New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シチュエーションゲーム 

2014/03/25 02:35/Tue | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
単月のウィニングレートが4bb/100に乗って、手応えを感じています。
今日もひどいフィッシュプレーをしたし、これまでもどでかいミスを数多くやらかして来たので、まだまだ伸びしろはあると思うし、大きな下振れが来た時にティルトせず忍耐強くプレーできれば上のレートまで突っ走れるかも知れません。
読んでいる本もかなり面白いし、勉強とプレーとをバランス良く血肉にできればと思います。


$10.00 USD NL Texas Hold'em
Seat 3 is the button
Seat 1: Player1 ( $10.00 USD ) - VPIP: 23, PFR: 20, 3B: 11, AF: 3.5, Hands: 87
Seat 2: Player2 ( $12.10 USD ) - VPIP: 19, PFR: 14, 3B: 6, AF: 0.0, Hands: 42
Seat 3: Player3 ( $21.36 USD ) - VPIP: 40, PFR: 23, 3B: 0, AF: 1.0, Hands: 30
Seat 4: 農虎 ( $14.95 USD ) - VPIP: 23, PFR: 17, 3B: 7, AF: 3.3, Hands: 34249
Seat 5: Player5 ( $10.00 USD ) - VPIP: 17, PFR: 12, 3B: 5, AF: 0.0, Hands: 59
Seat 6: Player6 ( $3.36 USD ) - VPIP: 53, PFR: 27, 3B: 0, AF: 1.5, Hands: 15
農虎 posts small blind [$0.05 USD].
Player5 posts big blind [$0.10 USD].

10NL6MAX 
農虎SB(149.5bb)
c13 h10

P3とP6が狙い目のテーブル。
P6にはブラインドスチールがほとんど効かないので、強制的にタイトにプレーさせられている。
このテーブルに限っては僕のスタッツは19/14/3.8(とは言っても参加しているハンドの1/4以上はBU)。
P2はかなりタイトに見えるが、COからの参加率だけが44%と突出している(BUからのオープンは14%)。
BUからのスチールが多すぎるとレギュラーからはリスチール3betを連発されるので、それが嫌でBUの参加レンジを絞り、COからスチールしているではないかと考えた。
まだ40ハンド程度しか見ていないので何とも言えないが、P2自身は3betを頻繁に入れるタイプでもなく、3bet=QQ+、AKぐらいに考えているのかもしれない。

そろそろ仕掛けるか、と考えていたところ、P2がCOから3bbにオープンしてきた。
さらにBUのP3がフラットコール。
P3のコールレンジはかなり広い。

まとめると
★自分はかなりタイトにプレーしている。
★3betも60ハンド中1回しただけで、それなりのリスペクトは得られると考えている。
★P2のfoldvsResteal3betは100%(1/1だけど)。
★P3のfoldvsResteal3betはサンプルデータなし。ただしコールされても相手のレンジはかなり広い。

状況的にスクイーズをかける絶好の機会だと考えた。
ハンドが何であるかはもうほとんど関係ない。
(もちろんハンドがあった方が良いが残念ながら今回はゴミみたいなものなので)

Player6 folds
Player1 folds
Player2 raises [$0.30 USD]
Player3 calls [$0.30 USD]
農虎 raises [$1.45 USD]
Player5 folds
Player2 folds
Player3 calls [$1.20 USD]


フロップ(pot:34bb)
s8 c2 d9
ディープスタックのP3にコールされてしまった。そしてSPR4である。
情報があまりないプレーヤーではあるが、10NLには良くいるルースコーラーだという認識。
またフロートが多い。
ディープスタックになったのはレギュラーのAAをスーコネでサックアウトしたから、という情報は残っている。
QQ+をリプレゼントする為に大きく撃つことにした。

農虎 bets [$2.90 USD]
Player3 calls [$2.90 USD]


ターン(pot:92bb)
s8 c2 d9  d5
ラグっぽいのが落ちた。
相手のレンジはTT-JJ、99、88、22、A9s、A8s、98s、JTs、T9s程度かなぁ。
(フロート好き且つあまり上手くないプレーヤーの心理には、こちらのブラフを期待している部分があると少し思っている)

いくつかのドロー以外の全てに負けている。
ただ、98の2ペアならボードペアを恐れてフロップでレイズして来そうだし、セット以外の全ては根性コールに過ぎない。
エフェクティブスタック105.5bbではたから見れば僕はコミットしているように感じるだろう。
(今回は完全なブラフなので実際はコミットとか関係ない)

さて、どうすべきでしょうね。
実戦では迷うことなくスライドバーを右いっぱいまで引っ張った。



農虎 bets [$10.55 USD]
Player3 folds
農虎 wins $10.55 USD
農虎 wins $8.79 USD from main pot



92bbのポットに105.5bbを投資するので53.4%の成功率があれば良いのですが、今回は状況的に余裕だったと思います(ブラフは一回も見せてないし、ハンド自体ほとんどショウしておらず、そもそも参加率もかなりタイト)。
上記の理由からセット以外の全てを降ろせると判断しました。
つまりセット以外のハンドの比率が53.4%あればOK。
55は考えないとして、99(3)88(3)22(3)でセットが9通り、JJ(6)TT(6)が12通りなのでこれだけで57%あります。
何回もできないプレーですし、する必要もないのですが、利益になる状況が見えたらやるべきですよね。
このプレーの真のバリューは、次にモンスターハンドを持った時に同じようにターンでオールインする事で発揮されるのではないかと思います。
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。