New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トゥーペン(Toepen) 

2013/03/27 00:45/Wed | トランプ | CM(0) | TB(0)
先日のトリックテイキングパーティー(TTP)で草場純さんから教わり、とても面白かったので忘れないようにルールまとめておこうと思います。

トゥーペン(Toepen)
★トリックテイキングにポーカーを足したようなゲームで、主にオランダで遊ばれているそれなりにメジャーなパブゲームだそうです。
スカートやスコポーネの様なシリアスな感覚ではなく、クリベッジを多人数で遊ぶ様なライトでいてギャンブルライクな(というかギャンブルとして遊ばれているのでしょうけど)タイプのゲームだと感じました。
ただ、遊び方やレギュレーションを工夫すればスキル差を競うゲームにもなり得ると思います。

ゲームの目的(勝利条件)
①プレーヤーの誰かが破産した時、最も多くのチップを持っている事
②自分以外全てのプレーヤーを破産させること

どちらかを予め決めておいて遊ぶ事になります。
当然②は長くなりますし、脱落した人は手持ち無沙汰になってしまいますので注意が必要です。

用意するもの
AKQJT987×4スートのデッキ1組
チップ1人10~50(1人何枚持ちでスタートするかでもゲーム性が少し変わると思われる)
ステークス表示チップ(やりとりするチップと色違いのものが7、8枚あればOK)
チップ置き場(プレーヤーが失ったチップを集める場所)

プレイ手順
①適当な方法でディーラーを決め、ディーラーはステークス表示チップを1枚自分の前に置き、各プレーヤーに4枚ずつカードを配る。残ったカードはディーラーが管理する(自分の前に置いておく)。
以降プレイは常に時計回りに進行する。

②ディーラーの左隣のプレーヤーから順にハンドを見て、ハンドを交換するか否か順番に宣言する。
交換の条件は4枚全てが数札(T987)であること(絵札が含まれない事)だが、嘘をついてもよい。
交換宣言をしたプレーヤーは、ハンドを裏向きに捨て札し(テーブル中央などにまとめる)、ディーラーから新たに4枚のカードをもらいハンドにする。
交換が行われたら、他のプレーヤーはその交換に対しブラフ(チャレンジ)宣言ができる。
ブラフ宣言が行われたら捨て札した4枚を全て公開し、全て数札であるかどうかを全員が確認できる。
もし、1枚でも絵札が含まれていたなら嘘をついて交換したプレーヤーはチップを1枚失う(チップ置き場に払う)。
もし、4枚のカードが全て数札だったらブラフ宣言をしたプレーヤーがチップを1枚失う。
(結果に関わらずハンドは交換されプレイは続行)
また山札にカードが4枚以上無い時は交換することができない。

③全員の交換(または交換しない)が済んだ時点で
◆Aを4枚持っている人は立ち上がらなければならない
◆Aを3枚持っている人は口笛を吹かなければならない
◆7を4枚持っている人は立ち上がってもよい(立ち上がらなくてもよい)
◆7を3枚持っている人は口笛を吹いてもよい(吹かなくてもよい)
◆それ以外のハンドを持つプレーヤーは口笛を吹いたり立ち上がったりしてはいけない
(上2つを忘れてしまったプレーヤーは、このディールの最後にステークス表示チップと同じ枚数だけチップ置き場に支払う)

④トリックテイキングゲームを行う。

カード(ランク)の強さは、A>K>Q>J>T>9>8>7
マストフォローでトランプはない。
オープニングリードはディーラーの左隣から。

最終トリックを取ったプレーヤーが勝者となり、ステークス表示チップと同じ枚数だけチップ置き場からチップを受け取る。

⑤ノックについて

トリックテイキングゲームが始まったら、プレーヤーは任意のタイミングでノック(ステークスチップを1枚増やす)を行うことができる(テーブルをトントンと軽くこづくなどのアクションで示す)。
ノックをしたプレーヤーは、まずステークス表示チップを受け取る。
そしてノックしたプレーヤーの左隣から、このディールにおいてプレイを続けるのか降りるのか選択する。
降りる場合は降り賃として、現在のステークス表示チップと同じ枚数をチップ置き場に支払い裏向きにハンドを捨てる。
全員に続けるか降りるかの確認を取り、もしノックしたプレーヤー以外全員が降りたらノックしたプレーヤーはステークス表示チップと同じ枚数のチップをチップ置き場から受け取り、次のディールを行う(ディーラーは左にずれる)。
残ったプレーヤーがいれば、ステークス表示チップを1枚増やし、その後のゲームを再開する。

◆ノックはリードプレイの前でも後でも自分の手番であってもなくてもいつでも好きな時に行うことができる。
◆誰かがノックしたら次のノックには必ず誰かのアクションを1つ以上挟む必要がある。
◆ノックしたプレーヤーはその後誰か別のプレーヤーがノックするまでさらなるノックはできない。
◆次のリードプレーヤーが降りてしまった場合、リード権は左隣のプレーヤーに移る。

4トリックを解決したらディーラーを左に移し、ステークス表示チップも1枚にしてディーラーの前に置く。
これを終了条件を満たすまで繰り返す。



と、ざっとこんな感じです。
後で修正やゲームのポイント等の追記いれるかも知れません。

スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。