New Entries

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイト研究 5ページ目 

2010/05/30 23:39/Sun | メイト研究 | CM(0) | TB(0)
前回までは「詰めスジを最短で作る」を念頭にカードプレイしましたが、それ以外に相手の得点を抑える方法はないか検証してみます。
理論上は存在しないはず、と私は考えていますが果たしてどうでしょうか。
それに、実際のゲームは理論上存在するかどうか、とか、理論上引き分けになる、などといった最善手の応酬とは別のところで動いていますので、検証する価値は大いにあります。

(P1がオープニングリーダー)
例によってフォアプレイシングは考えないものとします。

P1のハンド
c13c12 s13s12 h10h13h12 d1d10d7

P2のハンド
c1c10c7 s1s10s7 h1h7 d13d12

ひとつ考えたくなるのは「相手の詰めスジのムーブ数を短くする」方針です。

P1から唯一の7、7を放ってみてはどうでしょうか。
P2からの詰めスジは
A - 
10- 
A - 
10- 
7 - 
A - 10
7(メイト)

の7ムーブですが、P1が先に7を使っておくと7と7の交換がなくなり6ムーブになるのです。

しかし、結局P2はP1からの詰めスジができるまではわざとリード権を譲り続けるので
(P1)
7 - 
(P2)
7 - 
(P1)
10- A(ここでP1からの詰めスジも完成)
(P2)詰めスジの行使
A - 
10- 
A - 
10- 
7(メイト)

Aの権利を使っているので詰めスジには5ムーブしかありませんが、結果は56点で変わらず。
スポンサーサイト


Comments

Add Comment















Trackback
この記事へのトラックバックURL
≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
プロフィール

農虎

Author:農虎
ようこそ
ここへ
遊ぼうよ
パラダイス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Copyright © 農虎くん日記 All Rights Reserved.
Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。