New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地獄コースに突入 

2014/02/23 03:13/Sun | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
リバーで2アウツ引かれた2分後のハンド。
自分では上手く打てたしまあいいや、で済んでいたと思っていたのですが、ハンド履歴見直してみると、またお得意のソフトティルトに入ってたのかもしれません。

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 6 is the button
Seat 1: Player1 ( $11.78 USD ) - VPIP: 25, PFR: 18, 3B: 10, AF: 0.8, Hands: 140
Seat 3: Player3 ( $9.42 USD ) - VPIP: 49, PFR: 13, 3B: 13, AF: 2.8, Hands: 91
Seat 4: Player4 ( $14.40 USD ) - VPIP: 33, PFR: 24, 3B: 25, AF: 8.0, Hands: 49
Seat 6: 農虎 ( $14.62 USD ) - VPIP: 21, PFR: 16, 3B: 5, AF: 2.5, Hands: 12646
Player1 posts small blind [$0.05 USD].
Player3 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎BU(146.2bb)
s5 s4
レギュラーのTAGがこういうハンドでアーリーから仕掛けてビッグポットを取るのをたまに見るが、ボタンから動くのなら相手を選んでやるべきだろう。
先ほどのP3がBBにいる状況でレイズで開いたのだが、間違いだったと思う。
スチールできる可能性がかなり低い上に、上スーテッドを持たれている可能性を否定できない広いコールレンジがP3にはあるからだ。
どういうつもりで参加したのか思い出せない。

Player4 folds
農虎 raises [$0.30 USD]
Player1 folds
Player3 calls [$0.20 USD]


フロップ(pot:6.5bb)
c7 d5 s1
ボトムペア+バックドア。
P3のコールレンジの広さを考えると、勝っている可能性はそれなりにある。
意外な事にC-betフォールド率が70%あった為、簡明に打ち進める為にも、しっかりベットすることにした。

Player3 checks
農虎 bets [$0.30 USD]
Player3 calls [$0.30 USD]


ターン(pot:12.5bb)
c7 d5 s1  s12
C-betにコールされると思っていなかったのでちょっと焦ったが、ターンカードはどちらかと言えば僕に味方してくれているように見える。
もしP3がAxなら、もうどれだけ撃っても降りてもらえないだろう。
フリーカードを貰う事にした。
 
Player3 checks
農虎 checks


リバー(pot:12.5bb)
c7 d5 s1 s12  s8
今度はこっちが引いた。死んでもらうゼ!

Player3 bets [$1.20 USD]
農虎 raises [$2.40 USD]
Player3 raises [$7.20 USD]
農虎 folds
Player3 wins $6.00 USD
Player3 wins $5.78 USD from main pot

気負いがあったのだろう。好みでないプレイをしてしまった。

まず、相手のベットが大きかった事に少し違和感を覚えた。
Axならこんなに撃つ必要がない(僕がフラッシュの時だけコールされる)。
そう考えると元々何も持っていなくて悲しいブラフをしているのだろう、と結論付けた。
コールを考えなかったわけではないが、数分前のポットを取り返したいという気持ちがなかったと言えば嘘になる。
勝っている気満々でミニマムレイズを返した。もしかしたらコールしてくれるかもしれない。
すると即座にほぼオールインの3betが飛んできた。なぜか4.2bbだけスタック残している。

突然窮地に追い込まれてしまった。
AsとQsがボードに落ち、BUからレイズで参加している僕のハンドにフラッシュを完成させるハンドはほとんどない、とP3が考えていても全くおかしくない。
それに、前の記事で書いた普通では考えられないTTでの罠プレーとポストフロップのオーバープレイなどを思い出しても、リブラフではないかと思えてくる。

だが・・・P3はそこまで考えてプレイしているだろうか。
今までの流れを考えると、P3はそこまで物を考えてゲームをしていない(だから狙われる)。
単にナッツを引いてオールインしているのではないか、という考えも、消すことができない。
ポットオッズも微妙なのである。
48.5bbのポットに対して上に60bbのコール要求だから0.8to1(55.5%)。
55.5%以上の勝率が果たしてあるかどうか・・・。

しかし、P3が上フラッシュだとしてそのハンドは一体何だというのだろう。
C-betフォールド率70%のプレーヤーが、コールしてくるハンドがあまり見当たらない。
リバーの8でストレートが完成した、或いはセットを手にしている可能性もある。
僕がフラッシュを持っているはずがないと考え、突っ込んできたのかも知れない。
そう考えれば、何も持っていなくてブラフしていると考えることも可能になってくる。



・・・わからない。
時間をぎりぎりまで使って考えたが結局コールできなかった。
ひとつ言えることはここで突っ込めないのなら、最初から54sで参加するのが良くないということである。
ターンでセミブラフを続けて撃ったらどうだっただろう?という事も含め、よく考えたい。


P.S. 
もう一度相手のレべリングから考え直してみたところ、AQが最も可能性の高いハンドではないかと思うようになりました。
ターンで2発目を撃つのは、フォールドエクイティがあってこそだと思うので、チェックで間違っていないと思っています。
ベット/フォールドで引けたはずのフリーカードを捨てるのは明らかにミスですし、相手が降りないと読んでいるのだから、その読みを信じてチェックでいいのではないかと。

問題はリバー。
コールして負ければ今日のここまでの収支のほぼ4分の3が吹っ飛ぶ事になるわけで。
こういう状況で逃げまくっていても長期的には勝てるのだから、フォールドするのがグラインドだ、と自分を納得させて降りたのですが、その考えだとこのレートから上には行けないかもね。
コールして負けてたら「何故降りられなかったのか」ってポストしてただろうし、もう忘れるしかないかな。
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。