New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイト研究 8ページ目 

2010/05/30 23:41/Sun | メイト研究 | CM(0) | TB(0)
ここで一旦ここまでのおさらいをしておこうと思います。

★メイトというゲームの考え方

■メイトできるプレーヤーは双方最善を尽くした場合の最高点以上を狙う。
■メイトされるプレーヤーは双方最善を尽くした場合の最高点以下を狙う。
(互いに最高点での決着は良しとする。)

つまり、引き分け(双方最善を尽くした場合の最高点でのメイト)を視野に入れ、そこに向かってカードプレイしながら相手に緩着(ミス)が出れば乗じて意図した方向へ持ち込む、のが基本路線です。
終始双方が最善手の応酬をするとどちらもメイトできないハンドであった場合も同様です。

★メイトする側かされる側かの見極め
お互いの詰めスジを確認します(これを読み違えるといっぺんに負けます)。

★詰めスジの見つけ方・作り方
メイトするには「相手が持っていないスート(ボイド)」の「相手が持っていないランク」を「リードする」必要があります。
この条件を(相手のミス無しで)満たすために必要なのは「ロングスート」「3枚以上の同ランクカード」「リード権」です。

★詰めスジの見極め
メイトする側は相手が詰めスジを完成させるまでは相手にリード権を譲り続けムーブを稼がなくてはなりません。
つまりメイトされる側が最短で詰めスジを作ったケースが理論上最高得点(失点)ということになります。
(最高得点(失点)より大きくメイトされる可能性がない範疇でなら、メイトされる側はどのようなカードプレイも可能です。)


★詰めスジと無関係なトップカードの権利
詰めスジと直接関係のないトップカードは所持者の(ムーブを伸ばす)権利と考えます。
この権利の行使は自分が詰めスジに入るまで保留します。
(相手がメイトする可能性が0になるまで無意味にムーブを伸ばしてはならない)


スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。