New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイト研究 2ページ目 

2010/05/30 23:37/Sun | メイト研究 | CM(0) | TB(0)
今度は、P1からは直接的な詰めスジがないのに対しP2からは詰めスジがあるケースについて考えてみました。
この様なケースです。

P1のハンド
c13c12 s13s12 h10h13h12 d1d10d7

P2のハンド
c1c10c7 s1s10s7 h1h7 d13d12
 
メイトするためには相手のスートをボイドさせる必要があるので、まずロングスートを確認します。
P1のロングスート =  
P2のロングスート =  

メイトするためには相手が持っていないランクをリードする必要があるので、相手より多く持っているランクを確認します。
P1が多く持っているランク = K、Q
P2が多く持っているランク = A、7

P1からの狙いスジはになりますが、にはKもQもないのでここから動き出しても始まりません。からのスジを読んでいくことになります。
するとのトップカード(A)はP2が持っているので最低1回はリード権を譲らなければメイトできない事がわかります。

一方、P2からのリードを考えてみます。
はいずれも上から順に使っていけば相手をボイドにできます。
両スート共に7が残りますので、いずれか片方を出します。
P1は自動的に7でフォローする事になり、これでP1の7が切れます。
メイトの前にAで1ムーブ稼いで、残した7()でメイト。

7ムーブ×7=49点のスコアを得ます。

P1は詰めスジが無い以上、まずはこの進行を阻止することを考えなければならないのですがそれが不可能である事はすぐにわかります。
次にP1は最も少ない点数でメイトさせる事を考えます。
最も少ない点数は上記の49点にリード権を譲る際の1ムーブを足した56点のように思えますが、必ずしもそうとは限らないのがこのゲームの難しいところ。
ここからゲームの肝の部分に突入します。
研究はここからがスタートとも言えそうです。

ところで、このケースではロングスートも3枚以上のランクもお互い2つずつ持っているのに、P2の方にだけ強力な詰めスジがあります。
これはなぜか。
2つの理由が挙げられると思います。
ひとつは多く持っているランクがトップカードである優位性。
もうひとつはロングスートが強いスートである優位性。
同ランク同士で強さを競った際はの順に強い、と決まっているのが大きいのです。

しかし、自分のハンドが強いか弱いかはこのゲームにおいては特に意味をなしません。
詰めスジを持つプレーヤーはいかにムーブを伸ばすか、詰めスジのないプレーヤーはいかにムーブを短くするか。
メイトではその勝負をしているのです。

スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。