New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまには踏ん張る土俵際 

2014/02/22 00:14/Sat | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
今日も2面で打ってましたが、途中で用事が入り、キリのいいところで早めに切り上げ。
勉強した方が良いんだろうけどライヤーズダイスのヘッズアップアプリを見つけてしまったので、そっちにちょっと気を取られてます(^^;
週末は時間が取れればレンジについて勉強する予定。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 2 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.00 USD ) - VPIP: 17, PFR: 13, 3B: 0, AF: 4.0, Hands: 30
Seat 2: 農虎( $12.07 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 11697
Seat 3: Player3 ( $10.00 USD ) - VPIP: 16, PFR: 9, 3B: 0, AF: 0.8, Hands: 186
Seat 4: Player4 ( $23.99 USD ) - VPIP: 34, PFR: 19, 3B: 0, AF: 4.8, Hands: 73
Seat 5: Player5 ( $15.91 USD ) - VPIP: 18, PFR: 18, 3B: 11, AF: 2.5, Hands: 44
Seat 6: Player6 ( $7.53 USD ) - VPIP: 64, PFR: 23, 3B: 11, AF: 3.3, Hands: 44
Player3 posts small blind [$0.05 USD].
Player4 posts big blind [$0.10 USD].

P6を狙っているテーブル。
できれば隣に座りたいのだが、そういう席はなかなか空かない。
このテーブルでは、僕はかなりタイトに絞っていて、44ハンドでVPIP12%というの状態。
ある程度のリスペクトは得られているだろう。
そろそろ動きだしていく。

10NL6MAX 
農虎BU(120.7bb)
d1 c9

Player5 folds
Player6 folds
Player1 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player3 folds
Player4 calls [$0.20 USD]

スチールはできなかったが、IPでA9oならそれなりに戦えると判断した。

フロップ(pot:6.5bb)
h9 s13 s7
セカンドペア+トップキッカーになった。
このボードと相手なら、ハンドプロテクトとバリューベットの意味でC-betを撃っていくべきだと思う。

Player4 checks
農虎 bets [$0.50 USD]
Player4 calls [$0.50 USD]

それなりにはっきり撃ったがコールされた。
P4のC-betコール率は50%ある。
Kだろうか。ドローだろうか。
こっちにはポジションがあるし、負けているとしても5アウツのドローがある。
まだまだ勝負はこれから。


ターン(pot:16.5bb)
h9 s13 s7  s1
スペードのA!
これはグッドニュースだろうか。それとも・・・。
続けて撃つべきかどうか悩む。
4枚目のスペードは明らかなスケアなのだが、ここで撃ってもこっちが勝っている場合は降りられ、負けている場合のみコールされるような気がする。
それでも、4枚目のスペードを見ない為だけにでも撃つ価値があるのかな。
弱気すぎるだろうか?

Player4 checks
農虎 checks


リバー(pot:16.5bb)
h9 s13 s7 s1   d4
ラグっぽいカードが落ちて、P4からポットサイズのベットが飛んできた。
10NLでは、リバーのビッグベットは大体マジ手だが、今回はさすがに状況が状況だ。
一旦考えてみる必要があるだろう。

まず、P4はプリフロップ3betのデータがないので、フラッシュ以外にAKの可能性もあるが、セットやAKでこんなビッグベットをするだろうか。
こっちのハンドレンジにフラッシュが少ない事は確かだ。AもKも落ちているのだから。
だから、AK、セットでここでのベットはありだとは思う。
ただ、サイズがでかすぎるのがそれ以上に気になるところ。
降りてほしいと言わんばかりだ。

スタッツも気になる。
アグレッションが高く、ショウダウン率が低く(4/22・18%)、その上、ショウダウン勝率が0%。
さらにリバーのAggが90%となっていたが、この数字が何なのか不勉強にして知らない。
あとで調べなきゃ。

まとめると
①フラッシュの可能性はかなり低い(Qxs、Jxs、Txsなどの一部と、98sなどのスーコネぐらい)
②相手のアグレッションが高く、しかもなかなかショウダウンしないタイプ。
③自分の手がそれなりに強い。
④自分のここまでのアクションが、相手には弱々しく見えている可能性が高い。
⑤これはあてにならない要素だが、自分もあまりショウダウン率が高くない(相手がそれを見ているかは知らない)。

ポットベットのコールオッズは2to1(約33%)。
コールして後悔するハンドではないと自信を持てた。



Player4 bets [$1.60 USD]
農虎 calls [$1.60 USD]

Player4 shows [Tc, Jh ]
農虎 shows [9c, Ad ]
農虎 wins $4.63 USD from main pot



うーむ、良く考えたらイージーコールかなあ。
こんなんで悩むってやっぱり普段から降ろされすぎてるのだろか。
それに、ターンはやっぱり撃っておくべきだった。フラッシュは薄いよ、このボードでは。
ダブルベリーバスター相手にフリーカード与えていたとは・・・危ない。
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。