New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロシア人にfishと言われるの巻 

2014/03/24 01:10/Mon | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
休日の昼間にプレーするとメンツが違って面白いですね。
平日の夜(ヨーロッパの昼間)よりルースプレーヤーが多い気がします。
そして、そういうプレーヤーに限ってチャットで罵詈雑言を浴びせてくるんですよね。
大抵飛ばされた時に喚いているので特に気になりませんが・・・

$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 4 is the button
Seat 1: Player1 ( $4.91 USD ) - VPIP: 49, PFR: 3, 3B: 4, AF: 2.7, Hands: 67
Seat 2: 農虎( $13.48 USD ) - VPIP: 23, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.3, Hands: 33621
Seat 3: Player3 ( $5.48 USD ) - VPIP: 21, PFR: 14, 3B: 5, AF: 1.0, Hands: 66
Seat 4: Player4 ( $11.47 USD ) - VPIP: 31, PFR: 29, 3B: 13, AF: 1.9, Hands: 51
Seat 5: Player5 ( $11.93 USD ) - VPIP: 17, PFR: 13, 3B: 3, AF: 3.0, Hands: 87
Seat 6: Player6 ( $12.71 USD ) - VPIP: 63, PFR: 33, 3B: 6, AF: 1.0, Hands: 30
Player5 posts small blind [$0.05 USD].
Player6 posts big blind [$0.10 USD].


10NL6MAX 
農虎HJ(134.8bb)
s1 h1
P1とP6が左にいて最高のテーブル(P5とP4が逆だったらもっと良かった)。
HJでAポケ様を手にする。
P1はUTGか高頻度でオープンリンプしており、その内4割くらいは僕がすぐに4bbにレイズしてアイソレートを図る、という流れになっている。
いい加減誰か僕のやっている事に気づいて3bet入れて来る頃ではないかと思っていた矢先だったので、このタイミングでのAAはいつも以上にありがたい。
案の定P1がリンプで開いたので、それまでと同じく4bbでレイズ。

Player1 calls [$0.10 USD]
農虎 raises [$0.40 USD]
Player3 calls [$0.40 USD]
Player4 folds
Player5 folds
Player6 calls [$0.30 USD]
Player1 calls [$0.30 USD]

3betではなくフラットコールでぞろぞろとついて来られてしまった。
みんなお行儀が宜しい。

フロップ(pot:16.5bb)
s9 h9 c7
一見良さそうなフロップだが4人もいると、やや不安になる。
当然C-betは撃つつもりでいたが、P1にドンクベットを喰らった。
P1のドンクはこれが初めてではなく、それどころか結構な頻度で撃っており、大抵ミドルペアやドローである。
(今回に関して言えば、たとえば7ヒット)
ここでミニマムレイズを入れて、後ろのプレーヤーの動きを見る事にした。

Player6 checks
Player1 bets [$0.60 USD]
農虎 raises [$1.20 USD]
Player3 folds
Player6 calls [$1.20 USD]
Player1 folds

P6にだけついて来られた。
ハンドレンジの広い相手なので9はあり得る。
JJやTTみたいな手でついて来ている事も考えられるが、ここまでの30ハンド程を見る限りでは、P6はルースに参加してフィットしなければフォールド(逆にフロップでトップペアを引けばキッカーが弱くても突っ込む)というムーヴを繰り返していたので、このコールには違和感を覚えた。


ターン(pot:46.5bb)
s9 h9 c7  h2
2hはラグでしょう。
この辺で、方針を決めなければならない。

①ターンで撃ってコールされたらリバーはチェック/フォールド
②ターンで撃ってコールされたらリバーはベット/フォールド
③ターンで撃ってコールされたらリバーはチェック/コール
④ターンでチェックして、リバーはチェック/コール

ターンで撃ってコールされたらリバーのポットは90bb程度になり、ほとんどコミットなので①②は無いかな。
相手のレンジを考えると③が良いような気がするが、ドンクにレイズしたオリジナルレイザーにマージナルなハンドでついて来るようなタイプではない、という情報を優先することにした。
T8、86にはフリーカードを与えてしまうが、今回は④でポットを小さく保つことに。

Player6 checks
農虎 checks

リバー(pot:46.5bb)
s9 h9 c7 h2  c1
ラッキーリバーだ。
P6からポットサイズのベットが入ったが、77だろうがA9だろうがもう怖くない。 
突っ込む事にした。

Player6 bets [$4.45 USD]
農虎 raises [$11.88 USD]
Player6 calls [$6.66 USD]
農虎 wins $0.77 USD
農虎 shows [As, Ah ]
Player6 shows [9c, 9d ]
Player6 wins $25.66 USD from main pot



相手のレンジの一番狭いところとぶつかってました。
さらに追い打ちをかけるかのようにP3のロシア人に一言fishって吐き捨てられました。てか、お前誰?
P6は77でもA9でも97でもリバーのショヴはコールしていたはずだし、98などのトリップスでも恐らくコールしてたと思うので、99以外には勝ってるんだから間違って無いと思うんですがね。
ターンのチェックをスロープレイだと思われたのかな?(まあ、どうでもいいですが)

取り返してやろうと思ってP6/UTG-レイズ、P1/HJ-コール、農虎/CO-3betっていう露骨なスクイージングのラインを連発したら、流石にやり過ぎたのか退室されてしまいました(><)127bb返せよぅ。

スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。