New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイト研究 11ページ目 

2010/05/30 23:42/Sun | メイト研究 | CM(0) | TB(0)
前項に続いてフォアプレイシング(以下FP)について。
今回はP2からのFPについて考えていきます。
*P1がオープニングリーダーです。

P1のハンド
c13c12 s13s12 h10h13h12 d1d10d7

P2のハンド
c1c10c7 s1s10s7 h1h7 d13d12

そもそもFPとは、カードを秘密裏に除外する事でフォローできるはずのところでしなかったり、別のスートの動ランクカードでフォローしたり、相手の想定外の状況を作り出す事を目的としています。

カードの選択肢と枚数(実際には10ムーブ目には9ムーブ目に使ったカードを再使用するので枚数が減るわけではない)が少なくなるFPを以てメイトまでのムーブ数を伸ばすことはできません。
つまりメイトできる側(詰めスジを先に行使できることが確定している側)にとってFPとは非常に使い勝手の悪いものだと言えそうです。

単純に考えて、詰めスジに使用するの3枚、の3枚はFPには使えません。
のストッパーになっているAも使えません。
7を使うとムーブ数が1つ稼げなくなるので、使えなくはないですがFPのボーナスは実質相殺され、あまり意味のある手とは言えなさそうです。
となると、残るはKとQの2枚のみ。

この2枚は今まで全く活用されなかったカードなので、これらをどんな形であれ活かす事ができるのならそれはかなり優れた作戦だと言えそうです。

しかし、P1が正攻法で来る限り、このFPは効果をまるで発揮しません。
(もともと何にも活用できないカードなのだからこれは当然ですね)
それどころかP1がのトップカードを使ってきた場合(これは本来悪手ですがP1がのK・QのいずれかをFPしている場合、P1がこのリードをしてくる可能性があります)非常に困ったことが起きます。
*)P1のFPについては9ページに記載。

実際にカードを並べてみましょう。
(P1)*FP = P1Q P2
A - K(P1の狙いは9ページを参照の事)
10- 10(お互いに想定外な展開っぽいです)

最後の10では10もあり得ますが、スートの優劣を考えから使うことを考えます。
P2にリード権が移りましたが当初の詰めスジが消えています。
この時点での両者のハンド。

P1のハンド
c13 s13s12 h10h13h12 d7

P2のハンド
c1c10c7 s1s7 h1h7  

P1のQがFPなのはまだP2にはわかっていません。
対してP2のFPがQだったことはすでに明らかになっています。
この差はかなり大きい。
もしQがFPだとわかればP2からは10→Aと切ってメイトできます。
その前にのAで2ムーブ稼ぐ事もできるので、結局66点でメイトできるのですがそううまく行くとは限りません。
P1がのトップからリードしてきた事を考えるとFP=7という線はなさそうですが、それも実戦では断定できるほどの根拠ではありません。
ここから先はどうなるか予測がつきませんが、P2からしてみれば思わぬ泥仕合に持ち込まれたという感じであまり面白くはないでしょう。

やはり、メイトが確定している側からすれば「FPはボーナスを得る為のもの」としてしか考えられないので使いづらいのですね。
逆にメイトされる側からすれば一か八か紛れを作ってみようじゃないか、という気にもなります。

こう考えると逆にメイトできる側(しなければならない側)の方が多くプレッシャーを抱える事になるようです。
オープニングリーダーに詰めスジがある場合はFPも気楽ですけど、その場合第2ラウンドで全く同じ進行になっては引き分けになってしまいそうですね。

なんとなくメイトというゲームが見えてきた気がします。
ただ、実戦で重要なのはこうした事前の研究よりもやはり読みの深さと速さと正確さにつきます。
これは実戦で磨くより他ないものですね。
それでも読みの力が弱い私のようなプレーヤーがこうして事前に研究をしておく事は全くの無駄ではないと思います。
ここまでの研究ではほぼひとつのアンバランスなハンド例のみ挙げて展開してきましたが、私の経験上FPがより大きく働き、読みと推理力がもっとも試されるのはハンドがバランスしている状況での戦いだと感じています。

スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。