New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分で考える 

2012/03/24 00:23/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
FixedLimit4500ハンドほど打ち、勉強になることも多かったのですがここらでNLに戻ろうと思います。
勝ち負けはともかく趣味で打つのにはちょっと退屈でもありますね。
また自分のプレーを見直したい時にでも打とうかと思います。

というわけでNL-6maxでまた打ってます。
プリフロップでの戦術が幅広いのがNLの楽しいところです。
5回に2回はフロップを見に行くルースプレーヤーがいるテーブルで
アイソレートの為に90ハンド中2回3betを入れ、2回とも相手が降りている状況。
3回目の機会がやってきました。

SBでKK。
d13 s13

ここまでかなりタイトに打っておりショウダウンしたハンドは勝っているAKoとAQsの2回だけ。
カットオフから件のルースプレーヤーが3BBレイズでオープン。
僕は相手やポジションに関わらずKKでは必ず3betを入れます。
まともなプレーヤーなら3betレンジにドミネイトされやすいAxはここで降りるので、ハンドプロテクトの為にリレイズは必須だと考えています。

過去2回の3betには相手がフォールドしています。
今回も降りられちゃうかなと思っていましたがコールしてきました。ヘッズアップです。

フロップ pot(15BB)
h1 c7 c2

かなりドライなフロップが落ちました。
エニイハンドでCbetを入れ、ほとんどの場合ここでpotが取れると思います。
特に3betポットでは僕はハンドが何であれ、ボードがどうであれほぼ100%Cbetを打つのですが(色々研究してみたのですがその方が長期的には期待値が高いとの判断です)今回は初めて悩みました。

相手はこれまでルースに参加しパッシブにコールでついていき、ターンかリバーで降りるというプレイが多くショウダウン情報があまりありません。
恐らくはスーコネなどのスペキュレイティヴなハンドを多用しているのだろうとは思うのですが、情報価値の高いショウダウンハンドが少ないのではっきりとは断言できないところです。
可能性としてはAxよりもポケットペアやコネクタの方が高そう、という程度でとらえていますがA持ちも無いとは言えない。
スーテッドを持たれている可能性もありますが・・・。

勝っているハンドに対してプロテクションが必要な状況なのか判断に悩みました。
KKはもうそこまで威張れるハンドではなくなりましたが、ここで打っておくのは決して悪くないとは思います。
しかしドローはフラッシュのみで2ハイ、ポケットペア、その他ドローも全て降りてしまう事が容易に想像できるフロップです。
逆に相手がAを持って参加しているんだとしたらポットベットしてもコールしてくるでしょう。
つまり負けている場合にしかコールしてもらえないような状況です。

現状勝っているハンドにまくられるリスクよりも、現在負けているにも関わらずポットを大きくしてしまうリスクの方が高いと判断しチェックしました。
相手の参加率だけ考えるとAQ、AJ、ATその他Axsもそれなりにありそう。

農虎:チェック
LP:チェック

ターン Pot(15BB)
h1 c7 c2   c12
フラッシュを完成させるハンドが落ちましたが、相手がスーテッドだとしたら一番可能性の高いAcXcはフロップでかなり強いハンドなのでこっちのチェックに一発入れてきても良さそうなものです。
チェックレイズを警戒してフリーカードを取りにいったのかも知れませんが、現状フラッシュはほとんど警戒していません。(あってもAcKc、AcJc~Ac6c、Ac5c~Ac3c、KcJc、KcTcのわずか12通りくらい?)
リバーで4枚目のが落ちてベットされたらほとんどショウダウンバリューはないので、そろそろ降ろしにかかった方が良いかも知れませんが、それより相手のフロップチェックはA持ちでチープショウダウンを目指している(こっちがAKあたりでプリフロ3betしている可能性も高い為)可能性も高いと考え、もう1回チェックで回すことにしました。

農虎:チェック
LP:3BBベット
農虎:3BBコール

もし運悪くセットや2ペアをひかれていたとすると相手の立場からすれば4枚フラッシュのオッズも消したいし、ポットもそろそろ育てにかからなければならない為、もうちょっとはっきり大きく打つんじゃないでしょうか。
「A+不安なキッカー」か「ブラフ」か「Qヒット」が本線。
ショウダウンバリューはかなりあると思います。

リバー pot21BB
h1 c7 c2   c12   d3
33にはまくられましたが3dはほぼラグでしょう。54なんて気にしても仕方ないところです。

農虎:チェック
LA:8BBベット
農虎:8BBコール

ターンと状況が変わっていないので予定通りチェックコール。
ここでレイズしてもAxを降ろす事はできないでしょう。

相手のハンド
h13 s12
これで3betコールするのか~、なるほど。

プレイがパッシブすぎたでしょうか。
フロップで打っていれば降りられていたのはほぼ間違いないと思うので追加で11BB稼げたということもできますが、ターンでこちらからもう少し大きく打って稼ぎを増やせた可能性もあります。
フロップから打ちまくってAxを降ろせた可能性をどれだけ見積もるかも関わってきますが、こんなプレイばかりだとアグレッサーに足元見られるというデメリットもあります。
相手がこれだけルースだと3betに対するコールレンジを推定するのは難しく、アクションからハンドを推測する方が確実性が高い+AハイフロップでのKKはチープショウダウンで着陸するのが適当という判断でしたが、フリーカードを与えまくった挙句チェックアラウンドでショウダウン、またはスケアが落ちてブラフされ勝っているKKをフォールドという結果になってしまう可能性もありました。
どうすべきだったかな~

ただアグレッシブ>パッシブという考えに縛られず自分で考えて研究する事も大切ではないかと思います。
今回はとりあえず結果オーライという事で。
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。