New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スロープレイ 

2011/05/26 01:47/Thu | ポストモーテム(感想戦) | CM(0) | TB(0)
ここ数日は久しぶりにオンラインホールデムをプレイしていました。

前回のログインははるか遠い昔。
嵐のようなノーリミットフリーリングで静かにトンでおり、チップ残量はわずか400。
ここからどこまで伸ばせるかのチャレンジロードに旅立ちました。

初日  400→2000 (1/2)
2日目 2000→1920(5/10)
3日目 1920→5060(5/10)
4日目 5060→15300(5/10)

順調にチップを増やし、少しフリーリングの立ち回りが判ってきた気がします。
今日は100/200テーブルに12000でバイイン、25000~15000の間を行ったり来たり。
2時間程プレイしたところでフロップでフルハウスができるという超幸運な出来事に恵まれスロープレイからチップを31000ほどに伸ばしました。

その後30分ほどでチップを約2000減らし、僕のSB。
ハンドが
h1  h2

2人がリンプで後は全員フォールドです。
ポジションもないですが、安くフロップが見られそうだったので僕もコール。
スタックは僕が29000程、BBが6000程、次が25000程、次が18000程だったと思います。

予定としては
◆BBがレイズしたらフォールド。
◆フロップにAが落ちたらベット。リレイズされたら即降り。
◆フロップに2枚ならベット。
◆フロップで1枚以下ならチェック。誰かがベットしたらオッズを考える(基本フォールド)。
こんな感じに考えていました。

BBがコールしてフロップがこちら。
s1  d1  d12
(ポット800)

あまり予想していなかった展開。
全員コールで入ってきているので誰が何を持っているのか全くわかりません。困った。
しかもポジションがない。
ベットを考えましたが小さくレイズされた時に降りづらくなり、泥仕合に持ち込まれるのが嫌だったのと
もし誰かが最後のAを持っているなら、フラッシュ待ちのプレーヤーにフリードローを引かせるのは嫌だろうからベットして来るだろう、という考えからチェックで回す事にしました。

すると後ろ3人もチェック・チェック・チェック・・・

フロップ
s1  d1  d12

ターン
c9
(ポット800)

どうも僕がベストハンドのようです。
フラッシュドローとストレートドローが少しありますが、折角なのでポットを膨らませたいなと思い80をベット。
一応9を持ってるフリなのですが、伝わるでしょうか?(ダメかな??)

BBがフォールド、次がコール、その次がフォールドしました。
コールしたのは先ほど僕がフルハウスのスロープレイで打撃を与えたイタリアーノ。

フロップ
s1  d1  d12

ターン
c9

リバー
s6
(ポット560)

ストレートもフラッシュもなくなりましたが、もうポットは増えそうにない気がしてきました。
イタリアンーノが僕のハンドを9xだと思ってくれているとしても、彼がQxか9ハイあたりを持っていない限りは降りられてしまいそうです。
このテーブルではポケットペアを持っているプレーヤーはほぼレイズから入ってきており(スティール狙いではなく単に自分が勝った時のポットを大きくする為に)、イタリアーノが66というのも考えにくい。
逆にイタリアーノがQQで僕が負けている可能性もまず無いと思いました。

チェックしてブラフを誘うこともちょっと考えましたがそれも無理そう。
フリーリングではブラフに絶対負けたくないという理由からか、命を脅かされるサイズでない限りはひたすらコールする人も結構いるので最終的には200ほどベットしてみる事にしました。

すると、イタリアーノが400リレイズ。
(ポット1400)

予想外の展開でしたが、こっちがブラフと思われているのかなくらいの軽い気持ちでリリレイズ1200したところ、ここでイタリアーノはすかさず約25000をオールイン。

いったい何が起きているの??

一から考え直す時間もなく、「イタリアーノはQx、Q6、96のいずれかで、こちらを9xかフラッシュドローのセミブラフと確信してのオールイン」と自分を納得させコール。

イタリアーノのハンドはと言いますと
c1  s8

あじゃぱ!
最初に一番気をつけてたヤツじゃん!

「どうも僕がベストハンドのようです。もうポットは増えそうにない気がしてきました」
この恥ずかしいセリフは2011年の殿堂入りとなりそうです。

せめてリバーが8より大きければスプリットだったのになあ・・・。

とにかく僕はこれで3900ほどにまで沈み、2度と浮き上がることなく素寒貧へ逆戻りするのでした。
ん~、難しい。

スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。