New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピケット研究 その4 

2010/06/13 09:52/Sun | ピケット研究 | CM(2) | TB(0)
初期ハンドのロンゲストスートが5枚だった場合も考えてみます。
①5-5-2-0
②5-5-1-1
③5-4-3-0
④5-4-2-1
⑤5-3-3-1
⑥5-3-2-2
の6通りが考えられ、それぞれ最も短いスートが0~2枚です。
前回同様に考えると  
0枚のときオポーネントのこのスートの枚数(期待値)が4.8枚(十分やれる)
1枚のとき4.2枚(かなりやれる)
2枚のとき3.6枚(積極的に狙うべき)


エルダーの初期ハンドで5枚以上のスートがあればその他のカード内訳がどうであれ、そのスートを残してポイント役を伸ばしにいくのが良い選択になりそうです。
高確率で勝つことができ、シークエンスの副産物がついてくる、ということも十分にあり得ます。
6枚以上の場合ももちろんそのスートを大事にすべきなのは言うまでもありません。

またはじめに「後回しにする」と書いた3-3-3-3のハンドは何が難しいかと言いますと、5枚タロンと交換する際、3-3-1-0と残して5枚引いてくる場合だとロンゲストが2スートになり、このどちらがきても良いということになるので計算がややこしいのです。
いずれにせよオポ-ネントの初期ハンドまで3-3-3-3になる確率は低く、4枚以上のスートが出てくるハンドを考える方が自然です。
そうするとやはりポイント役の争いは不利であると言わざるを得ません。
3-3-3-3の場合は単純にランクの高いカードを残すか、セット役狙いになるのが無理のない戦い方だと感じます。
スポンサーサイト


Comments
そうなんですよ。Meggie Piquet弱いんです。農虎さんに遊んでもらうまで、かなり長いこと起動しませんでしたが、最近またちょっと遊んでいます。(でも弱いことには変わりはない)
さっきこんな手が来ました。
http://henimarupe.blog63.fc2.com/blog-entry-169.html
by. へにまるぺ | 2010.06.14 (02:20) | URL | EDIT
トリックテイキングがかなりひどいですよね~。
こっちがKJ、向こうがAQと同スートで持っている時に、こっちのJリードをAで取ったりとか。
こういうのでカードポイントが取れちゃったりするので、ちょっと真剣な勝負はできませんね。
ただ、それでもなかなか楽しめます。
待った機能みたいなのを使って検証したりできるのも良いと思います。
by. 農虎(ノートラ)  | 2010.06.14 (22:28) | URL | EDIT

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。