、BUのどっちかがA2だったりすると大変面白いことになりそうです(^^)

農虎 チェック
UTG ベット 3bb
BU フォールド
農虎 レイズ メイク9bb
UTG コール 9bb

オプションチェックで参加しているので、リードすれば2ペア、セット、ストレートも相手の頭に浮かびそうです。
一旦、様子を見るためにチェック。
UTGがベットし、BUが降りてヘッズアップ。
77+くらいあるかな?
さもなくばA5?
A6もあるかも。
フラッシュドローはリンパーのハンドレンジにしっかり入っていますし、オッズを外す&バリューを取る意味で3倍にレイズ。


ターン(pot:21.5bb)
c3 c5 d4   s2
Axにもダム・ストレートがついた。
もし相手がA6ならオールインまでいけそうです。わくわく。

農虎 ベット 16bb
UTG コール 16bb

フロップと状況は変わらず。
ポットを大きく&オッズを外すためにベット。


リバー(pot:53.5bb)
c3 c5 d4   s2  s3
そうですか。そうなりますか・・・。

とてもとてもとても嫌な予感がする。
A持ちならターンでレイズあるよ、多くのパターンで。
ターンでフラットコールされた時、「セット濃厚」の文字が頭をよぎったことをここに告白いたします。

農虎 チェック
UTG ベット 38bb
農虎 コール 38bb

相手のハンド
h5 d5
ずいぶん悩んだけど結局降りられなかった。
ターンに2が落ちた事で、向こうのリーディングにストレートはしっかり入った事でしょう。
降りられないことを見越して大きくベットされ、見事にハマってしまいました(><)
ターンが2じゃなきゃもちっとリバーのベットが小さかったかも・・・

いやいやいや、そんな考え方じゃダメなんだ。
ターンの2は僕のラッキーカードでもある。
なぜなら、このカードで相手はターンでレイズできず、コールに留めた(レイズして欲しかったわけですが)。
ここから、僕の76は見えてなくてもA3、A4、A5、全ての6持ちとA2は想像できている事が読み取れる。
こっちに高確率でストレートがある、と相手が読んでるのに、その相手がインポジからベットってブラフ(ストレートに勝てない手)のわけないじゃないの、とほほ。

逆に相手がA5、A6、A7だったとしたらリバーで撃つ意味はほとんどない事になります。
僕がコールして勝つ(乃至チョップになる)のは相手が自分の手だけ見てプレイしているレベルの人の場合のみ。
ここに期待してコールしちゃった、と言うかコールする理由を探してきたって感じですかね(--;)

相手がこっちをどう見ているか考えてなかった証拠ですね。
フロップナッツに舞い上がり、相手のハンドが何かもちゃんと考えられていなかった。
これでは上で勝つなんて夢のまた夢じゃのー。

ところで、リバーで降りていれば正当なオッズは与えていないよね・・・?
ターンのコール(ポット)オッズは、約2.34to1。
リバーでの相手のアウツは10枚(3335444222)あるので3.6to1。合ってない。
フロップのコール(ポット)オッズは、約2.58to1。
ターンでの相手のアウツは7枚(3335444)あるので約5.7to1。全然合ってない。

リバーでチェックフォルドしてればミスはなかったようです。
冷静になってみればちゃんと降りられるシチュエーション。
これくらいはイージーフォールドできるようにならないとなー。




ドローチェイス 

2014/02/02 01:31/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
友人のライブパーティーに行ってきたのですが、その為ちょっと興奮状態ですぐにZOOMなんか入ろうものなら撃ち過ぎてしまいそう。
そんな日はおとなしく寝てしまえばいいのでしょうが、やっぱりちょっと打っておきたい。
1つ検証して頭を落ちつけてから入ろうかな。

10NL6MAX ZOOM
農虎CO(182.6bb)
c12 c2
UTG、HJがフォールド。たまにはスチールすることにしました。2.5bbにレイズ。
BU(105.4bb)とSB(82.7bb)がコールして、BBフォールド。


フロップ(pot:8.5bb)
c11 d8 c13
SB チェック
農虎 ベット 6bb
BU レイズ メイク12bb
SB フォールド

フラッシュドローがつきました。Acの在り処が気になるところ。
何もなければ諦めても良いと思っていましたが、やる気を出すことにしました。
80%ほどのCbetを入れたところ、BUにミニマムレイズされ、SBが降りてヘッズアップに。
このボードでこのサイズのレイズは、既にそれなりの手が入っていてコールしてもらいたいという意味だと解釈しました。
つまりAc持ちは薄い。
(AcKxもありますがそれならプリフロップで3betしている可能性の方がやや高いかと)
ポットオッズ約4.5to1くらいあるので余裕のコールです。


ターン(pot:32.5bb)
c11 d8 c13  s2
引けなかったぁ。
ポットが大きくなっているのでここからはちょっとツライ(インプライドオッズを合わせるのが、という意味です)。

農虎 チェック
BU ベット 20.1bb
農虎 コール 20.1bb

BUの残りスタックが65bb位あり、僕はそれをカバーしています。
相手のハンドが強そうなので(88、JJ、KJ、K8、AK?、KK?)引ければある程度のサイズでドンクベットしてもコールはしてもらえるかな?
ちゃんと計算する時間はなくコール。
 

リバー(pot:72.6bb)
c11 d8 c13  s2  d12
しゃーない(><)。
無駄に2ペアついたけど状況は変わっていないでしょう。チェック/フォールドを選択。

農虎 チェック
BU チェック

相手のハンド
d13 d11
良いハンド持ってますなっ。

さてターンのコールは正しかったのでしょうか。
フラッシュドロー(9アウツ)のコールオッズはジャスト4to1のはず。
ターンのポットオッズは約2.62to1。
1.38足りないので引いたときは追加で27.8bb程必要。
リバーのポットが70bb強なので4割程度ドンクし、コールさせなければならないことになります。
(チェック/コールを狙っても相手はウェイアヘッド/ウェイビハインドなので撃ってこない)

んー、どうなんでしょう。
相手のベットは、こちらのドローを読んだ上で、降ろさせないように且つオッズを外すように撃っていたと見ることもできそうです。
リバーのチェックバックはKQを警戒してのものだろうし、合理的な判断のできるプレーヤーなのだと思います。
クラブ落ちてドンクは降りられちゃうかもな~。
また、相手のハンドレンジからAcKxも消し切れていないので、その場合のリバースインプライドオッズも計算すべきでしょうし、相手がセットであるなら(事実88のラインが一番濃厚と見ていた)8cと2cは純粋なアウツとは言えないわけで・・・。

現状ターンのコールはミスだったと思っています。







マルチウェイフロップの2ペア 

2014/02/01 03:07/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
マルチウェイでフロップ2ペアを引くと、そのまま小さいポットを取るか大きいポットを負けるかのどちらかになってしまうことがほとんど。
フロップ2ペア・・・。喜ばしいはずなのですがねー。

10NL6MAX ZOOM
農虎BB(119.4bb)
c1 c5
UTG(44.5bb)が3bbにレイズで開き、HJ(82bb)がフラットコール。
SBまでオールフォールドで僕のアクション。
どちらかにドミネイトされている可能性が高く、降りても良いでしょうが今回は参加してみる事にしました。


フロップ(pot:9.5bb)
d1 s10 s5
2ペアを手にしましたがなかなか危険な状況だと言えます。
すでに負けている可能性もあり、現状勝っているにしてもK、Q、J、T、全てのスペードがスケア。
こっちの手が大きく伸びて安心できる状況になる可能性はほとんどありません。
チェックレイズとドンクベットを天秤にかけ、今回はドンクを採用。

農虎 ベット 7bb
UTG コール 7bb
HJ フォールド


ターン(pot:23.5bb)
d1 s10 s5  s13

状況的に相手から見た僕のハンドレンジは恐らくかなり広いと思われます。
さらにドンクベットしたことで、セットの様なものすごく強いハンドは相手のリーディングから除外されたのではないかと思います。
その為、UTGにAK以上の強さがあればレイズしてくるだろうと考えていたので、ここはまだ勝っていると考えます。
HJにコールされていたらこれ以上強くは出られないところですが、ショートスタックとヘッズアップになったことは喜ばしいことです。
UTGのスタックは残り34.5bb。もう1ベットで確実にコミットでしょう。
ポジションがないので考えなければなりません。
リバーを見てから先にアクションを決定するなんて嫌すぎます。ここで決めてしまいたい。

① チェックする
―A.ベットされる→レイズオールイン→コミットしているので何であれコール
―B.チェックされる→リバーで4枚目のスペードやT、Kが落ちると僕の2ペアはほぼ死ぬ。リバーラグでも撃てば勝っているハンドには降りられる。

② ベットする
―A コールされる→リバーでスケアが落ちる可能性大。しかもコミットしている。
―B フォールドされる→十分な結果。
―C レイズされる→この状況についてはあまり考えていないが、こうなればさすがに負けている可能性が高いだろう。再考が必要となる。

ざっと見るとベットが優れたオプションに思えます。
が、相手のハンドレンジはAQ、AJ、AsXs、KT、QT、JT、KK、QQ、JJぐらいでやっぱりまだ勝ってるんじゃないかなー。
フロップのドンクベットに対して、(このボードで)後ろに1人いる状態でのフラットコールはAA、TT、ATではないように見えます。
その代りかなり多くのハンドでコールできているはずです。
さすがにQJではコールできないと思いますが。
このレンジに対してもう一発撃って果たして降りてくれるのか。
QQ、JJは降りてくれそうですが、それ以外にはコールされるのではないかと考えました。

チェックした場合は、僕のハンドはかなり弱々しく見えることでしょう。
そうなれば相手もリバーは見たくないと思う可能性が高い。きっと上記のどのハンドでも撃ってくる。

僕は今すぐオールインに持ち込みたいので、今回は相手の心理を考えるとチェックレイズが一番確実性が高いと判断しました。

農虎 チェック
UTG ベット 17bb
農虎 レイズ メイク37bb
UTG コール 37bb(All-in)


リバー(pot:97.5bb)
d1 s10 s5  s13  d9


相手のハンド
s1 h12
今回は何とか勝てましたが、もし相手が100bbほど持っていたらターンで撃てたでしょうか?


追記:リバーのハンド間違えてたので修正。
ついでに、相手のターン時点でのオッズについて。
スペード9枚、T3枚、K3枚、Q3枚で18アウツなので、約1.56to1
77.5bbに対してコール要求額20bbなので3.88to1。


・・・・ターンのチェックレイズがベストなアクションだと思っていたらとんでもない話でした。
自分の読みに自信が持てているのなら、恐れることなくターン37bbのオーバーベットをすべきですし、持てないのなら安くリバーを見て降りるなりショウダウンするなりすればよいのだと思います。
Odds Calculatorでターンでの勝率を見たところ、54.55%(+6.82%tie)でした。
色々勉強になったハンドです。
フロップ2ペアの扱いが少しわかった気がします。


スローは怖い 

2014/02/01 01:49/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
今日は色々とショッキングな出来事が立て続けに起きた(ポーカーとは関係ないところで)ので、まともに打てるかちょっと心配でしたが、それなりに冷静に600ハンドほどこなしてまあまあの成果でした。
(ただ、やっぱりミスも多かったような気がします。後で検証しないと)
まだ1週間前のハンドを上げたりします。

10NL6MAX ZOOM
農虎BB(106.4bb)
s3 d2
BUまであっさりフォールド。SB(90.1bb)にレイズされたら当然降りますが、なんとリンプしてきました。
チェックしてフロップを見ることに。


フロップ(pot:2bb)
s1 d4 c1
現状僕が勝っていることはありえません(^^;
ポットもたったの2bb。最弱のハンドにふさわしいサイズ。
SBはチェックしてきました。
相手もヒットしてないんでしょうが、ここでA持ちを主張しても信じてはもらえないでしょう。
ポットを大きくする意味もないので、チェック。

SB チェック
農虎 チェック


ターン(pot:2bb)
s1 d4 c1  h13
SBが連続チェック。
ベットすれば取れそうだなとも思いましたがポットベットしてもわずか2bbです。
相手もどうもパッシブなタイプっぽいですし、コールされた時の精神的ダメージが大きそうなので止めました。
さっさと終わんないかなーというやるきない感じでチェック。

SB チェック
農虎 チェック


リバー(pot:2bb)
s1 d4 c1  h13  c5
ストレートが完成。ワーイ、ウレシイナ。
ここでようやくSBがベットしてきたので、絶対降りられるなとは思いつつ4倍にレイズしたところ、なんと3betされました。
(◎o◎)はぁ?

SB ベット 2bb
農虎 レイズ メイク8bb
SB レイズ メイク26bb

5秒前まで2bbのポットだったのに・・・。

まず第一に考えたのはリブラフ。
こっちのアクションがブラフに見えるのはわかるのですが・・・いや、そんな都合よく考えて良いわけがない。
そうするとリバーまでスローしていたということになりますが・・・。

ひとつずつ考えてみます。
ブラインドヘッズでリンプインなんてどう考えてもフィッシュプレイのように思えます。
あるとしたらビッグハンドで罠を仕掛けたかった、ってぐらい。

①AA 罠を張るにはいかにもなハンドですが、フロップクワッド・・・。除外。
②KK 罠のつもりならフロップで打って状況を確認すると思う。絶対とは言えないが多分ない。
③44・55 このハンドでブラインドヘッズリンプインはありえない。除外。
④Kx コールで良いと思う。リレイズしてコールするとしたらその時の僕のハンドは何なのか?
⑤Ax あり得る。いかにもなフィッシュプレイ。10NLで打つようになってAとスモールカードでのオープンリンプを数多く見てきた。
⑥A4

A4・・・
A4?
A4ですと?

あり得る。
徹底的にスローしたくなるだろう。

えっ、じゃあ降りんの?
(この辺でタイムアラートが鳴る)

SBの思考レベルが全くわかりませんが、仮にA2~A6までをリンプイン、A7+はレイズインすると仮定した場合、1/3はフルハウス、残り2/3がトリプス。
僕のK持ちはあるかもなのでトリプスで勝っていると思うのも普通かな。
さすがに都合よく32を持っているとは思わんよなー。
ポットサイズとコールに必要な額から計算すると勝率50%あればオッズコールできます。

レイズするとどうなるか?
トリプスだった場合、さすがに何かおかしいと感じるとは思いますが、この人ならコールしてくれそうな感じもします。
どうしようか・・・
うーん、ダメだ!時間がない。

農虎 コール 26bb

相手のハンド
d1 d8
思ったよりかなり強いレンジでリンプしてるのな~。
4回のベッティングラウンドの内、1回でもベットしてくれてれば降りてたんですがね。
お互いのリーディングのズレがボタンの掛け違いみたいになって危うく降ろされるところでした。
後からゆっくり考えてみましたがやっぱりリバー4betは僕には打てないっぽいです。
トリプスを読み切れれば良いんでしょうけど、僕の経験とスキルではちょっと無理ですね。


xx HOME xx
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。