New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピケット研究 その5 

2010/06/14 09:18/Mon | ピケット研究 | CM(0) | TB(0)
■2 カードチェンジ(エルダー)について考えます。

エルダーの交換できるカード枚数は1~5枚。最低1枚は交換する義務があります。
まずポイント手役について考えてみます。
前回までに確認してある初期ハンドのロンゲスト枚数を考えます。

まず4枚の場合。
カードチェンジフェーズで4枚全て残してこのスートを伸ばそうと試みた場合、
残り4枚が見えていない20枚の中にあり、5枚入手することになるので、期待値は
4/20×5 =1.0枚
となり、4+1.0=5枚は期待できる、ということになります。

一方、最も短いスートは0~2枚(前項に説明があります)でこれがオポーネントのロンゲストスートになる可能性が最も高いと言えます。
オポーネントがこのスートを伸ばすカードチェンジをしてくると仮定して、期待値を算出すると

こちらの最も短いスートが0枚の場合、4.8枚
残り3.2枚/20枚×3枚(ヤンガーの交換枚数) = 0.48枚 計5.28枚(やや不利である)
1枚の場合、4.2枚
残り2.8枚/20×3枚 = 0.42枚 計4.62枚(多少有利である)

2枚の場合、3.6枚
残り2.4枚/20×3枚 = 0.36枚 計3.96枚(かなり有利である) 

と考えられます。
たとえば4-4-4-0というハンドが配られたなら、自分のハンドの偏りよりもオポーネントハンドの偏りの方が大きいと判断すべき局面と言えるわけです。

ではロンゲストが5枚の場合はどうでしょうか。
残り3枚が見えていない20枚の中にあり5枚交換できるので
3/20×5 = 0.75枚 計5.75枚が期待できます。

同じように最も少ないスートは0~2枚が考えられます(前項参照)。
0枚の場合 オポーネントロンゲストスート期待値はカードチェンジ後 計5.28枚(十分やれる)
1枚の場合 計4.62枚(しっかり狙うべき)
2枚の場合 計3.96枚(まず勝てる)

こんな感じでしょうか。
ちなみに初期ハンドに6枚のスートがあった場合はチェンジ後の期待値6.5枚
7枚のスートがあればカードチェンジ後の期待値7.25枚
となります。


スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。