New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小魚で鮫を誘う 

2012/03/15 02:00/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
ルースプレーヤーを探して狙う事を基本戦略としており、タイトなレギュラー陣とぶつかった時には比較的簡単にポットを譲ってしまう事が多いです。
リングゲームではテーブルで一番稼いでいるプレーヤーにならなければいけないわけではないし、テーブルで一番強くなければいけないわけでもないと思うので、長期的に考えて収支ができるだけ確実にプラスになるように考えてのらりくらりやり繰りしています。
そんな僕でも鮫とぶつかる時はぶつかる。

マイクロ6-maxでのディール。
BBで88が入りました(115BB持ち)。
h8 c8

HJからタイトアグレッシブなレギュラー(142BB)が3BBにレイズ。
BTNのタイトウィークなレギュラー(147BB)がコールドコール。

タイトアグレのオープンレンジもタイトウィークのコールレンジも大体上位15%程度のハンドと予測できます。
あまり戦いたくない相手ですが、2人ともスタックが深くセットオッズは十分にあり、後ろにもう誰もいないので3betされる心配もないのでコールしました。
アイソレーションもありかも知れませんが4betされて88を捨てるのは惜しいですし、状況的に考えてスクイーズできる場面ではないと判断しました。
後でpokerstoveにかけてみたところ、上位15%のランダムハンド2人相手に88は34%程度の勝率がありベストハンドである可能性もあるのですが、いかんせんポジションが最悪なのでほとんどはフロップで降りる事になりそうです。

フロップ pot(9.5BB)
d11 d8 s5

セカンドセットを拾いました。
JJ以外には勝っており、ベストハンドを手にした可能性が非常に高いです。

農虎:チェック
鮫 :6BBベット
鼠 :フォールド
農虎:6BBコール

オリジナルレイザーの鮫の後ろにまだ鼠が控えているので、このボードではCbetは打たないのではないかと心配しましたが、しっかり打ってくれました。
鼠は恐らくポケットペアか何かだったのでしょう。
鮫が本当に何か手にしているのかわかりづらいフロップです。
とりあえずコールに留め、ターンにハイカードが落ちてくれる事を期待しています。
フラッシュドローについてはそれ程心配していません。

ターン pot(21.5BB)
d11 d8 s5   c2

2cは全くのラグでしょう。
鮫のオープンレンジの中で考えるとAA、KK、QQ、JJ、AJ、KJぐらいでしかCbetは期待できない。
チェックで回されてリバーにダイヤが落ちたりするとポットを大きくする機会が完全に失われオモシロくありません。
というわけでフィッシュプレー演出でドンクベットする事にしました。

農虎:10.25BBベット
鮫 :25BBレイズ
農虎:67BBレイズ
鮫 :フォールド

獲得ポット 56.75BB×0.95=53.9BB


鮫の立場からすると僕のベットは非常にイライラするプレーでしょう。
プリフロップをアウトポジションからコールし、フロップもチェックコールでターンにラグ中のラグみたいなカードが落ちて突然の先打ちはストーリー性ゼロのドンキープレイと言う他ありません。
しっくり来るハンドは22くらいでしょうか。
結局何も持っていないのでブラフ始めましたと言っているようなものなので、大抵アグレッシブなレギュラーからはレイズを喰らいます。
ここもコールに留め、リバーでチェックコールか再度ドンクベットというプランも考えたのですが流石にナッシングでは打ってこないでしょうしドンクにも降りると思いますので、万が一フラッシュドローだった場合のオッズを消す目的でリレイズを入れました。
ちょっと小さめにしてみたつもりでしたがポットコミットしていますので、相手はブラフでさらに打つ事はできないですね。
長考していましたが結局降りました。残念。
ここでさらなるフィッシュ演出、必殺のミニマムリレイズというオプションもあったかも知れません。
降りるのは相当難しいでしょう。


フロップでポケットペアがセット以上になるのは8回に1回。
セットができた時は、平均で参加費(大概は3BB)×8倍の利益を得たいので、ヘッズアップならポットを50BB以上に何とか膨らませたいと常に考えています。
今回は53.9BBから投資額の19.25BBを引いた34.65BBの純利となりました。
ドンクでひとつ味をつけた事で15BB程度を余計に稼げた可能性が高く、戦果は上々と言えると思います。

*仮にターンチェックしてセカンドバレルを打たれたとしたらレイズを入れなければポットが膨らまない。
このレイズはセットかオーバーペア主張なので上手いプレーヤーならAJでも降りると思いますが、これをコールしてくれたと仮定するとリバーで小さくバリューベットできたかも知れない分ドンクしない方が得だった事になり、実際には得しているのかどうかはっきり判断する事はできません。
相手がAA~QQを持っていたのだとしたらオールインまで持ち込む方法もあったかも知れませんね。
まあ工夫しながら打つ、という事は大事だと思うので今後も色々策を練ってワイワイやっていこうと思います。



スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。