New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中村道碩 対 安井算哲(先) 「秀忠御前の一局」 

2010/08/09 23:06/Mon | 棋譜並べ | CM(0) | TB(0)
依田流古碁名局集の第2集を買いました。
「並べるだけで強くなる」とのことですが、実益はあまり追い求めず棋譜並べ自体を趣味として楽しもうと思っています。

道碩6局、道策10局、丈和4局、秀和2局、その他4局が収録されています。
頭から順番にのんびりと並べて行こうと思います。

第1局は 中村道碩 対 安井算哲(先)  寛永三年(1626年)九月十七日
二条城で打たれた二代将軍徳川秀忠御前の御城碁です。
272手の総譜を作成したらなぜか開けなかったので60手程度で区切って見ようと思います。
【棋譜再生】 (1~60手)

【棋譜再生】 (62~120手)

【棋譜再生】 (121~180手)

【棋譜再生】 (181~272手完)

左下の黒地の中で白が手にできれば、という一局だったようです。
依田九段曰く「序盤の打ち方には違和感がありますが、石が競ってくると、現代の棋士と全く力が変わりません」

2~3回並べた程度ではワケがわかりませんので、何度も繰り返し並べて楽しもうと思います^^
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。