New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シチュエーションゲーム 

2014/03/25 02:35/Tue | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
単月のウィニングレートが4bb/100に乗って、手応えを感じています。
今日もひどいフィッシュプレーをしたし、これまでもどでかいミスを数多くやらかして来たので、まだまだ伸びしろはあると思うし、大きな下振れが来た時にティルトせず忍耐強くプレーできれば上のレートまで突っ走れるかも知れません。
読んでいる本もかなり面白いし、勉強とプレーとをバランス良く血肉にできればと思います。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 3 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.00 USD ) - VPIP: 23, PFR: 20, 3B: 11, AF: 3.5, Hands: 87
Seat 2: Player2 ( $12.10 USD ) - VPIP: 19, PFR: 14, 3B: 6, AF: 0.0, Hands: 42
Seat 3: Player3 ( $21.36 USD ) - VPIP: 40, PFR: 23, 3B: 0, AF: 1.0, Hands: 30
Seat 4: 農虎 ( $14.95 USD ) - VPIP: 23, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.3, Hands: 34249
Seat 5: Player5 ( $10.00 USD ) - VPIP: 17, PFR: 12, 3B: 5, AF: 0.0, Hands: 59
Seat 6: Player6 ( $3.36 USD ) - VPIP: 53, PFR: 27, 3B: 0, AF: 1.5, Hands: 15
農虎 posts small blind [$0.05 USD].
Player5 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎SB(149.5bb)
c13 h10

P3とP6が狙い目のテーブル。
P6にはブラインドスチールがほとんど効かないので、強制的にタイトにプレーさせられている。
このテーブルに限っては僕のスタッツは19/14/3.8(とは言っても参加しているハンドの1/4以上はBU)。
P2はかなりタイトに見えるが、COからの参加率だけが44%と突出している(BUからのオープンは14%)。
BUからのスチールが多すぎるとレギュラーからはリスチール3betを連発されるので、それが嫌でBUの参加レンジを絞り、COからスチールしているではないかと考えた。
まだ40ハンド程度しか見ていないので何とも言えないが、P2自身は3betを頻繁に入れるタイプでもなく、3bet=QQ+、AKぐらいに考えているのかもしれない。

そろそろ仕掛けるか、と考えていたところ、P2がCOから3bbにオープンしてきた。
さらにBUのP3がフラットコール。
P3のコールレンジはかなり広い。

まとめると
★自分はかなりタイトにプレーしている。
★3betも60ハンド中1回しただけで、それなりのリスペクトは得られると考えている。
★P2のfoldvsResteal3betは100%(1/1だけど)。
★P3のfoldvsResteal3betはサンプルデータなし。ただしコールされても相手のレンジはかなり広い。

状況的にスクイーズをかける絶好の機会だと考えた。
ハンドが何であるかはもうほとんど関係ない。
(もちろんハンドがあった方が良いが残念ながら今回はゴミみたいなものなので)

Player6 folds
Player1 folds
Player2 raises [$0.30 USD]
Player3 calls [$0.30 USD]
農虎 raises [$1.45 USD]
Player5 folds
Player2 folds
Player3 calls [$1.20 USD]


フロップ(pot:34bb)
s8 c2 d9
ディープスタックのP3にコールされてしまった。そしてSPR4である。
情報があまりないプレーヤーではあるが、10NLには良くいるルースコーラーだという認識。
またフロートが多い。
ディープスタックになったのはレギュラーのAAをスーコネでサックアウトしたから、という情報は残っている。
QQ+をリプレゼントする為に大きく撃つことにした。

農虎 bets [$2.90 USD]
Player3 calls [$2.90 USD]


ターン(pot:92bb)
s8 c2 d9  d5
ラグっぽいのが落ちた。
相手のレンジはTT-JJ、99、88、22、A9s、A8s、98s、JTs、T9s程度かなぁ。
(フロート好き且つあまり上手くないプレーヤーの心理には、こちらのブラフを期待している部分があると少し思っている)

いくつかのドロー以外の全てに負けている。
ただ、98の2ペアならボードペアを恐れてフロップでレイズして来そうだし、セット以外の全ては根性コールに過ぎない。
エフェクティブスタック105.5bbではたから見れば僕はコミットしているように感じるだろう。
(今回は完全なブラフなので実際はコミットとか関係ない)

さて、どうすべきでしょうね。
実戦では迷うことなくスライドバーを右いっぱいまで引っ張った。



農虎 bets [$10.55 USD]
Player3 folds
農虎 wins $10.55 USD
農虎 wins $8.79 USD from main pot



92bbのポットに105.5bbを投資するので53.4%の成功率があれば良いのですが、今回は状況的に余裕だったと思います(ブラフは一回も見せてないし、ハンド自体ほとんどショウしておらず、そもそも参加率もかなりタイト)。
上記の理由からセット以外の全てを降ろせると判断しました。
つまりセット以外のハンドの比率が53.4%あればOK。
55は考えないとして、99(3)88(3)22(3)でセットが9通り、JJ(6)TT(6)が12通りなのでこれだけで57%あります。
何回もできないプレーですし、する必要もないのですが、利益になる状況が見えたらやるべきですよね。
このプレーの真のバリューは、次にモンスターハンドを持った時に同じようにターンでオールインする事で発揮されるのではないかと思います。

スポンサーサイト

ロシア人にfishと言われるの巻 

2014/03/24 01:10/Mon | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
休日の昼間にプレーするとメンツが違って面白いですね。
平日の夜(ヨーロッパの昼間)よりルースプレーヤーが多い気がします。
そして、そういうプレーヤーに限ってチャットで罵詈雑言を浴びせてくるんですよね。
大抵飛ばされた時に喚いているので特に気になりませんが・・・

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 4 is the button
Seat 1: Player1 ( $4.91 USD ) - VPIP: 49, PFR: 3, 3B: 4, AF: 2.7, Hands: 67
Seat 2: 農虎( $13.48 USD ) - VPIP: 23, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.3, Hands: 33621
Seat 3: Player3 ( $5.48 USD ) - VPIP: 21, PFR: 14, 3B: 5, AF: 1.0, Hands: 66
Seat 4: Player4 ( $11.47 USD ) - VPIP: 31, PFR: 29, 3B: 13, AF: 1.9, Hands: 51
Seat 5: Player5 ( $11.93 USD ) - VPIP: 17, PFR: 13, 3B: 3, AF: 3.0, Hands: 87
Seat 6: Player6 ( $12.71 USD ) - VPIP: 63, PFR: 33, 3B: 6, AF: 1.0, Hands: 30
Player5 posts small blind [$0.05 USD].
Player6 posts big blind [$0.10 USD].


10NL6MAX 
農虎HJ(134.8bb)
s1 h1
P1とP6が左にいて最高のテーブル(P5とP4が逆だったらもっと良かった)。
HJでAポケ様を手にする。
P1はUTGか高頻度でオープンリンプしており、その内4割くらいは僕がすぐに4bbにレイズしてアイソレートを図る、という流れになっている。
いい加減誰か僕のやっている事に気づいて3bet入れて来る頃ではないかと思っていた矢先だったので、このタイミングでのAAはいつも以上にありがたい。
案の定P1がリンプで開いたので、それまでと同じく4bbでレイズ。

Player1 calls [$0.10 USD]
農虎 raises [$0.40 USD]
Player3 calls [$0.40 USD]
Player4 folds
Player5 folds
Player6 calls [$0.30 USD]
Player1 calls [$0.30 USD]

3betではなくフラットコールでぞろぞろとついて来られてしまった。
みんなお行儀が宜しい。

フロップ(pot:16.5bb)
s9 h9 c7
一見良さそうなフロップだが4人もいると、やや不安になる。
当然C-betは撃つつもりでいたが、P1にドンクベットを喰らった。
P1のドンクはこれが初めてではなく、それどころか結構な頻度で撃っており、大抵ミドルペアやドローである。
(今回に関して言えば、たとえば7ヒット)
ここでミニマムレイズを入れて、後ろのプレーヤーの動きを見る事にした。

Player6 checks
Player1 bets [$0.60 USD]
農虎 raises [$1.20 USD]
Player3 folds
Player6 calls [$1.20 USD]
Player1 folds

P6にだけついて来られた。
ハンドレンジの広い相手なので9はあり得る。
JJやTTみたいな手でついて来ている事も考えられるが、ここまでの30ハンド程を見る限りでは、P6はルースに参加してフィットしなければフォールド(逆にフロップでトップペアを引けばキッカーが弱くても突っ込む)というムーヴを繰り返していたので、このコールには違和感を覚えた。


ターン(pot:46.5bb)
s9 h9 c7  h2
2hはラグでしょう。
この辺で、方針を決めなければならない。

①ターンで撃ってコールされたらリバーはチェック/フォールド
②ターンで撃ってコールされたらリバーはベット/フォールド
③ターンで撃ってコールされたらリバーはチェック/コール
④ターンでチェックして、リバーはチェック/コール

ターンで撃ってコールされたらリバーのポットは90bb程度になり、ほとんどコミットなので①②は無いかな。
相手のレンジを考えると③が良いような気がするが、ドンクにレイズしたオリジナルレイザーにマージナルなハンドでついて来るようなタイプではない、という情報を優先することにした。
T8、86にはフリーカードを与えてしまうが、今回は④でポットを小さく保つことに。

Player6 checks
農虎 checks

リバー(pot:46.5bb)
s9 h9 c7 h2  c1
ラッキーリバーだ。
P6からポットサイズのベットが入ったが、77だろうがA9だろうがもう怖くない。 
突っ込む事にした。

Player6 bets [$4.45 USD]
農虎 raises [$11.88 USD]
Player6 calls [$6.66 USD]
農虎 wins $0.77 USD
農虎 shows [As, Ah ]
Player6 shows [9c, 9d ]
Player6 wins $25.66 USD from main pot



相手のレンジの一番狭いところとぶつかってました。
さらに追い打ちをかけるかのようにP3のロシア人に一言fishって吐き捨てられました。てか、お前誰?
P6は77でもA9でも97でもリバーのショヴはコールしていたはずだし、98などのトリップスでも恐らくコールしてたと思うので、99以外には勝ってるんだから間違って無いと思うんですがね。
ターンのチェックをスロープレイだと思われたのかな?(まあ、どうでもいいですが)

取り返してやろうと思ってP6/UTG-レイズ、P1/HJ-コール、農虎/CO-3betっていう露骨なスクイージングのラインを連発したら、流石にやり過ぎたのか退室されてしまいました(><)127bb返せよぅ。



全然信じてもらえない 

2014/03/16 18:10/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
あほみたいなブラフが滑ってショウダウンされると、テーブルイメージはガタ落ちになるし、オンラインとは言え何となく恥ずかしい気分になりますが(^^;)、メリットとしては次にマジ手が入った時についてきてもらえるという点が挙げられます。
何事も表裏一体ですね。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 6 is the button
Seat 1: Player1 ( $12.34 USD ) - VPIP: 21, PFR: 15, 3B: 3, AF: 0.7, Hands: 196
Seat 2: Player2 ( $10.00 USD ) - VPIP: 20, PFR: 19, 3B: 10, AF: 3.8, Hands: 157
Seat 3: Player3 ( $10.22 USD ) - VPIP: 33, PFR: 30, 3B: 17, AF: 2.0, Hands: 60
Seat 4: Player4 ( $19.76 USD ) - VPIP: 69, PFR: 29, 3B: 8, AF: 1.2, Hands: 116
Seat 5: Player5 ( $10.00 USD ) - VPIP: 16, PFR: 11, 3B: 0, AF: 3.0, Hands: 116
Seat 6: 農虎 ( $26.46 USD ) - VPIP: 22, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.2, Hands: 29378
Player1 posts small blind [$0.05 USD].
Player2 posts big blind [$0.10 USD].


10NL6MAX 
農虎BU(264.6bb)
d10 c10
Player3 folds
Player4 calls [$0.10 USD]
Player5 folds
農虎 raises [$0.50 USD]
Player1 folds
Player2 folds
Player4 calls [$0.40 USD]

前回と同じテーブル、件のP4が懲りずにEPからリンプでオープンしてきた。
どうせまたゴミみたいなハンドを後生大事に抱えているに違いない。
良いハンドに良いポジション、またとない機会なのでメイク5bbでレイズを被せた。
予想通りコールされる。


フロップ(pot:12bb)
h8 h10 c3
トップセットになった。
ここは絶対に撃たなければならない。
第一に、エフェクティヴスタックが192bb程とかなり大きいので、コミットまでの距離が相当長く、こちらのプランに乗せる為にはフロップがチェック/チェックではどうしようもない。
ターンにハートが落ちたらもうポットは大きくならないし(なったら多分負けている)、降りられたらそれはそれで仕方ないと考えて撃つところだと思う。
第二に、同じような状況で僕がA8やAh2h、J9sを持っていても必ず撃つし、多分KQoでも撃つ(だから同じようにナッツでも撃つ)。
そうやってプレイしてきた流れがあるので、P4も簡単には降りないだろうという期待がある。

Player4 checks
農虎 bets [$0.77 USD]
Player4 calls [$0.77 USD]

ターン(pot:27.4bb)
h8 h10 c3  s8
フルハウスにプロモートした。
200回に1回くらいは相手に88が入っているかも知れないが、残り199回は僕が勝つだろう。
ここも撃つしかないので、はっきり言って相手のハンドについて何も考えていなかった。

Player4 checks
農虎 bets [$1.77 USD]
Player4 calls [$1.77 USD]

コールされて初めて相手のハンドが気になった。
フラッシュドローかミドルペアか、8やT、3というラインも捨てられない相手だ。
何を持っていてもおかしくはない。


リバー(pot:62.8bb)
h8 h10 c3 s8  s3
良い感じにポットを大きくできたが、相手のハンドレンジの半分くらいがドローに思えたので、ここから大きく撃ってもダメだろうなぁ、と考えていたところ、ポットのハーフサイズのドンクが飛んできた。
P4は、ミスドローでポットを諦めるのが惜しくなって突然ブラフするようなタイプでもないので、直感的に8か3を持っているのだろうと考えた。
それならすごくしっくりくるし、ここでドンクするという事は勝ってる気満々なのだと思われる。
恐らくオールインしても降りないだろう。
突っ込むことにした。

Player4 bets [$3.00 USD]
農虎 raises [$23.42 USD]
Player4 calls [$13.72 USD]
農虎 wins $6.70 USD
農虎 shows [Tc, Td ]
Player4 shows [Jd, 8c ]
農虎 wins $38.22 USD from main pot

うまー。


リバーのバリュー 2 

2014/03/16 17:11/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
最近スタイルを変えたのが良いのかだいぶ安定して勝ち越せるようになりました。
今、僕のスタッツには鷹のアイコンのTAGという表示が出ているのですが、しばらくするとこれがサイコロのアイコンLAGになるのではないかと思います。
まあ、調子に乗ってまた大きく溶かす可能性も十二分にあるので、大きな事は言えませんけどね(^^;)

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $13.88 USD ) - VPIP: 21, PFR: 15, 3B: 3, AF: 0.7, Hands: 196
Seat 2: Player2 ( $10.14 USD ) - VPIP: 20, PFR: 19, 3B: 10, AF: 3.8, Hands: 157
Seat 4: Player4 ( $14.99 USD ) - VPIP: 69, PFR: 29, 3B: 8, AF: 1.2, Hands: 116
Seat 5: Player5 ( $8.92 USD ) - VPIP: 16, PFR: 11, 3B: 0, AF: 3.0, Hands: 116
Seat 6: 農虎( $21.86 USD ) - VPIP: 22, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.2, Hands: 29378
Player2 posts small blind [$0.05 USD].
Player4 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎CO(21.86bb)
c1 h8
前回と同じテーブルで、P4をターゲットにしている。
P4はBBに居る時のvsStealFoldが30%しかない(7割コールか3betしている)為、スチールはほぼ諦めて手を絞っているところだったが、69/29/8ならA8oは充分エクイティがあると考え、オープンすることに。
スチールはかなり頻度を絞っていたので、そこへ3betが飛んでくればマジ手の可能性が高いと考えている。
そうなったら悲しいけど降りるつもり。

Player5 folds
農虎 raises [$0.25 USD]
Player1 folds
Player2 folds
Player4 calls [$0.15 USD]


フロップ(pot:55bb)
h12 s6 s2
案の定、コールされる。
FoldtoCbet42%あるし、向こうも何も当たっていない可能性が高く、撃っていくことにした。

Player4 checks
農虎 bets [$0.37 USD]
Player4 calls [$0.37 USD]


ターン(pot:12.9bb)
h12 s6 s2  d1
Aが落ちた。
仮にラグが落ちても相手のレンジに対してまだかなりの勝率があると思うので撃つつもりでいたが、状況が変わったようなので少し考えることにした。

①セカンドバレルを入れる。
レイズされたら2ペアはありそうなので降りるとして、そもそもコールしてもらえるのだろうか?
だが、手が入らないと勝てない(降ろせない)から手を絞っていたわけで、ここで躊躇する必要もないように思う。

②チェックしてリバーでベットする。
P4のリバーAGGは33%で、ポストフロップの各ストリートの中では一番高い。
ブラフを誘える可能性もあるし、チェックされてもここでのベットはターンのC-betよりもコールしてもらえる確率はかなり高いだろう。
その代り、相手にフリーカードを与えることになる。
また、リバーのベットにチェックレイズを喰らった場合、勝っているのか負けているのかわからなくなるだろう。

結局、ここでで撃って降りる相手なら今後別の攻略法が見えるかも知れないと考え、撃っていくことにした。

Player4 checks
農虎 bets [$0.77 USD]
Player4 calls [$0.77 USD]


リバー(pot:28.3bb)
h12 s6 s2 d1  s11
せっかく良いハンドが入ったのでバリューを取りたい。
しかし、悩んでしまった。
相手のハンドレンジが広いので、2ペア、フラッシュあたりが入っていてもおかしくはない。
これはウェイアヘッド/ウェイビハインドだろうか?

Player4 checks
農虎 checks
Player4 shows [6h, Kd ]
農虎 shows [8h, Ac ]
農虎 wins $2.70 USD from main pot


レギュラー相手ならこのラインで悪くないと思うけど、相手が相手だけにリバーのシンバリューを追わなかったのは反省点かも知れません。
たまにレイズされるかも知れませんがそうしたら降りるだけだし、同じ状況でしっかり撃ち続けるのとチェックし続けるのとでは、トータル収支に相当影響出ているような気がします。
うーん、これができないと上に行くのは厳しいかもなぁ。。。


リバーのバリュー 

2014/03/15 20:47/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
Small Stakes No-Limit Hold'emを読んでいます。
辞書を片手に120pほど読みましたが、すごく良い本に出会えたと思います。
多分今の僕のレベルにぴったり。
プレイスタイルや考え方も思い切り変わりました。
大きなミスやソフトティルトがなくなりませんが、3月の収支はこれまでに類を見ない好況です。
まだ勉強したいことが沢山あるので、ブログポストは控えめにプレイと勉強を頑張る予定です。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 3 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.00 USD ) - VPIP: 21, PFR: 15, 3B: 3, AF: 0.7, Hands: 196
Seat 2: Player2 ( $10.00 USD ) - VPIP: 20, PFR: 19, 3B: 10, AF: 3.8, Hands: 157
Seat 3: Player3 ( $10.00 USD ) - VPIP: 17, PFR: 17, 3B: 17, AF: 0.0, Hands: 24
Seat 4: Player4 ( $20.35 USD ) - VPIP: 69, PFR: 29, 3B: 8, AF: 1.2, Hands: 116
Seat 5: Player5 ( $9.87 USD ) - VPIP: 16, PFR: 11, 3B: 0, AF: 3.0, Hands: 116
Seat 6: 農虎( $12.94 USD ) - VPIP: 22, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.2, Hands: 29217
Player4 posts small blind [$0.05 USD].
Player5 posts big blind [$0.10 USD].
** Dealing down cards **

全員でS4を狙っているテーブル。
100ハンド程見てメモをとっており攻略できそうなのだが、降りない&撃たないと撃ってくるタイプなので、ある程度のハンドが欲しいところ。
ところが、今日は全然ハンドが入らない。
こういう時に、無理して仕掛けて焦げ付かせてしまう事が良くあるので、今日はずいぶん大人しくしている。
このテーブルでの僕のスタッツは13/12/2.6。
完全なロックだ。
他のプレーヤーは果敢にS4に仕掛けていくが、運が大きく味方してS4のスタックだけが膨らんでいる(^^;)

10NL6MAX 
農虎UTG(129.4bb)
h11 c11
ポジションが悪いが、S4(SB)をアイソレートできればIPで戦える。
普通に3BBでオープン。

農虎 raises [$0.30 USD]
Player1 calls [$0.30 USD]
Player2 folds
Player3 folds
Player4 calls [$0.25 USD]
Player5 folds


フロップ(pot:10bb)
h12 d12 c12
ポジションのあるS1について来られてしまったが、理想的なフロップだと思う。
S1についてわかっている事はFit or Fold型のストラテジーを採用しており、ショウダウンまで行く事が極端に少ないということ(この時点で18%ぐらい)。
ハンドレンジについては、21/15/3というスタッツと超タイトに打っている僕のUTGからのレイズにフラットコールしたという事から考えると、TT-、AQ、AJsぐらいだろうか(これで一応6%)。
状況的にAKoはコールレンジに入っているかも知れない。
AA、KKは後ろに4人いるし、さすがに3betに回すだろう。

S4に関しては、これまでショウしてきたハンドは74sだのJ6oだの滅茶苦茶なので、考えても仕方がないと思う。

4枚目のQを持たれているという悲劇的な不運に見舞われていない限り、僕がベストハンドを持っているということになる。
プロテクトとバリューを取る意味で、C-betを撃った。

Player4 checks
農虎 bets [$0.67 USD]
Player1 calls [$0.67 USD]
Player4 folds


ターン(pot:23.4bb)
h12 d12 c12   s6
こういうフロップで戦う事が稀なもので、不覚にも一瞬66について考えてしまった(^^;)
S1のフロップコールはポケットペアを意味しているのだと思う。
もうリバーに何が落ちようとあまり怖くない。
バリューを取る為に、続けて撃つことにした。

農虎 bets [$1.77 USD]
Player1 calls [$1.77 USD]


リバー(pot:58.8bb)
h12 d12 c12 s6   h5

さて、どれだけバリューを取れるだろうか?
Potは58.8bb。エフェクティヴスタックは72.6bbになっている。
相手のスタイルとここまでのムーヴから、S1のハンドはTT~77ではないかと考えている。
同時にこちらのムーヴから、僕のJJ+は向こうの頭に確実にあるだろう。
S1のリバーAggは9%(1/11)しかなく、状況的に向こうはショウダウンしたくて仕方ないはずなので、チェック/コールでのバリューはほとんど期待できない。

①オールイン
まず、ここから考える。
AKのようなハンドで2つセミブラフを入れ、引けなかったのでショヴしました。というラインのリプレゼントになるだろうか?
相手のスタイルからしてまずコールはしてもらえない。
このハンド単体で見るとあまり宜しくないオプションだろう。
S1がQを持ってスローしている可能性もゼロではないし・・・。

もし、ここまでの100ハンド強で自分が似たようなプレイを繰り返し、何度かリバースチールを決めているのであれば、ここは迷いなくオールインだと思う。
ただ、今の状況はそれと全く真逆だし、この案は却下することにした。
このプレイの最大のメリットはここでS1を降ろし、今後他のプレーヤーに似たような事をやった場合、コールしてもらいやすくなるという事だろう。
逆にブラフはしづらくなる。

②ポットサイズをベット。
オールインと同じ。
むしろオールインの方がブラフくさくてコールしてもらい易い気さえする。却下。

③ハーフポットをベット。
TT、99ならコールしてくれるのではないかと思えた。
ここまでコールしてきたのだからショウダウンしたいでしょう。

④ポットの1/3をベット。
多分コールしてくれると思う。

相手がコールする最大額を撃つべきところだ。
S1がここまで降りられなかったという事実を最重要視し、60%程撃つことにした。

農虎 bets [$3.40 USD]
Player1 folds
農虎 wins $3.40 USD
農虎 wins $5.62 USD from main pot



・・・逃げられた。
リバーのアクションは本当に難しいです。
まあ、今後似たような状況でこっちがブラフする時に60%撃つことで、収益を上げられれば良いかなと思います。


トラブルの予感 

2014/03/03 23:47/Mon | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
Small Stakes No-Limit Hold'emとProfessional No-Limit Hold'em Vol.1が届きました。
仕事とプレーの合間に訳して読むのでかなり時間がかかりそうですが、絶対に実になると思いますので挫けず頑張ろうと思います!
その為、ポストモーテムのポストは頻度がガク落ちする予定です。


ついさっきのZOOM。
$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 1 is the button
Seat 1: Player1 ( $13.01 USD ) - VPIP: 16, PFR: 13, 3B: 0, AF: 2.0, Hands: 31
Seat 2: 農虎( $16.40 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 6, AF: 3.0, Hands: 24094
Seat 3: Player3 ( $7.50 USD ) - VPIP: 40, PFR: 0, 3B: 0, AF: 1.0, Hands: 5
Seat 4: Player4 ( $10.05 USD ) - VPIP: 22, PFR: 13, 3B: 10, AF: 1.3, Hands: 63
Seat 5: Player5 ( $15.48 USD ) - VPIP: 20, PFR: 0, 3B: 0, AF: 0.0, Hands: 5
Seat 6: Player6 ( $25.54 USD ) - VPIP: 24, PFR: 6, 3B: 0, AF: 1.0, Hands: 17
農虎 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].
スタッツが出ていますがZOOMでは何故かHUDが表示されず。
全てのプレーヤーがアンノウンの状態で戦っています。

10NL6MAX 
農虎SB(164.0bb)
s10 s8

Player4 raises [$0.30 USD]
Player5 folds
Player6 calls [$0.30 USD]
Player1 folds
農虎 calls [$0.25 USD]
Player3 calls [$0.20 USD]

僕の様な初心者には扱いが難しいと言われるスーコネでオッズコール。
結局相手が自分より強いか弱いかを良く考えてアグレッシブに撃っていくスタイルを身につけないと先に進めない事に遅ればせながら気づく。
失敗を繰り返しつつ色々と挑戦中。


フロップ(pot:12bb)
s12 s7 h5
4ウェイだけあって結構な大きさのポットになっている。
幸運な事にフラッシュドローになったが、オリジナルレイザー以下オポーネントの動向を探る。

農虎 checks
Player3 checks
Player4 checks
Player6 bets [$0.76 USD]
農虎 raises [$2.10 USD]
Player3 calls [$2.10 USD]
Player4 folds
Player6 calls [$1.34 USD]

レイザーP4のチェックはKK+などのビッグハンドが無い事を示しているように見える。
この状況でスロープレイは無いだろう。
P6のベットはサイズが小さく、何なのかよくわからない。
強いハンドを持っているようにも思えるが、弱気なようにも思える。
僕のフラッシュは完成する可能性の方が小さいので、スチールによるエクイティを得る為に強く出る事にした。
驚いた事に、僕のレイズとP6に挟まれているP3が、少し時間をかけてフラットコールした。
この状況で参加できるということはかなりの強さを持っているはずだが・・・フラットコール・・・。

例えトップセットを持っていてもここはスローできる局面ではない。
100人いたら90人以上は3betを入れると思う。
このアクションに一番しっくりくるのは、ドローだ。
嫌な予感がする。


ターン(pot:18.3bb)
s12 s7 h5  c13
KQなんかが残っているとは思えないのでこのキングはラグだろう。
P6がフロップで降りてくれていれば、ここでオールインしてしまっても良いのだが(P4のスタックは残り51bbなので、ドローを追ってコールできるとは考えづらい)P6のスタックは僕(残り140bb)をカバーしており、とてもギャンブルオールインできるような状況ではない。

農虎 checks
Player3 checks
Player6 checks

奇妙な状況である。
P6はAQだろうか。


リバー(pot:18.3bb)
s12 s7 h5 c13   s9
待ち人が現れた。
だが、気分が晴れない。どうしても勝っている気がしない。
チェックすることにした。

農虎 checks
Player3 bets [$3.60 USD]
Player6 folds
農虎 calls [$3.60 USD]
Player3 shows [Js, Ks ]
Player3 wins $14.04 USD from main pot
農虎 doesn't show [8s, Ts ]


ターンの時点でドローイングデッドでちた。あぶねー。
やっぱり何度見返してみてもフロップのP3はフラッシュドローにしか見えませんね。
リバーでこっちから撃ちださなかっただけマシですが、ここはフォールドできたのかなぁ・・・。
オッズ的には12.5to3.6(3.47to1)=約22.7%
4.4回に1回勝てればOKな、逆に言えば実にコールし易いバリューベットをしっかりコールさせられてしまったということで(><)
しかし、P3(BB)はかなり幅広いレンジでプリフロコールできたはずで、相手が下フラッシュという可能性もいくらかありますので・・・うーむ。。。

収穫としてはフロップのレイズが撃てた事が挙げられます。
リレイズされてドローが消える恐れもあったけど、ここでワンレイズ入れた事でフラッシュドローが見えました。
それなりの確率で降ろせると思ったので撃った(情報を得る為に撃ったわけではない)のですが、結果的に相手のレンジが絞れたのが面白いと思いました。

P.S. 下フラッシュなんてほとんどありません(><)


xx HOME xx
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。